チョビ

使用レポ:薬

【チョビの脳腫瘍に出された薬、プレドニゾロン(ステロイド)についてのおさらい】

一時はお別れも近いかと覚悟したチョビの脳腫瘍。処方されたステロイドは、今のところ劇的といっても良いほどの効き目をみせています。いつまで効果が維持できるかわかりませんがチョビはとても元気です。現在チョビが飲んでいるステロイドについても、このへんで一度おさらいしておこうと思います。
0
使用レポ:フード

【ガンにも使える療法食?~ロイヤルカナンの下部尿路用4種を比較】

今回は脳腫瘍になったチョビのフード探し。先日かかりつけの動物病院で、ガン闘病に向いたフードがあるかを相談してきました。アドバイスされたのは「炭水化物は控えめ」「たんぱく質は積極的に」。指示された銘柄はなぜか全て、ロイヤルカナンの下部尿路疾患用療法食でした。
0
チョビ

【チョビの病名確定~脳幹部の腫瘍で緩和治療へ】

精密検査のMRIではチョビの脳幹に白い物が写り、FIP、リンパ腫、脳腫瘍の3つの可能性が浮上。髄液検査で病名が絞り込めるということで、その最終結果を聞きに病院へ行ってきました。今回はチョビの検査結果と今後についてまとめています。
2020.01.12 5
Sponsored Link
チョビ

【2020年・新年のご挨拶とチョビの経過報告】

あけましておめでとうございます。今回の更新ではチョビの検査結果の詳細を書く予定だったのですが、一部の結果がまだ出ておらず病名も確定していないため、そちらは確定後に改めてご報告しようと思います。今回は、検査後のチョビの体調の変化具合についてまとめてみました。
0
チョビ

【精密検査でチョビの現状判明~病名確定は次回通院時】

フクが亡くなって以降、残された猫達はそれなりに穏やかな日々を送っていました。ところが秋頃からチョビに異変が出始め……その体には想像以上に深刻な病が隠れていました。備忘録も兼ね、チョビに異変が出る直前から今までの流れをざっとまとめます。
2020.01.04 2
チョビ

【再びチョビに異変~原因不明の瞳孔開きっぱなし】

チョビの瞳孔が片方だけ収縮しなくなってしまいました(黒目が開きっ放し)。診察を受けたところ、とりあえず急を要する症状ではなさそうだったので少しだけ安堵。とは言えまだ治っておらず原因も未確定です。症状発覚から現時点までの経過を、こちらに記録しておきます。
0