【2021年もありがとうございました~今年をふりかえる】

【広告】活性炭おやつ 「ネコジーン」
この記事は約6分で読めます。
ブログ内を検索
しめ縄リース 2021/12/30

玄関のしめ縄リース(上下これで合ってるの…?)

 

あわただしい空気ただよう年末、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わが家はいまだ大掃除はまったく手付かず。(今日すこしやります)

いつものように、猫がそこここを走り回ってるありさまです。

 

今回は今年一年の猫たちをふりかえり、新年にむけてのご挨拶と代えさせていただきます。

 

 

Sponsored Link

今年のわが家

クロ 2021/12/30

2021年12月30日のクロ

 

おととし後半から昨年のわが家は、チョビの脳腫瘍闘病と看取り

そしてクロの甲状腺機能亢進症の発症…とジェットコースターのような日々でした。

それに比べれば今年は比較的おだやかにすごせた一年といえるかもしれません。

 

そんな中でもこんなことがありました。

 

クロの絶叫騒ぎと甲状腺調整の難航

【真夜中に原因不明の絶叫と興奮~クロになにが起こったのか?】
数日前、クロにちょっとした異変が起こりました。(それ以降は症状もなく落ち着いています。)今後体調が急変することもありうるので、念のためブログにも詳細を記録しておきます。その翌日はかかりつけ病院に薬をもらいに行ったため、先生にも色々相談してきました。

 

結局絶叫騒動の原因はわかりませんでしたが、検査で血圧も高くなっていることが判明。

(しばらく自宅での血圧測定をサボっていたツケがこんな形で…)

急激な血圧上昇でショック状態になった可能性もあるということでした。

 

【甲状腺の数値はふたたび乱高下~クロの血液検査+尿検査】
前回甲状腺が上がっていたのでお薬をほんの少し増やし、今回は主にその経過をみてもらったのですが…なんと今度は逆に下がり過ぎてしまいました。一緒に尿検査もしたので、そちらの結果もご報告。それにしても甲状腺って、一度症状が出るとこんなにずーっと悩まされるものなんですねぇ……

 

絶叫騒動からメルカゾール(甲状腺薬)も調整となりましたが、そちらがかなり難航。

クロはメルカゾールのすこしの増減にも敏感に反応してしまい、試行錯誤の末に最初の量にもどして安定し、今にいたります。

 

クロの食欲低下と強制給餌

【食欲が戻らず、薬を戻して強制給餌をスタート】
甲状腺のメルカゾールを増やしてからというもの、クロの体調が不安定です。今現在どんな状況かというと……ほとんど自力で食べないので1日4回の強制給餌。トイレの失敗は増え、ひたすら眠ってます。夜鳴きや興奮は減りました。

 

メルカゾールの調整と時をおなじくして食欲もどんどん低下。

せめて体重減少だけはさけたいと、毎日の強制給餌でなんとか体重を保っていました。

 

【なんとか食欲復活?~最近のクロのごはん事情】
クロはこの数か月でずいぶん薬がふえましたが、体調は多少落ち着いたように見えます。今回は、食欲低下からここまででお世話になったフードを感想も含めてまとめてみました。猫の好みはかなり個体差があるので、ほかの猫さんの参考にはならないかもしれませんが……。

 

その間、食欲低下原因やどの薬が効くかを、先生と二人三脚で地道に探りました。

 

【このひと月の食欲不振への対応+クロの血液検査】
腎臓と甲状腺のコントロールに加え、先月からは食欲不振。対応に右往左往のひと月でした。食べない原因がわからず薬も目まぐるしく変わります。自分でもだんだん混乱してきたので、またこの辺で一旦流れをまとめたいと思います。

 

最終的には、クロの胃腸に「なにか」があって炎症をひきおこしているらしいと判明。

(リンパ腫などさまざまな可能性があるそうです。)

まずはステロイドで炎症をおさえ、さらにレメロンを使うことで食欲は戻りました。

 

「なにか」の原因を調べるにはクロの負担が大きいため、そちらは断念。

当面は、対症療法によって少しでも長く現状維持をしていく、という方針になっています。

 

コロナでk/d缶などが入手困難になり、代替フードへ

【2匹で試食・ピュリナ ベテリナリーダイエット(NF腎臓ケア中期)ウェット※獣医師専用・猫用療法食】
先日たまたまネットで、以前試したピュリナの療法食シリーズからウェットが出ていることを知りました。(以前はドライしかなかった。)病院で取り寄せ可能か聞くとたまたま在庫があったので即購入。今回はその試食レポとなります。結論からいうと、嗜好性が高くかなり好評なフードでした!

