【アンチノール開始から一ヶ月、血液検査の結果はどうなった?】

動物病院のクロ 2019/6/30

2ヶ月ぶりのクロの血液検査。

前回は4月でした。

【血液検査でBUNが大きく上昇。悪化は食い止められるのか?】
血液検査と肛門嚢(のう)破裂の経過チェックで病院へ。お尻の傷はすっかりきれいに塞がりました。低下傾向だった体重はギリギリ維持でしたが、尿素窒素(BUN)が大幅に悪化。クレアチニンはわずかながら改善していました。BUNはしばらく安定していたのでノーマークでしたが、今後の変化には注意していこうと思います。

そして先月からは、いよいよアンチノール(脂肪酸サプリ)を飲ませはじめました。

【3匹でお試し・猫用アンチノール~病院からの腎臓向けおすすめサプリ】
ようやくの猫用アンチノールレポです。前回のクロの検査がイマイチで、病院から勧められたのがこのアンチノールというサプリ。うちのかかりつけはめったにサプリメントを勧めたりしないのですが、こちらは以前から病院の猫ちゃんワンちゃんで好感触だったのだそうです。

アンチノールをスタートしてそろそろ一ヶ月なので、

検査結果になにか変化があるのかどうか、気になるところです。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

検査結果

クロの血液検査結果 2019/6/30

2019年6月30日(日) (慢性腎不全の診断から4年と11ヶ月目)

体重 4.02kg
総タンパク(TP) 7.4(基準値:5.7~7.8)
アルブミン(ALB)3.4(基準値:2.3~3.5)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST [GOT])-(基準値:18~51)
アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT [GPT])-(基準値:22~84)
アルカリフォスファターゼ(ALP)184(基準値:38~165)
総コレステロール(TCho) 320(基準値:89~176)
トリグリセライド〔中性脂肪〕(TG)38(基準値:17~104)
尿素窒素(BUN) 39.2↓ (基準値:17.6~32.8)
クレアチニン(Cre) 2.08↑ (基準値:0.8~1.8)
ナトリウム(Na)152 (基準値:147~156)
クロール(Cl) 117 (基準値:107~120)
カリウム(K) 4.2(基準値:3.4~4.6)
カルシウム(Ca) 11.5(基準値:8.8~11.9)
リン(Pi) 4.4(基準値:2.6~6.0)
グルコース〔血糖値〕(GLU〔BG〕) -(基準値:71~148)
白血球(WBC) 53↓(基準値:55~195)
赤血球(RBC) 830(基準値:500~1000)
ヘモグロビン (Hb) 13.7(基準値:8.0~15.0)
ヘマトクリット値 (Ht〔PCV〕) 40.4(基準値:26~46)

ギリギリ維持していた体重は、ここ数週間で低下傾向が顕著になっています。

尿素窒素(BUN)は悪化せずなんとか維持~やや改善。

クレアチニンは維持の範囲内。

腎不全発覚からのおもな数値の推移

20196/304/212/24
体重4.024.14.1
BUN39.243.834.0
Cre2.082.012.2
Ca11.511.511.8
Pi4.44.85.5
201812/2810/307/274/81/14
体重4.154.44.24.424.45
BUN35.833.736.837.537.8
Cre2.32.82.52.72.7
Ca11.612.311.912.711.2
Pi4.53.63.24.24.0
201710/38/205/263/26
体重4.354.44.44.4
BUN37.647.236.636.9
Cre2.92.72.82.2
Ca11.710.211.210.6
Pi4.53.63.83.5
201612/2510/309/187/155/154/32/21
体重4.54.54.44.44.14.24.4
BUN37.236.537.132.631.231.026.6
Cre2.72.63.12.02.62.82.6
Ca9.6
Pi3.54.53.92.44.44.33.4
201512/2711/19/208/96/144/51/25
体重4.74.64.64.64.34.44.6
BUN32.933.335.547.337.736.336.7
Cre2.72.72.92.92.92.42.2
Ca10.6
Pi3.23.82.93.14.54.6
201412/1410/198/237/207/18
体重4.54.14.14.0
BUN40.939.733.131.886.5
Cre2.73.12.93.36.6
Ca10.510.4
Pi3.74.13.34.9

