「 ウェット 」一覧

【3匹で試食・デビフリカバリーサポート(犬猫用高栄養療法食)】

【3匹で試食・デビフリカバリーサポート(犬猫用高栄養療法食)】

リカバリーサポートは昨年のフクの闘病中に購入した物です。これを使う前に食道チューブに移行してしまったので結局最後まで出番がありませんでした。そろそろ消費期限が迫っていましたので、フクへの供養の意味もこめてリカバリーサポートの試食レポをお届けします。今回は療法食ジャンルとしては珍しく、わが家の猫達にも好評という結果になりました。

【猫の食欲増進剤 レメロンとの付き合い方・その後】

【猫の食欲増進剤 レメロンとの付き合い方・その後】

食欲増進剤「レメロン」との付き合いもすでに3年。飲み始めから現在までの猫の体調の変化をこちらに記録しておきます。急に食べなくなったのが2016年の夏。病院の提案により開始したレメロンを、特に疑うことなく処方された量(1/4錠3.75mg相当量)投与。すると30分くらいでだんだんクロが興奮状態になっていきました。レメロンの副作用です。

【3匹で試食・jpスタイル キドニーキープ ウェット(腎臓用療法食)】

【3匹で試食・jpスタイル キドニーキープ ウェット(腎臓用療法食)】

昨年秋頃、jpスタイルの療法食シリーズから腎臓用のウェットタイプが出ました。主原料はまぐろで、穀物としては米を使用しています。試してみたいことをかかり付けの病院で相談したところ、サンプルがもらえたので3匹で試食してもらい、今回はそのご報告です。

【2018年2月猫費~引き続きフクのフードジプシー中】

【2018年2月猫費~引き続きフクのフードジプシー中】

今回は公開が遅れている2018年2月分の猫費になります。既にフクはいないのに、まだ元気だった頃のものをまとめるのは少々しんどいですね。2月はシロの検査でしたが大きな変化なし。フクは口内炎がだんだん悪化し始め、ステロイドで抑え切れなくなっていました。口腔環境改善のために新しい乳酸菌サプリメントを購入したものの、抵抗されてフクには使えず。そのままクロ用になりました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280