「 ドライ療法食レポ 」一覧

【3匹で試食・プロフェッショナル・バランス 腎臓の健康維持(猫用)】

【3匹で試食・プロフェッショナル・バランス 腎臓の健康維持(猫用)】

結論からいえば反応は上々でした!プロフェッショナル・バランスは粒が小さめなので大粒が苦手なシニア猫さんにお勧め。うちの3匹中3匹が反応したので嗜好性もかなり高いフードのようです。食欲が落ちてきた猫さんに試すにはちょうど良いかもしれません。

【3匹で試食・猫用k/d 腎臓ケア早期アシストドライチキン】

【3匹で試食・猫用k/d 腎臓ケア早期アシストドライチキン】

かかりつけ病院から猫用k/d(腎臓疾患用療法食)早期アシストのドライフードのサンプル(20g入り)をもらえたので、早速猫達に試食してもらいました。参考までに、k/dチキンとk/d早期アシストチキン(ともにドライ)の成分と原料も比較していますた。腎臓用療法食としては結構高カロリーですし、食べてくれれば食欲のない猫さんにお役立ちかもしれませんね。

【3匹で試食・ロイヤルカナン肝臓サポートドライ~腎不全でも食べられました】

【3匹で試食・ロイヤルカナン肝臓サポートドライ~腎不全でも食べられました】

シロだけでなくクロまでお気に入りになってしまった、肝臓用療法食「ロイヤルカナン肝臓サポート」のレビューです。シロのメインフードを肝サポに切り替えて早4ヶ月。検査では肝臓がかなり改善していました。今の所シロにもクロにも腎臓に悪影響は出ておらず、ふたりには割と合っているみたいですね。

【3匹で試食・Vet Solution(ベッツ・ソリューション)腎臓サポート~イタリア製 グレインフリー ケアフード】

【3匹で試食・Vet Solution(ベッツ・ソリューション)腎臓サポート~イタリア製 グレインフリー ケアフード】

イタリア製のグレインフリー療法食(ケアフード)Vet Solution(ベッツソリューション)は、合成酸化防止剤不使用。腎疾患用の主成分は鶏肉で、小粒ですし嗜好性も高そうです。腎臓用以外にも肝臓やストルバイトなど7タイプあるので、症状に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。猫用以外に犬用もあります。

【3匹で試食・サイエンスダイエットプロ 健康ガード腎臓・心臓 7歳~(ドライ)】

【3匹で試食・サイエンスダイエットプロ 健康ガード腎臓・心臓 7歳~(ドライ)】

サイエンスダイエットプロの腎臓・心臓用(ケアフード)をわが家の3匹に試食してもらいました。食べなければ返金してくれる(満足保証)というのは安心ですね。腎臓用のフードの中でカロリーは真ん中へんくらい。お口に合うようであればローテーションに加えてみるのも良いかと思います。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280