これまでの最良 | これまでの最悪  

検査結果を見て

体重

体重はダメですね~。

自力で食べる量があきらかにへってきているので、もどすのがむずかしいです。

数日前の朝には、ついに4.0kgをきって3.98kgという数字がでてしまいました。

まあ、計測後にウェットの強制給餌をしたら4.02kgになってたので、

ほんとに微妙なかげんなのだとはおもいますが。

とにかく減少傾向は否定できないので、いかに下降線をゆるやかにできるかが

今後の課題になっていきそうです。

総タンパクとアルブミン

脱水や栄養状態をみる項目ですが、昨年10月いらい未検査だったので追加。

おおきな変化はありませんでした。

肝臓

今回肝臓関連の項目はパスするつもりでしたが、他項目とのかねあいがあり、

先生の判断でALPだけ追加されました。

前回の検査では異常なしでしたが、今回のALPはちょっと高め。

このていどならまだあまり心配はいらないそうです。

ただ胆汁や副腎(甲状腺だったかな?)あたりの異常の可能性もゼロではないので、

今後もたまにチェックが必要かもしれません。

腎臓

BUN、Cre、リンはそこそこ維持~わずかな改善。

どれもほぼ現状維持の範囲だそうです。

心配だったリンの上昇傾向はおさまり、BUNの悪化も小康状態。

油断はできませんが、ちょっとひといきつけた感じです。

血圧

自宅血圧測定はいまだ再開できず。

いそがしかったのと、体重の変化に一喜一憂していて余裕がありませんでした。

すこし時間ができそうなので、せめて週1の測定を目標に。

参考 自宅で使えるペット用血圧計

【ペット用血圧計エルデを3匹で使ってみた~猫の血圧測定は難しい?詳細レビュー】
先月届いたペット用血圧計のエルデ。しばらく時間をかけてじっくり使ってみました。基本的な使い方は人間用と同じ。ただ猫の血圧は人間と違ってとても不安定かつ不正確になりやすいそうです。動物病院でなるべくきちんと測れるコツを教えてもらってきたので、以下で詳しく解説します。

肛門嚢(のう)

前回の検査のとき、肛門のうをしぼってもらってからすでに2ヶ月。

さいきんなんとなくおしりまわりを気にするそぶりがあったので

今回も検査のついでにしぼってもらいました。

量は今回もあずき大

前回は一ヶ月でおなじ量だったので、たまり具合はおそめかな?

まだ破裂が心配される量ではありませんでしたが、

分泌物の状態はやはり濃いめ、ぽってりとしたクリーム状です。

ほっとくと確実につまるタイプなので、定期的な処置は必要でしょう。

クロのばあいはなるべく検査のたびにしぼってもらう予定。

見た感じ、たくさんたまる前にしぼってもらえば猫もあまりいたくないみたいです。

逆に破裂するくらいまでためてしまうと、しぼるときかなりの苦痛をともなうので

おたがいのためにも、たまりやすい子には早めの処置をこころがけたいですね。

※わかくて健康な子は分泌物もサラサラの液状なのでしぼる必要はありません。

参考 肛門のうのケアについて

【再発した肛門嚢炎には定期的なケアが必要かも】
今回は先月再発したクロの肛門嚢炎(こうもんのうえん)のケアについてです。先日の血液検査の際、お尻の治り具合もチェックしてもらいました。傷口はすっかり塞がって綺麗になっていましたが、たった一ヶ月でまた分泌物が溜まっていたそうです。でもこの前一旦全て絞ってもらったはず…。何かたまっているというのはやはりおかしいわけですよね。

参考:さいきんの薬、フード、サプリメント

薬、点滴

  • ラプロス(腎不全薬):1日2回・1錠ずつ
  • 降圧剤(フォルテコール):1日1回・1/2錠
  • 食欲増進剤(レメロン):2日に1回・1/2錠
  • 皮下輸液:1日おきに100ml
  • ネフガード:1日1~2回・1錠ずつ

さいきんはまたいちだんと食欲の低下がいちじるしく、

ほおっておくと一日数粒のカリカリだけで満足しそうないきおいです。

苦渋の決断でレメロンの量をこれまでの倍にしました

2~3日に1回・1/4錠だったのを、2日に1回・1/2錠にしています。

本来は1回・1/2錠が処方量なのですが、クロにはかなり効きすぎだったので

反応をみながらちょっとずつ増減してきたいきさつがあります。

とはいえ、規定量までふやしても効果は2日ともたなくなっているので

毎日1/2錠までふえたあとは、どうしたらいいのかという手づまり感が…。

ネフガードは1日1回がやっとの状態から、1日2回なんとかいけるようになりました。

でもできれば1日3回までふやしたい…!

