【番外・シロの検査結果の悪化(主に肥満)で家族会議】

このあいだの日曜、11/1にシロの血液検査にいってきました。

最低二ヶ月に一度と言われていたシロ(腎臓病+心臓病+肥満)の検査ですが、私のスケジュールの都合がつかず二ヶ月以上あいてしまいました (v_v)

検査の予定は早め早めに入れておかないとだめですね。

次回はなんとか、12月半ばまでにはシロをつれていけるよう努力します。

シロ2015/11/1

病院から戻って、まだごきげんななめのシロ

前回検査したのは8月。
(前回心配していたおでこの傷はいつのまにか治っていました。)

【番外・シロの検査結果も悪くなっていた】
シロの血液検査を決行。その際、前回検査したのが四月だったと聞いてびっくり。最低でも二ヶ月に一度は検査してと病院からクギを刺されました。あちらもこちらも数値が悪いのだけど……なかでも体重が!「とにかく減量。なにがなんでも減量。ダイエットが急務!」

Sponsored Link
猫腎臓336×280

今回の検査結果

先生もシロの体調を心配していて、最近は検査に行くたび検査項目が増えていってます(涙)

シロの検査結果 2015/11/1

(赤字は基準値オーバー)

体重6.6kg   ※前回より100g増加
総タンパク(TP) 8.6  (基準値:2.3~3.5) ※やや改善
アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT〔GPT〕) 98  (基準値:22~84)※やや改善
総コレステロール(TCho) 223  (基準値:89~176)※前回よりやや改善
トリグリセライド〔中性脂肪〕(TG) >500     (基準値:17~104)※大幅に上昇
尿素窒素(BUN) 34.3 (基準値:17.6~32.8)※やや上昇
クレアチニン(Cre) 2.6  (基準値:0.8~1.8) ※やや改善
カリウム(K)  4.7  (基準値:3.4~4.6)※やや上昇
ヘモグロビン (Hb) 15.3 (基準値:8.0~15.0) ※やや上昇
ヘマトクリット値 (Ht〔PCV〕) 47.5    (基準値:26~46) ※やや上昇

前々回には200台まで下がっていた中性脂肪が、再び500オーバーに!

(前々回の数値はこちら)

【番外・シロの抜歯は無事終了。現在療養中】
シロの抜歯手術は無事終了。血液検査の結果さらにクレアチニンが上がっていました。もうこれは腎臓機能の低下が確実なのでお薬を始めましょうということに。唯一の救いは、前回より中性脂肪値が改善しつつあることくらい。また、術前の心音検査では前回同様雑音が確認されました。

いつものフードは変えていないので、理由が全くわかりません。

私が用意している一日分の分量よりも、結果的に多めに食べているとしか思えず…… ・゚・(ノД`)・゚・。

今回も、いやがる父を無理やり検査に同伴しました。(前回も連れていった。)

シロの厳しい現状を、私がどんなに口で必死に説明しても、今まではまるで他人事だった父。

しかし今回の血液検査で、試験管に浮いた真っ黄色のうわずみ(脂肪)を実際に目にして、父もかなりのショックを受けたようでした。
このままではシロが死んでしまう!と大焦り。

シロは父に一番なついているので、ダイエットには父の協力が不可欠なのです。

いくらかはこの緊急性をわかってもらえたようで、少しだけ気持ちが楽になりました。

今後の対策

帰宅後は夕飯を食べながらシロの今後について家族会議です。

やはり私一人で全猫の健康管理をしていくのは、現状では無理だということ。
仕事などとの兼ね合いで限界を感じていることを説明。

改めて、全員でシロの体重管理に取り組むことを確認しました。

手始めに家族全員が、一人にひとつ はかり を持つことに。(私がAmazonで発注)

しっかり量ることの重要性についても、こちらの記事をプリントして両親に見せました。
一応わかってくれたみたいです。

猫ダイエットのコツはココにありました。猫にとっても、太りすぎはよい話ではありません。猫のダイエットに頭を悩ませている飼い主さんも多いかと思いまして、僭越ながら、我が家で実践し、成果を挙げられた簡単な猫ダイエット手法を紹介いたします。

今後は、一日分、一回分の分量をきっちり重さで管理し、どの猫に何グラム食べさせるのか、食べさせたのかを、全員で共有していきます。

今後はいっさい目分量禁止!

シロの腎臓も心臓も心配ではありますが、現在の第一目標はダイエットですね。

今度こそ、がんばります。

『【番外・シロの検査結果の悪化(主に肥満)で家族会議】』へのコメント

  1. 名前:サバトラーニャ 投稿日:2015/11/06(金) 17:34:07 ID:573f64c20 返信

    シロさん、すごく気になっておりました。
    creやBUNはともかく、後は肥満によるものが大きそうですね。
    肥満気味の子は何かのきっかけで食べるのが急に減った時に
    肝リピドーシスになる危険もあるのでやはりめざせ!減量!ですね! ファイッ ファイッ !!

    我が家もにーにーが腎臓用、ななこが特発性膀胱炎用なので
    毎回きっちり秤で計量してからあげています。慣れると全然苦にはなりませんよ☆
    (他の2匹も肥満防止に必ず計量♪)

    • 名前:M 投稿日:2015/11/08(日) 23:51:38 ID:67145f04f 返信

      サバトラーニャさん

      シロでご心配おかけしてすみません~ m(_ _;m
      肝リピドーシスは私もすごく不安を感じていて、本当に一刻もはやく減量させたいです。
      減量メニューで1週間様子をみましたが、今のところ飢餓状態にはなっていないので、このまま少しずつ減らしていこうと思います。

      計量はけっこう有効ですよね。
      私はもともと計量派だったのですが、うちの親もだいぶ慣れてきたようでホッとしました。