 

今年はコロナの影響でk/d缶やFKWなどが品薄になり、入手が大変でした。

さらに悪質な転売も横行し、楽天などでさえ通常の10倍以上の価格がついたりしましたね。

病院に詳細を聞きにいった際、ピュリナの療法食なら購入できることがわかって使用開始。

こちらはうちの2匹にはかなり好評なので、現在もメインウェットのひとつになっています。

 

最近の流れとして、療法食はふたたび病院経由の販売がメインになりそうな雰囲気。

ネットで気軽に変えるのは便利ですが、今回のようなことがあると心配です。

療法食に関しては、やはりそういう方式のほうが安心かもしれません。

 

余談ですが、AIM活性化成分配合のフードが春に発売予定と知って期待しています!

 

シロの肝臓に不安要素

【肝臓の数値が異常に上昇~シロの血液検査】
金銭的な理由でシロの通院を渋る父を説得し、4カ月ぶりの血液検査へ。結果からいえば肝臓に数値の異常が見つかってしまいました。せめて前回(夏)の通院時に今回並みの検査をしておくべきだったと反省。この年齢と体調であれば、最低でも年1回は一通りの検査が必要ですね。

 

こちらはまだ理由がはっきりしないので、結論は来年に持ち越しですね。

どうか重篤な病気などがかくれていませんように……

 

年末の猫たち

点滴待機中のクロ

点滴待機中のクロ

 

クロはあいかわらず、こたつとフローリングをいったりきたり。

基本的には体調も安定しているので、のんびりまったり過ごしてます。

ただ今日はちょっとだけ胃液を吐いたため、お休み予定だったステロイドも追加投与。

その後はおちついているし、このままなんとか維持してほしい。

 

シロは最近の寒さで父のふとんから出なくなってしまい、父もあきらめて半分敷きっぱなし。

現在最大の課題は、年明けに待つ1泊預かり(家族旅行で)を、敏感なシロに察知されないようすごすこと。

極力いつもどおりの生活をキープして、不信感をもたれないようにがんばります。

 

年末の人たち

こたつテーブルを気に入ったクロ

「これ気に入った」

 

居間には猫も大好きな床暖房を設置しているのですが、電気代がすごくて近年休止中。

そのかわりということで、古くなっていたテーブルをこたつ内臓タイプに買い換えました。

 

母は痛めたひざがなかなか良くならず、以前のように出歩くことが難しいようす。

歩かないともっと動かなくなるため私と父で「歩きに行け」とせっつくのですが、だめみたいで。

いまはリモコン片手に好きなTVドラマ(99.9とか)の録画と編集・保存にあけくれてます。

健康おたくでサプリや食事はうるさいくせに、運動には無頓着なんだよなぁ……

 

父はあいかわらず元気なんですが、休日が続くと朝からお酒を飲むので、肝臓その他が心配です。

(あとはとくに書くことないわ…)

 

私のほうは、来年やるはずだったちょっと大きい仕事が飛んでしまい、いっきに予定が空きました。

こまかい展示はコンスタントにぽつぽつあるためヒマというほどではないですが、すこしだけ気持ちに余裕ができたかもしれません。

とはいえ旅行から戻った翌日の1月4日には大学病院。

5日が仕事始め、6日はお腹のエコー検査とわりと忙しい年初です。

 

さいごに

クロも(たぶんシロも)18歳をこえ、老いが目立つようになりました。

今年一年を最後まで、みんな一緒に過ごせるかがとても不安でしたが、無事乗り切れて感謝でいっぱいです。

先のことはあまり思い悩まず、すこしでも後悔しないよう、今一緒にいる幸せをかみしめて過ごしたいものですね。

 

とりあえず来年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング

コメント