【食欲が戻らず、薬を戻して強制給餌をスタート】

【広告】活性炭おやつ 「ネコジーン」
この記事は約7分で読めます。
ブログ内を検索

 

クロ 2021/6/26

なんとなく元気がなかった 2021/6/26

 

ここのところクロの体調が不安定です。

ブログも病状報告ばかりが続いていてすみません。

 

先日の子猫の里親探してんまつについても書きたかったのですが、あきらめました…

(もしクロが落ち着いたら改めてまとめるかも。)

クロの体調メモがわりに、こちらの記録を優先させてます。

 

 

現状

とりあえず今現在、どんな状況かというと……

 

ほとんど自力で食べない

食べる量が極端にへりました。

クロ 2021/6/27

口にするのはほんの少しだけ 2021/6/27

 

一日にジャンク系のフードを3~5g食べればまだいいほうです。

 

1日4回の強制給餌

体重がどんどんへり、一時は4kgを切りました

先生に電話で相談し、強制給餌をスタート。

おかげでなんとか4kgまで戻せ、どうにかキープしています。

 

トイレの失敗

薬の増減や変更が続いたためか、すこしウンチがゆるくなりました

結果、部屋の床にウンチが落ちていてびっくりすることもしばしば。

 

夜鳴きなどがへる

夜中にハイテンションになることが少なくなりました。

突然のおたけびも最近は出ていません。

このへんの症状は甲状腺からきているのかと思ってましたが、ペリアクチン(食欲増進剤)由来だった可能性が濃厚です。(強制給餌にともない休薬中)

 

眠っている時間が長い

年齢とともに部屋でまったりしていることが増えましたが、梅雨というのもありひたすら眠ってます。

(猫は湿度が高いと眠くなるとか)

 

これまでの経過

 

最初の異変

きっかけは絶叫さわぎ。

なにか大きな病気が隠れてないかと心配になり、病院に相談。

【真夜中に原因不明の絶叫と興奮~クロになにが起こったのか?】
数日前、クロにちょっとした異変が起こりました。(それ以降は症状もなく落ち着いています。)今後体調が急変することもありうるので、念のためブログにも詳細を記録しておきます。その翌日はかかりつけ病院に薬をもらいに行ったため、先生にも色々相談してきました。

 

原因究明めざす

原因を探るためにひとつずつ調べていくことになりました。

まずは一番可能性が高そうな甲状腺の数値を再検査。

【コロナで甲状腺検査が外注になる~クロの血液検査】
先月のクロの絶叫騒動の原因を探るべく、かかりつけ病院へ検査に行ってきました。ところがもろもろあって甲状腺の検査結果が出ていないため、原因究明もまだ進んでいません。多分今週中には結果がわかるので、詳細は後日改めて。今回はわかっている範囲のみのご報告です。

 

甲状腺由来の可能性

血液検査で、甲状腺の数値がふたたび上がっていることがわかりました。

異常行動(絶叫)は甲状腺が原因ではないかということになり、メルカゾール(甲状腺の薬)を少し増量

同時に血圧が高くなってきていることもわかったため、血圧の薬(アムロジピン)も飲みはじめました。

【クロの甲状腺がまた悪化していた】
クロの甲状腺検査の結果がでました。2月に調べたときよりもかなり上がっていました。薬をちょうど良い量に調整しても4か月も持たないんだなーと少々がっくり。確定はできませんが、先日の夜中の絶叫騒動は甲状腺由来ではないかということで落ち着きそうです。

 

食欲が落ちる

メルカゾールを増やした直後から、なぜかガクンと食欲が低下。

食べる量がほぼ半分になり、体重もじりじり落ちていきます。

メルカゾールの効き具合を調べた検査で、今度は甲状腺が下がり過ぎていることが判明。

薬の量をわずかに減らして様子をみました。

【甲状腺の数値はふたたび乱高下~クロの血液検査+尿検査】
前回甲状腺が上がっていたのでお薬をほんの少し増やし、今回は主にその経過をみてもらったのですが…なんと今度は逆に下がり過ぎてしまいました。一緒に尿検査もしたので、そちらの結果もご報告。それにしても甲状腺って、一度症状が出るとこんなにずーっと悩まされるものなんですねぇ……

 

この1週間の状況

 

