【獣医さんに日ごろの疑問をぶつけてみた】

気のせいかもしれませんが、クロの毛づやがちょっぴり改善したように感じます。

クロ 2014/9/28

穏やかな時間が少しでも長く続きますように

Sponsored Link
猫腎臓336×280

さいきんのクロ

以前にくらべると、食がほそいながらも毎日ちゃんとごはんを食べてくれようになりました。

定期的な輸液と投薬、もしそれらのおかげであるとすれば、とてもうれしいことです。

でもやっぱりときおりもどしてしまったりするので、今の体重で必要なエネルギー量にたいしては、だいたい半分~2/3ていどしかとれていないようです。

吐きもどし対策

昔からいちどにたくさん食べるとはいてしまう傾向があるので、ウェットを出すときも10~15gくらいの小わけにしています。

今日ははじめてヒルズのk/d 缶をあけてみたのですが、クロはかなり気にいったようで、小わけ分の15gをいっきに食べてしまいました。

ヒルズ 猫用 k/d 缶(旧タイプ)※2017年現在販売終了
→現在のヒルズ猫用k/d缶はこちら

食いつきの良さにホッとしていたら1時間ほどでぜんぶ嘔吐………。

次回はもうすこし時間をかけて、ゆっくり手のひらから食べさせてみることにします

食欲の復活傾向・体重の減少傾向

9月なかばあたりからちょっと食事量がへっていて心配だったのですが、先週からまたすこしずつ復活してきているようで安心しました。

偶然かもしれませんが、もしかしてAHCCが効いていたりするのかも?

【ペット用AHCCって腎臓にも効くの?】
検索してみるとどうもキノコのなにからしいですね。いわゆる免疫アップ・体力増強系のサプリメントのようです。せっかくいただいたのだし試しに飲ませてみようと思ったのですが、心配なのは腎臓とのマッチング。「腎臓や肝臓が悪い場合は獣医師に要確認」と書いてあったので聞いてきました。

それでも、たぶん体重はちょっとずつへっている気がするので、来週あたり病院ではかってもらおうと思います。

次回のクロの予定

前回の検査から1ヶ月たつし、そろそろ血液検査も必要かもしれません。

あとできれば「肛門のう」のしぼりかたも、再破裂防止のために教わってきたいです。

肛門嚢(のう)破裂の発覚
朝ベッドのシーツを見ると、薄く小さな血の染みがいくつか目にとまりました。 心当たりがないので不思議に思い、同時に嫌な予感がしました。 クロは、朝ごはんを普通に食べていました。 ふとク...

先生に質問してみた

先日の記事でもちょっとかきましたが、前回病院に輸液をもらいにいったとき、先生にすこし時間をいただいて日ごろから疑問に思っていたことをいろいろうかがってきました。

前々から確認したかったことばかりなのですが、いつも病院がこんでいてなかなか切りだせず。

予約制の日曜日は先生もゆとりがあるようで、たっぷり時間をさいていただけました。

聞いてみた内容

このとき質問したのはこんな感じのことです。

・腎不全とペット用サプリメントAHCCについて(詳細は前々回の記事参照
・病院ごとに輸液の量や方法が違う理由について
輸液のやり方のコツについて
腎不全でのワクチン接種について
腎不全でのスポット剤(フロントラインなど)の使用について

先生の回答

以下、簡単に回答だけ。

脳内メモなので、もしかしたら私の勝手な解釈がはいっているかもしれません。

もし正確な回答をしりたい場合は、自分がいま通っている病院であらためて聞いてみるほうが確実かと思います。

◆AHCC

サプリメントなので、薬にくらべればおそらく劇的な効果はない。

このていどの成分(キノコの粉末)なら腎臓病でも大丈夫そうなので、やりたければやってもよい。

ようすをみながら少しずつやって、ちょっとでも異常を感じたらすぐ中止すること。

◆病院ごとに輸液方法や量にちがいがあるのはなぜか

うちの病院では1回につき250ccの輸液パックを使いきりで、パックをフックなどにつり、重力にまかせて流しいれる方式です。

それ以外だと、500ccくらいのパックを数日にわけて使ったり、輸液するときに加圧して時間短縮をする方法があるようでした。

量や方法のちがいは、各病院や医師の考えかたのちがい。

その医師が何を重要視するかによって差がでてくる。

200ccを1日おきでも100ccを毎日でも、効果はともにある。

しいて言えば、適量(この場合なら100cc)を毎日のほうが体にはやさしい。
(水分の吸収に関してという意味。回数がふえることによる皮膚への負担増はあるが、腎臓病の場合に重要なのは、皮膚<腎臓となる)

自分としては、シリンジより輸液パックから直接のほうが簡単だと考える。

シリンジだと入れるときに圧をかけるのが大変なのではないかと思う。※

うちの250ccパックは使いきり専用なので、日をわけて何回も使ってはダメ。

100ccパックはあまり一般的ではないため、うちでは出していない。
使ってみたければ取りよせるので言ってほしい。

それ以外の量のちがいは、症状の進行度や体調などの差。

軽度なら量もすくなくて良いし、深刻なら多くなる。

※うちの先生はシリンジ輸液自体やったことがないらしいです。方法の差はもしかすると、その先生が大学で教わった方式のちがいなのかも……?

◆針のさし方のコツ

皮膚を三角に持ちあげて、水平にさす。

針の皮膚つきぬけが心配なら、まず先っちょだけさして、輸液がちゃんとはいるのを確認してから深くさしこむと良い。

いっきにいきおいよくさすと突きぬけもしやすいので、ゆっくり確実にさすほうがおすすめ。

とにかく、確実におこなうことが最重要。

何度もさしなおすと針先がにぶってくる(さしにくくなる)ので、針を交換すること。

◆腎臓病でもワクチンは打てるのか

ワクチンの使用によって腎臓病が悪化することはない。

病院内でほかの動物に接触する可能性や、家から脱走する可能性などを考えると、今後の免疫低下もあるのでリスク回避のためむしろやったほうが良い。

◆ワクチンの頻度(1年がよいのか、それ以上でも良いのか)

海外での事情はちがうのかもしれないが、日本のワクチン薬は1年に1回の接種を想定してつくられているので、それ以外の指導はできない。

1年に1回というのが基本。

※以前ネットで、「ワクチン接種は毎年やらないほうが良い」とする意見を見かけたことがあったので、いちおう確認のために聞いてみました。
このへんは病院や先生によっても考え方のちがいがあるようなので、かかりつけの指導にしたがうのが確実かと思います。
先生の考え方に納得がいかない場合は、考え方に納得できる病院へ変更するのもひとつの方法です。

◆ノミの薬

たらすタイプは体内に吸収されないから病気に影響なし。

腎臓病でも大丈夫。

※今年の夏はどこからかノミが入りこみ、我がやでは人間にもノミ被害がありました。
完全家猫だからと気をぬいていましたが、人間が持ちこむ可能性もあるのでスポット薬はやはり必須みたいですね。

うちでは現在、以前病院で処方されたのと同じ「マイフリーガード」を愛用中です。(病院には通販で購入・使用していることを申告済み。)

定番「フロントライン」と同等の効果で、もう少しお安く入手できるので助かってます。

以上、さんざん質問攻めにしたのに、請求は輸液と薬代のみ。

相談料的な請求はいっさいなしでした。

そういう部分は本当に商売っけがないというか、ありがたい病院だと思います(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