【3匹で試食・新FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ】

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ

もうすでにけっこう前になりますが、

フォルツァ10が旧製品からリニューアルしていました。

ものはためしと購入したものの、当時ほかのフードをよく食べてくれていたので

そのままほったらかし状態に……。

でもそろそろ期限がきてしまうので、早めに3匹で試食してもらいましょう。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ

FORZA10 リナールアクティブは、イタリア製の、腎臓病の猫用療法食です。

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ

原料・成分

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ 原料

原材料

[ 通常粒 ]
米、加水分解された魚蛋白、加水分解されたポテト、魚粉(アンチョビ)、海藻(アスコフィルム結節)、コーン油(ミックストコフェロールで保存)、魚油(ミックストコフェロールで保存)、ミネラル (リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、銅アミノ酸キレート、硫酸銅、マンガン酸化物、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム、乾燥酵母(BIOMOS)、FOS、塩化コリン、タウリン、ビタミン(E・PP・A・B12・B1・パントテン酸・B2・B6・ビオチン・D3・葉酸)、DL-メチオニン、ユッカシジゲラ、ローズマリーエキス

[ AFS ]
加水分解された魚蛋白、加水分解されたポテト、ミネラル類、ハギ、クランベリー、タンポポ、ローズマリーエキス

引用 アクティブラインリナールアクティブFORZA10)※以下同

成分

[成分値]
粗タンパク質:26.00%、粗脂肪:18.50%、粗灰分:6.80%、粗繊維:2.00%、水分:8.00%、

[ミネラル]
カルシウム:1.40%、リン:0.80%、カリウム:0.63%、ナトリウム:0.24%、マグネシウム:0.06%

[ビタミン]
A:21000UI/kg、D3:1200UI/kg、E:120mg/kg
B1:8mg/kg、B2:5mg/kg、B6:5mg/kg、B12:0.02mg/kg
ビオチン:0.10mg/kg、PP:100mg/kg、パントテン酸:7mg/kg
葉酸:1.1mg/kg、塩化コリン:2300mg/Kg

[その他]
DLメチオニン:600mg/kg、タウリン:1000mg/kg、Omega3:0.90%、Omega6:3.50%
ハギ:588mg/kg、クランベリー:371mg/kg、タンポポ:231mg/kg

■代謝エネルギー:384Kcal/100g

原産国

イタリア

特徴

いちばんのおおきな特徴は、ちらほら入っているAFSタブレット。

このあとの中身の写真にも写っている、ハート型の黒っぽい粒です。

3つの有効成分によるAFSタブレット

FORZA10

フィトケミカル成分(植物栄養素)は腎機能・泌尿器機能の健康維持の為、器官の浄化と利尿作用・膀胱粘膜保護に働きかけます。

FORZA10
ハギ:泌尿器のリラックス、浄化

FORZA10
クランベリー:むくみ解消、尿路消毒・感染症改善、歯周病を予防、美肌効果

FORZA10
タンポポ(根):むくみ解消、食欲増進、便秘を解消、抗酸化、利尿作用

※引用部の画像は公式サイトからお借りしました。

また、旧製品とくらべるといくらか成分が変更されているようです。

特にリンが多めになっており、一瞬「???」となったのですが、

そのへんの説明もありました。

リンとタンパク質の含有量を調整、加水分解された高品質なタンパク原料を使用し、腎臓の作業量とストレスを減らし、負担を軽減します。
(リン0.8% タンパク26.0%)

(腎障害を持つ成猫にとってリン値は大変重要ですが、生理機能(おしっこする)を維持するためにも、リンの必要数値も確保しなければなりません。近年、数々の文献や研究結果が発表されており、Forza10としては成猫にとって必要なぎりぎりの数値を0.8%と考え変更致しました。)

ナトリウムの含有量を減らし、カリウムとナトリウムの比率を調整
(ナトリウム0.24%)

妊娠中・授乳中はお勧めしません。

近年の研究では、腎疾患の猫の適正なリン量が以前とは変わってきているようですね。

リンがふえると(猫にとっての)おいしさも増すようなので、

食欲おち気味な猫さんにとってはありがたいことかもしれません。

★本品使用時は他の食事摂取を控え、本品のみを給餌してください。他の食べ物と混ぜると効果が薄くなりますのでご注意ください。

★米国飼料検査官協会(AAFCO)の定める栄養ガイドラインに沿って製造しています。本品と水だけで健康に生活できます。

アクティブシリーズは全てタンパク原料の制限やタンパク*加水分解処理を行い、フードに起因する食物アレルギーや様々な健康問題に悩むペットの健康維持の為に開発されています。

*加水分解とは…
通常、摂食したたんぱく質は 体内の消化器官でそれぞれの臓器ごとの消化酵素によって消化され(細かくなっていく)、アミノ酸になって体内に吸収されます。

タンパク>ペプチド>アミノ酸

この体内の消化分解処理を原料段階で分解処理し、アミノ酸にして腸管で吸収しやすく、その後血液中に入っても免疫反応を抑制する原料処理を加水分解といいます。

腎不全の猫にあげてもだいじょうぶ?

