【aquela(アキュエラ) 水素水7.0ppm の作り方】

【広告】活性炭おやつ 「ネコジーン」
この記事は約6分で読めます。
ブログ内を検索

 

以前「アキュエラ 水素水7.0」の使用レポートをアップしたのですが……

 

【アキュエラ水素水7.0ppmの使用レビュー(裏技あり)】
これまでいくつかアルミパウチの水素水をレビューしてきましたが、いよいよ水素発生剤タイプの「アキュエラ水素水7.0ppm」に挑戦してみました。今回は実際に使ってみた感想とメリット・デメリット、さらにお得に使う裏技的な作り方や使い方などもご紹介します。

 

 

”作りかたの詳細はまた後日” と書いたまま、一ヶ月以上放置プレイしてしまいました。

いちおう改めてまとめたので、またわすれる前に公開しておこうと思います。

 

 

注文するとこんなものが届きます

 

おおきめサイズの箱がどーん。

アキュエラ水素水7.0ppm外箱

 

外箱をあけてみると……

アキュエラ水素水7.0ppm中身

 

箱の中身は5種類+説明書。
箱の左上から反時計、まわりに。

  1. 水素濃度判定試薬
  2. カプセル(試験管のようなサイズと形状)と中筒(四角いミニ容器)のセット
  3. 水素発生剤30包
  4. 付属ペットボトル2本
  5. ペットボトル用のふた2コ

そして、説明書や作りかた、製品紹介の冊子類。

 

 

高濃度水素水の作りかた

水がこぼれる可能性があるので、ぬれてもよい場所で作業します。

(試薬は水素水をつくったあとに濃度をしらべるためのものなので、水素水をつくる時点では使いません。)

 

1.付属のペットボトルに水を入れておく

口から3.5cmくらいのところまで水をそそぎます。

このときいれる水がすくなすぎると、あとでカプセルをいれるときに容器内に空気がのこってしまってうまく作れなくなるので注意。

わかりにくければ満タンにしておいてもだいじょうぶ。

 

アキュエラ水素水7.0ppm ペットボトルへ水を入れる

 

 

2.水素発生剤をアルミパック(アルミピロー)から出す

ハサミだと中袋に穴があくことがあるので使わないほうがよいかも。

CUTマークの点線にそって手でちぎれば、簡単にきれます。

 

アキュエラ水素水7.0ppm 水素発生剤

 

 

中身がかたまっていそうだったら、すこしふってほぐしておきます。

「中身がかたまったまま作業をつづけてしまい水素水がうまくできなかった」という口コミもありましたので気をつけましょう。

 

パックをふったとき、中身を袋の片側(下半分)によせるようにしておきます。

この場合は下半分にたまっているので、これでOK。

 

アキュエラ水素水7.0ppm 水素発生剤の量

(ピンボケすいません)

 

3.水素発生剤のパックをふたつに折る

中身がたまっているその上のあたりからふたつ折り。

 

アキュエラ水素水7.0ppmの水素発生剤を二つ折り

(なにそれ?)

 

4.発生剤を中筒にいれる

ふたつ折りにしたパックを、折りめが下になるようにして、中筒のいちばん奥までさしこみます。

 

アキュエラ水素水7.0ppmの作り方【3】

 

5.中筒に水をいれる

中筒にさしこまれた水素発生剤(二つ折り状態)にスポイトで水を投入し、まんべんなくしめらせます。

 

アキュエラ水素水7.0ppmの作り方【4】

 

一回分の量は約0.5cc。

 

 

アキュエラ水素水7.0ppm 中筒に水素発生剤と水を入れるスポイトにとった水はすべて中筒へ

 

水の投入が完了したらつぎの工程へ。

 

6.中筒をカプセルに入れ、キャップを閉める

すぐ水素が発生しはじめるので、手早くカプセル(試験管のような容器)にいれ、しっかりとふた(バルブキャップ)をします。

 

アキュエラ水素水7.0ppm カプセルに蓋をする

ふたをしめたところ

 

7.カプセルをペットボトルにいれる

中筒のはいったカプセルを、そのまま水のはいっているペットボトルにさしこみます。

 