ネフと薬の間隔を2時間以上とろうとするとうっかり薬を飲ませそびれるので、

起きてすぐネフ⇒出かけるまえに薬⇒帰宅したらネフ⇒夕食のあと薬⇒寝るまえにネフ

なんとかこのペースを習慣化して(私の)体におぼえさせ、

ネフガードを1日3回までにもっていきたいものです。

【新薬ラプロスを猫に半月ためしてみた感想とメモ】
先日薬をフォルテコールからラプロスへ変更しました。実際にラプロスを使ってみたのでそのレビューと、薬の詳細について。飲ませ方や価格、期待される作用と効果などについてもまとめました。今後ラプロスを検討されているのであればぜひご一読下さい。

【今飲んでいる食欲増進剤レメロンとの付き合い方+薬のデータなどまとめ】
現在、食欲増進剤としてレメロンを処方されています。ところが最近効果が薄れてきたので、この機会に改めてしっかりとこの薬についてまとめてみました。猫が嫌がらない飲ませ方や実際の副作用、副作用が出にくかった量についても検証しています。レメロンで副作用が出てしまったときにはぜひご一読ください。

【ネフガード粒&顆粒・特徴と使用レポ(腎不全の犬猫用活性炭製剤)】
活性炭製剤は、腎不全と言われたら一度は試しておきたいものの一つ。今回はその代表的な製品であるネフガードの粒と顆粒、2タイプについて使用レビューと詳細をご紹介します。我が家の4猫に飲ませたときの反応と体調の変化についても一覧表にしました。

療法食など

ここしばらくのクロの定番ドライフードはこの5つ。

   

メディファスは、11歳用を食べなくなっても15歳用や7歳用にさしかえれば食べてます。

メディファスシリーズが現在のほぼメインフードで、たのみの綱状態。

できれば腎臓用の療法食をもっと食べてほしいんだけどなーーーー。

【Medyfas(メディファス)高齢猫用ドライフードリスト(カロリー順)・2018年リニューアル後製品】
メディファスのドライフードは我が家の定番の一つなのですが、2018年秋に(またまた)リニューアル。新メディファス購入時の参考用に成分リストを作ってみました。メディファスの猫用ドライフード全15種類の中から、7歳以上で使えるフードを10種類ピックアップ。比較用として旧製品の成分リストも掲載しています。

ドクターズケアは以前購入した在庫がまだあったので、ためしにだしたら食べました。

お、これはまたいけるか!?とネットで追加購入しようとしたのですが……

あれー?!ドクターズケアってネット販売終了なんですか!?

しばらくあげてなかったのでチェックしてなかったのですが、困りましたね。

そういえば以前みかけたブログで、ネット販売終了と見た気もするようなしないような…… orz

病院経由でなら購入できるようなので、必要になったら病院でたのみます。

【3匹で試食・ドクターズケア キドニーケア フィッシュ】
猫の臓疾患用ドライフードとしては高カロリーな「ドクターズケア」フィッシュ味。その食べ具合を我が家の3猫で確認してみました。そのほか詳細な成分や特徴、入手先、他のフードとの比較などもご紹介しています。

ベッツプランは気がむいたときにつっつくていど。

【4匹で試食・ベッツプラン エイジングケアプラス ステージ2プラス(簡単レポ)】
ベッツプランシリーズの中ではこれが一番高カロリー。たんぱく質(重量百分比26.0%以上)もわりと控えめです。なのでうちでは、クロやフクちゃんが食欲落ち気味のときのお助けフードに良く使ってます。療法食を食べてくれない猫さんにはオススメかもしれませんね。

あとは、「ハッピーキャット ベストエイジ10+」もたまにローテーションにくわえてます。

【4匹で試食・HAPPY CAT(ハッピーキャット) ベストエイジ10+】
ラプロスで食欲が増したかと思われたクロですがどうやら違ったみたいです。クロの食欲回復をめざして新しいものを開けてみました。腎臓用でよくお世話になっているハッピーキャットの、シニア向けフードです。

ウェットはスペシフィックFKW を1日2回、25gずつ強制給餌中。

尿素窒素(BUN)対策

BUNを意識してつづけているサプリメント類。(老廃物の低減や便秘解消目的)

  

おう吐が以前よりへったので、すこしシャンピニオンエキスを増量しています。

クレアチニン(Cre)対策

Creを意識してつづけているサプリメント類。(腎臓の炎症抑制や血流改善目的)

アンチノール猫用  

おう吐が以前よりへったのでAHCCを少量再開し、ビタミンBもすこし増量しています。

NOW ウルトラオメガ3」はアンチノールと成分がかぶるのでおやすみ中。

【3匹でお試し・猫用アンチノール~病院からの腎臓向けおすすめサプリ】
ようやくの猫用アンチノールレポです。前回のクロの検査がイマイチで、病院から勧められたのがこのアンチノールというサプリ。うちのかかりつけはめったにサプリメントを勧めたりしないのですが、こちらは以前から病院の猫ちゃんワンちゃんで好感触だったのだそうです。

そのほか

今年にはいってからリン吸着剤をしばらくおやすみしていましたが、

リンの数値がきもちあがってきたのでレンジアレンを少量再開しています。

今後の対策

BUN対策

おやすみしていたサプリ類を少量ずつ再開中。

ネフガードは1日3回投与を目標に。

Cre対策

こちらサプリ類を少量ずつ再開中。

NOWのウルトラオメガ3をアンチノールに変更してみた印象ですが、

正直、「いまのところあんまりおおきな変化はないかな~」という感じでした。

ただ、変更してのいちばんのメリットは飲ませる量でなやまなくてすむこと。

そしてカプセルごとあげられるのでムダがないこと。

人間用やほかのオメガ3脂肪酸サプリだと、もっとカプセルがおおきいので

猫にあげるには穴をあけて中身をしぼりだす必要があるのですよね。

そうするとついあげすぎてしまったり、しぼりきれなくてムダがでてしまったり。

現時点では、コスト面をかんがえるとあえてアンチノールにしなくても、

品質がしっかりしている代替品ならかまわないかなという気もしました。

まあ、もうしばらくアンチノールは継続する予定なので、

またなにか気づいたことがあればかいていこうとおもいます。

参考までに、アンチノールの類似品はこちら。

モエギキャップ
入手先 楽天 | Amazon | Yahoo!

おしらせ:今後のブログの運営について

3月にGoogle検索エンジンのおおはばな方針転換があり、当ブログも検索経由のアクセスがおおきくおちこみました。

Googleのあらたな方針としては、公的なサイトや権威あるサイトを上位表示し、個人ブログ、個人サイトは極力順位をおとす、ということのようです。

そのため「できるだけたくさん、腎不全でなやむ猫の飼い主さんに見てもらいたい」と思ってつくった記事のほとんどが、検索結果にでてこなくなってしまいました。

見てほしい人に見てほしい記事がとどかない(そしておそらく、このままでは今後もとどかないまま)という現状は、ブログを更新するモチベーションが極端にさがってしまいます。

さらに、本業などにとられる時間がすこしずつふえていることもあり、いまのペースでの記事作成がきつくなってきたこともあります。

そんなわけでこの機会に、ブログ運営の方法をすこしみなおそうとかんがえました。

具体的にはこのような感じ。

  • 新規記事の更新ペースをすこしおとす(週2⇒週1+α)
  • 記事の分割・統合やリンク切れ修正などメンテナンスをすすめ、記事をみつけやすくする
  • サーバー移転やデザイン(ブログテーマ)変更による表示スピードの改善
  • ブログとそのほかのメディアの連携を強化し、すこしでもおおくの人にみてもらえるようにする
  • Twitter以外のSNSもいろいろ利用してみる(インスタグラムなど)
  • 作りかけで放置になっている別ブログもメンテナンス・更新をすすめる(流動食ブログなど)

とりあえず7月から当面のあいだは、新規記事の更新は金曜日に。

週末など、それ以外の日はブログメンテナンスにあてていく予定。

しばらくはとつぜんブログの見ためがかわったり、広告の位置がおかしくなったりするかもしれませんが、ぬるく見守っていただければありがたいです。 ^^;

基本更新は金曜となりますが、なにかかきたいことがでれば不定期で追加更新するとおもいます。

おまけ:今年もAmazonでプライムデー(7/15・16)

プライムデーとはAmazonのプライム会員限定のセールのことです。

ふだんあんまりAmazonをつかわないのであれば、あえてプライム会員になるメリットはすくないかもしれませんが……

もしたびたびAmazonでお買いものすることがあれば、この機会におためしで会員になってみてもソンはないと思います。

(すくなくとも自分はもっとはやくプライム会員になっておくべきだったとおもう。)

参考 プライム会員の登録はこちらから⇒ Amazonプライム30日間無料お試し

プライムデーにAmazonのクレカやアプリなど併用するとポイントが最大10.5倍。

ついたポイントはお買いものにつかえるので超オトク。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