食欲が戻らない

食欲低下がさらに進み、1日に食べるフードの量が3~5gというほぼ絶食状態へ。

心配になり、これまで朝1/3錠+夜1/4錠だったペリアクチン朝1/2錠+夜1/3錠に増量してみました。

ところが興奮や夜鳴きが激しくなるだけで、食欲はいっこうに戻りません。

ものは試しにと、以前使っていて1回分だけ残っていた別の食欲増進剤(レメロン)を飲ませてみたものの、こちらも玉砕。

ペリアクチン同様に興奮やおたけびが出るだけで、食欲はないままです。

 

 

先生と相談

八方ふさがりになり、ふたたび先生に相談。

とにかく食欲を戻すのが先決ということで、いったんメルカゾールの量をもとに戻しました

この時点ではまだペリアクチンも飲ませていたため、薬の内容は食欲低下前とほぼ同じ。

(血圧のアムロジピンだけ増えてます)

それでも食欲が戻らなければ強制給餌を開始という指示だったため、スペシフィックのFKWを1日4回にわけて食べさせ始めました。

 

 

 

強制給餌を数日おこなってもあまり食欲は改善しませんでした。

クロの薬がなくなったので、もらいにいきがてら改めて相談。

犬用食欲増進剤(2種類)の使用を提案され、まずは論文もあるという「ガバペン(ガバペンチン)」を飲ませてみることに。

参考 ガバペンチンつなしま動物病院

 

犬用食欲増進剤(ガバペン)を試す

ガバペンは本来てんかんのお薬。

食欲亢進作用もあるため、そちら目的で使うことがあるそうです。

クロに出されたガバペン

クロに出されたガバペン

 

今回は耐性がつかないよう2日に1粒で、6日(3回)分をもらってきました。

さっそく飲ませてみたのですが………

 

食欲戻りません(泣)←イマココ

このまま強制給餌は継続です。

ガバペンが効かなければ「グレリン」を使うという話だったので、つぎに病院へいったときはそちらが出されるかもしれません。

 

今のようす

クロ 2021/7/1

よく薄目をあけて寝てます(起きてるのかも) 2021/7/1

 

とくにどこかが痛そうとか辛そうとかということはなく、ただひたすらに眠そうです。

自力でごはんを食べないこと以外はいたってふつう。

ちょっとトイレの失敗が増えてきた気はしますが、年齢を考えれば仕方ないかと。

 

強制給餌はけして楽しいわけではないでしょうから、だんだん態度がよそよそしくなってきたのも、仕方ない……ですよね…。

 

今後

ガバペンがダメっぽいので、グレリンを試すことになるのでしょうか?

なんとかそちらには効果が出てほしいところ。

 

強制給餌に関しては、そろそろFKWの在庫がなくなりそうです。

クロの場合、ウェットの強制給餌ではFKWが一番抵抗が少ないので、できればこのままFKWを続けたいのですが……

さっきネットで見たら、今度はFKWが在庫切れ状態になってました!(号泣)

これって人気銘柄から順に品薄になっていってたんでしょうか。

 

とりあえずアニモンダやフォルツァ10のウェットは復活してきてるので、FKWが切れたらそちらでしのごうと思います……。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング

コメント

  1. はじめまして。いつも拝見しています。
    食欲増進剤効かなくなると大変ですね(汗)
    うちではmirataz使用していて(耳に塗るタイプ)一年使用していたら最近耐性がついて一週間おきから1日おきに使用する感じになりました(涙)
    一度エルラって輸入の食欲増進剤使ったらすごく食べましたが1日しか効果なかったのでどうしようか検討中です。
    あと朝晩ロイヤルカナンのリキッドにキドナを混ぜて強制的に与えてます(高カロリー)
    クロちゃんの体重維持のお役に立てれば・・・
    クロちゃんがんばれ!

  2. むぎ より:

    うちも食欲対策はお耳にMirtaz軟膏です。
    クロちゃんはレメロンで玉砕しちゃったってことは、同成分は効かないのかもしれませんが…。投与経路が違うと効くとかないんでしょうかね?ダメ元で獣医さんに聞いてみられては?(既に検討済みだったらごめんなさい)

  3. M より:

    ◆まにゃうすさん
    ロイカナリキッドやキドナが使えたら、うちももうちょっとカロリー増強できるんですが……
    クロはどうもそのへんのものにアレルギーあるみたいで、残念ながら使えないのです。

    ◆むぎさん
    投与経路……どうでしょうね~?
    今度雑談っぽく先生に聞いてみたいです。
    現在レメロン再開中なんですが、食欲は出ないものの多少活発さが戻った感じはあります。(でも目的それじゃない)