アキュエラ水素水7.0ppm

 

ボトルのふたでカプセルを押しこみながら、空気がはいらないようにしっかりとしめます。

このとき水をあふれさせながらしめるとうまくいきますが、まわりを水びたしにしないように注意してください。

シンクなどで作業するのがおすすめ。

 

アキュエラ水素水7.0ppm ボトルの蓋を閉める

 

ふたができました。

 

8.水素が発生するのを待つ

そのまま、水素があるていど発生してくるまで待ちます。

2~3分でも1.4ppmになりました。

 

アキュエラ水素水7.0ppm 水素発生中

発生した水素が、カプセルから気泡としてでてきているところ

 

水素の発生がすすむと、内部圧力によってボトルがかたくパンパンになります。

ボトルをおしてみて下の写真のように簡単にへこむようであれば、まだ水素量がたりないということです。

 

アキュエラ水素水7.0ppm 水素発生前

 

 

しばらくするとボトルの口元に気体(水素)がたまってきます。

期待によってすこし空間ができているようならもう大丈夫。

前述のように2~3分でも1.4ppm、10分なら2.5ppmくらいまでにはなりました。

 

このままつぎの工程(ボトルシェイク)にすすんでもよいのですが、さらに水素濃度をあげたい場合は、一晩~24時間くらい冷蔵庫へ。

そうすると名前のように7.0ppmくらいまで濃度がアップします。

 

※濃度がたかすぎて試薬では確認しきれませんでした。
(水素濃度が2.0ppmをこえると、試薬に反応した水の色が透明からぶきみに黄色っぽくなりはじめ、ちょっとこわかったです。)

 

メーカーさんの説明では、7日くらいならそのまま保存しておいても水素がしっかりのこっているとか。

 

水素は、水温がひくいほどたくさんとけこむそうです。

また、はやくとかしたいときは逆にはぬるま湯でつくるとよいと説明されました。

 

 

9.ボトルを振って水素を水に溶かし込む

ペットボトルの胴部分を片手でにぎり、手首を回転させて30秒ほどよくふります。

 

アキュエラのボトルを振る

 

ひたすらシェイク、シェイク。

これで高濃度の水素水が完成です。

 

 

保存方法

 

一番ベストなのは、もちろんつくりたてをすぐその場で飲ませてしまうことでしょうね。

でもいちどに500mlもできてしまうからぜんぶいっぺんに猫に飲ませるなんて無理ですわ……。

 

先日の裏技紹介でも書きましたが、うちでは水素水がはいっていたアルミパックを再利用してあまりを保存しています。

 

キヨラビ

 

つかうのは、以前ためした「キヨラビ」などのアルミパッケージ。

 

【今度のクロのお試し水素水はキヨラビ(追記あり)】
水素水にはうっすら手ごたえを感じたので期待しています。今回試してみるのは「 KIYORABI(キヨラビ)」でこちらも高濃度が売りの水素水。初回限定お試しは500ml入6本セットで税・送料込1,620円でした。(リーズナブル!)

 

アキュエラがとどいたとき、このあきアルミパックが保存用に使えるんじゃないかと思ってのこしておいたものです(笑)

 

 

うちの場合はまず朝にペットボトルの半分量を、猫と人間(主に母。たまに私と父も)でわけあって飲みます。

のこりはアルミパックにいれておいて、夜にまたわけあいます。

 

クロはすすんで飲んでくれないのでシリンジで朝晩6ccくらいずつ。

それ以外ではウェットフードにもすこしたしたり、薬を飲ませたあとにもすこし飲ませたり、ちょこちょこと。

 

 

最近はさむくなってきたため、うちは冷蔵庫でなく室温で保存しています。

今のところながくても1日で飲みきっているので、とくに問題はないようです。

 

室内においておくと水素濃度はいくらかひくくなってしまいますが、飲ませようと思ったときすぐ手にとれるのは便利でした。

結果的にはトータル摂取量でわりと稼げているのではないかなぁと思ってますが………

どうでしょうね??

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

コメント