【2020年10月の猫医療費:足の不調で休日診療へ(その後治りました)】

【広告】活性炭おやつ 「ネコジーン」
この記事は約3分で読めます。
ブログ内を検索

 

クロ 2020/10/29

「なんだか足イタイ…」 ちょうど足を引きずってた時期のクロ

 

今回は10月分の猫医療費まとめです。

 

これまで金銭的な理由で、体調の良い時期はできるだけ、各猫の通院が同じ月にならないよう調整してました。

それがクロの甲状腺発覚以降、検査で重なりまくり…。

タイミングの関係で10月も両者ほぼ同時の検査です。

今後少しずつずらしていけたらいいんですけどね~ ^ ^;

 

 

2020年10月分猫医療費

※現在クロは転院先で治療中。シロのみ元のかかりつけ病院へ通院継続中です。

 

内容的にはクロとシロの血液検査。

さらにクロの跛行で休日診療を受けました。

 

2020/10 猫医療費

 

再診料 : 1,650円
時間外受付料 : 2,200円
血液検査(院内) :11,440円
甲状腺ホルモン検査(院内) :6,160円
フォルテコール(降圧剤):5,775円
ラプロス(腎臓):23,430円
抗ホルモン剤(メルカゾール):1,650円
食欲増進剤(ペリアクチン):2,640円
輸液関係:9,460円
目薬:1,100円
———————–—–—–—–—–——–—
合計 : 65,505円

 

それぞれの内訳はこちら。
クロ :35,915
シロ :29,590円

 

10月の病院通いをふりかえる

クロ

10月下旬で、甲状腺薬(抗ホルモン剤)の確定から約一ヶ月が経過。

体調に変化がないかのチェックへ行きました。

【甲状腺コントロールは順調、でも体重は減少~クロの血液検査】
順番が前後しますが、クロに足の不調が出る直前、血液検査に行っていました。甲状腺薬の確定一ヶ月後に、経過をみるため一度検査したいと言われたためです。今回はその記録となりますが、特に大きな問題はありませんでした。甲状腺コントロールも順調です。

 

その直後に突然異変がおこり、後ろ足がびっこを引くようになりました。

原因によっては歩けなくなることもあると聞き、休院日に無理をいって旧かかりつけへ。

結果、おそらく深刻なものではないという診断で、ホッとして帰宅しました。

【クロの後ろ足に突然の不調~原因不明の跛行を発症】
クロが突然、跛行を発症しました。後ろ足がびっこを引く状態です。現在まだ原因不明なのですが、とりあえず緊急性はないと病院で言われてすこしだけ安心しました。今回はその発症時の様子と、途中経過を記録しておきます。

 

その後10日くらいでほぼ完治したので、軽く捻挫でもしてたのかもしれませんね。

 

シロ

前回腎臓がヤバめだった検査結果ですが…… ^ ^;;

今回はなかなかいい線いってました。

【シロの血液検査~腎臓の数値が劇的に改善!(でも心当たりなし…)】
今回はシロの検査です。電解質のオーバーがちょっと気になるものの…腎臓系はなかなかいい線いってるのでは?前回の検査から今回までで特に変えたことはないので、理由はちょっとわかりません。でも先生もびっくりしてました。

 

BUNはまだ高いものの前回より下がってるし。

Creにいたっては腎臓病発覚後の最良値、基準値内をたたきだしてます。

ひとまずシロは小康状態といえましょう。

おかげでひと息つけそうな感じです。

 

おわりに

チョビが亡くなって以降、猫たちの治療費やごはん代などは私がほぼひとりで負担してきました。

ですがこのご時世ですし、クロの検査代もかさみ、私もさすがにしんどくなってます。

 

で、母に相談した結果……

 

クロの治療やサプリメント等は、これまでどおり私が全決定・全負担。

(私の子なので。)

 

そのかわり、(父の子の)シロの治療費やごはん代については、父と母の負担へ。

今後のシロの治療内容や金銭負担については、二人で相談しながら決めてもらうことになりました。

 

悩んだ末の結論でしたが、おかげで肩の荷がすこしおりた気がします。

もちろん、私も引き続き可能な範囲でフォローはしていきますよ。

シロを見捨てたわけではないので!ご安心くださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング

 

コメント