イタリアの腎疾患猫用療法食ですので、基本的には問題ないと思います。

心配な場合は、かかりつけの動物病院で相談されてみてください。

人間目線のみためとにおい、味

みため

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ 中身

■粒の形:平丸形

下の写真は、両側が通常粒、まんなかがAFSタブレット。

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ サイズ

■粒の大きさ:6〜7mm(厚さ 3〜4mm)

通常粒の大きさにはいくらかバラつきがあります。

大きめのものもあれば、こぶりなものもあり。

色味にも若干バラつきがある気がします。

他社製品との大きさ比較

FORZA10(フォルツァディエチ)アクティブライン リナールアクティブ サイズ比較

大きい粒は、ロイカナ肝臓サポートやハッピーキャットベストエイジ10に近いボリューム。

jpスタイルにくらべるとすこしだけ厚みがあります。

におい

とくにこれといっていやな香りはしなかったです…。

よくある穀物っぽいにおい。

通常粒は口にいれてもほとんど味なし。

AFSタブレットは一瞬塩味があり、すぐ消えます。

かみくだくと、通常粒はたんなる穀物っぽい味。

AFSタブレットはかんだはじめだけ苦味があり、そのあとなくなりました。

3匹の反応(クロ、チョビ、シロ)

じつは旧バージョンのフォルツァ10、うちの猫全員に不評だったんですよね……。

(そのせいで試食レポにまとめる気がおこらず、記事もありません。)

なので今回も、ほとんど期待しないで開封しました。

クロ

新FORZA10とクロ

クロ アイコン「いらなーい」

やはりクロには不評。

今回もダメかぁ~~~~~。

…と、思いきや。

チョビ

新FORZA10とチョビ

チョビ アイコン「あら、なにこれ!いいじゃない!」

まさかのチョビに大好評で、ちょっと腰がぬけそうでした。

ええーーー????なんで?

旧製品ではあなた、砂かけそうな勢いでキョヒってたよね……。

とにかく今回はきれいに完食。

おいしく食べていただけてなによりです。

そうかぁ……今後もしチョビの腎臓が悪くなったらこれにするかな。

シロ

新FORZA10とシロ

シロ アイコン「フガ!フガ!フガ!」

シロもとてもおいしいそうです。

まあいつものことですが、きれいに完食。

クロチョビシロ
新 FORZA10 リナールクロ ダメアイコンチョビ アイコンチョビ アイコンチョビ アイコンシロ アイコンシロ アイコンシロ アイコン

クロ ダメアイコン ……………これきらい
クロ アイコン……………ちょっとならOK
クロ アイコンクロ アイコン…………んーまあまあ?
クロ アイコンクロ アイコンクロ アイコン………おいしい!

今回はわりとびっくりな結果となりました。

こうなると逆に、なぜクロだけ食べないのかが気になる。

こんなときにつかうのがおすすめ

サンプルが3匹分しかないので断言はできませんが、

嗜好性はわりとよさそうな気配です。

一袋が454gと比較的少量なので、いくらかおためしで手がだしやすいかも。

さらに小わけになっていると、よその猫さんへゆずるときにも助かるんですけどね。

フードジプシー中の猫さんであれば一度くらいためしてみてはいかがでしょう。

おもな入手先


入手先 楽天 | Amazon | Yahoo! | tama

追記 同シリーズのウェット製品もあります。

先日のキャンペーンでもらった「フォルツァ10 リナール アクティウェット(腎臓ケア)」をさっそく開封して試食してもらいました。一見するとプリンか茶碗蒸しのようなみずみずしい質感。匂いもおいしそうだし人間からすればかなり食べてみたいタイプです。

ほかの療法食をおさがしであれば、こちらの記事も参考にどうぞ。

腎疾患用のドライ療法食を選ぶ目安として、カロリーの高い順に表(リスト)にまとめました。たんぱく質、リン、ナトリウム量でも比較可能。入手しやすいものを中心にわかる範囲で一通り網羅してます。食が細くなりがちな腎臓病の猫さんにお役立てください。当ブログ内の個別フードレビューへのリンクもあります。

腎疾患用のウェット療法食を選ぶ目安として、カロリーの高い順に表(リスト)にまとめました。たんぱく質、リン、ナトリウム量でも比較可能。入手しやすいものを中心にわかる範囲で一通り網羅してます。食が細くなりがちな腎臓病の猫さんにお役立てください。当ブログ内の個別フードレビューへのリンクもあります。

流動食を選ぶ目安としてカロリーの高い順に表(リスト)にしました。ゲル、液体、粉末、ペースト、ミンチにわけ、全種類カロリーとたんぱく質量で比較。入手しやすいものを中心にわかる範囲で一通り網羅してます。愛猫の食欲がない時や痩せてしまった時、客観的にフードを選びたい方はぜひ参考になさってください。(猫4匹に試食してもらったフードレポにもリンクしています)また、別ページに腎臓療法食のドライフード一覧表(高カロリー順)も作りましたので、状態にあわせてご利用いただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング