【フクの保護時の写真を無料noteとしてまとめました】

フク写真note1の表紙

はやいもので、フクが亡くなってから二ヶ月がたちました。

フクが大好きだったベランダやひなたを見るたび、

ふわふわのおなかやにおい、ピコピコ動いたかわいいしっぽを思いだします。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

過去の写真をnoteに

過去の写真の中から、今回はフクの保護当初のものをあつめ

noteにまとめてみました。

(約2,300文字・画像27枚) 9月に亡くなったフクの、保護当初の写真や記録を2週間分まとめました。 2016年12月28日 フクとの出会い 仕事帰りに偶然遭遇し、私の足にすがりつくように助けを求めてきた小さな猫。 それがフクちゃん(旧名シマ)でした。 出会った直後、動揺してツイッターでつぶやいていま...

参考 noteとは何か⇒公式サイト

「noteってなに?」というかたはちょっとおっかなびっくりかもしれませんが、見ためも使い勝手もふつうのブログのような感じです。
しらないうちに課金されたり、へんなところに飛ばされたりはしないのでご安心ください。
広告もないのでスッキリしていて、むしろブログより見やすいかもしれません。
知らずに見るとそれが「note」だと気づかないことも多いです。

フクが亡くなってからすこしずつ過去写真を発掘してたのですが、

はじめるとついつい見いってしまってなかなか編集がはかどらず…。

公開までに時間がかかってしまいました。

noteのしくみ

写真をnoteから発行するには二つの方法があります。

「画像」noteとして写真とかんたんな説明のみでまとめるやり方と、

「テキスト」として文章・画像・URLなどをとりまぜてまとめるやり方。

はじめは「画像」noteとして純粋に写真集の体裁で作りはじめましたが、

作業しながらだんだんと当時の記憶がよみがえってきてしまい、

この写真のころはどんな状況だったっけ、とか、

保護したときはツイッターでたくさんアドバイスもらったなぁとか、

写真以外にももっといろんな記録をいれたくなってしまいました。

結局今回も、「フク最後の3日note」とおなじようなかたちになっています。

フクの写真集一冊目は無料noteにしました。

noteのアカウントがなくても見られますので、お気軽にどうぞ。

2冊目以降も出せるようであれば、まとめて「有料マガジン※」にするかもしれません。

※マガジン⇒個別のnoteをテーマごとにまとめ、雑誌のようにしたもの

noteからは、当時公開したTwitterのつぶやきやブログも読めるようになっています。

ただツイッターの引用では自動的に会話の前後がはいってしまうので、

もしご自分の関連ツイートの掲載をやめてほしい等のご要望があれば、

その旨ご連絡くださればすみやかに対応いたします。

今回のnoteの内容

今回の写真集【1】では、フクと出会った日からはじまり、

最初の経鼻チューブがはずれるまでの2週間の記録となります。

(写真が多いと重くなって見づらいそうなので、30枚未満にしてみました。)

今回のnoteの写真やツイッターを見かえしてみると、

保護当初もたくさんの方々の応援やアドバイスに支えられていたのだなぁと

感慨ぶかくなりました。

フクのために力を貸してくださった皆さまには、心よりお礼もうしあげます。

noteを見るにはこちらからどうぞ。

(約2,300文字・画像27枚) 9月に亡くなったフクの、保護当初の写真や記録を2週間分まとめました。 2016年12月28日 フクとの出会い 仕事帰りに偶然遭遇し、私の足にすがりつくように助けを求めてきた小さな猫。 それがフクちゃん(旧名シマ)でした。 出会った直後、動揺してツイッターでつぶやいていま...

写真集2冊目以降

フクの写真を見たいかたがそんなにたくさんいるとは思っていないのですが、

需要のあるなしにかかわらず今後も勝手にだす予定です(笑)

もし2冊目以降の体裁でご希望があれば、参考にさせていただきます。

ツイッターやコメント、メッセージなどでお気軽にどうぞ。

たとえば、文章やツイッターのつぶやき不要で写真だけサクサクがいいのか、

写真+情報で当時をしのべるほうがいいのか、

両方のバージョンを出してすきなほうを選んでもらうのがいいのか(笑)

もうちょっと迷ってみようと思います。

追記 フクの最期について書かれたnoteの記事はこちらになります。よろしければ合わせてごらんください。

【フクの記録をnoteで公開しました(第一段)】
初めての試みとして、noteでフクの記録を公開してみました。思ったより長くなったので分割公開となり、今回はその1つ目。noteはアカウントがなくても誰でも読むことができます。もし興味がおありでしたら試しに読んでみてください。

【フクの記録をnoteで公開しました(第二段)】
前回に続き、noteでフクの記録の後半部分をを公開しました。亡くなる前後についても詳細に書かれているため、一部有料設定にさせていただいてます。かなりのボリュームですので、前半を読んで内容に納得されたらご利用ください。noteの公開については一旦ここでお休み。次回からは通常のブログ更新にゆるゆると戻る予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング

『【フクの保護時の写真を無料noteとしてまとめました】』へのコメント

  1. 名前:コニシマイ 投稿日:2018/11/17(土) 04:46:29 ID:8fd53bee1 返信

    こんばんは。

    フクちゃんが、いなくなってもう2か月も経つのですね…。
    猛暑の夏から秋、立冬…はやいものです。

    フクちゃんのアルバム(写真集)、ついにお披露目ですね(^-^)
    以前よりブログで保護当日から読み返していますが、また違った
    目線からフクちゃんの歴史の1ページを垣間見ることができました。

    フクちゃんの保護当日の身体は、とても辛そうで痛々しく悲しい気持ちになりました(ノ_・。)
    フクちゃんのフカフカ毛並み、塩顔イケニャン、Mさまと二人三脚で
    歩んだ成果なのだと改めて考えさせられました。

    第2弾は、ごきげんフクちゃんも見れそうで楽しみです。

    フクちゃん関連の写真や記事を、今後どんどん発表していただける
    のは、とてもうれしいですo(^-^)o
    フクちゃんには固定ファン(わたし)、こっそりファンなど人気度は
    高いとおもいます。

    フクちゃんは存在感があり、塩顔特有の瞳は見るものを引き付ける
    力があるので、作品としてnoteなどに残しておくと先々たくさんの
    方が、拝見&拝読されることとおもいます。

    今回とは異なった感じの、写真のみバージョンやクロ&フクバージョンなどなど…今後も期待してお待ちしております(*^-^*)

    思い出アルバムの発表、ありがとうございました(=^_^=)

    • 名前:M 投稿日:2018/11/23(金) 00:28:39 ID:851cff928 返信

      コニシマイさん

      感想ありがとうございます。

      今でも、スマホだけじゃなく、もっとちゃんとした一眼レフでフクを撮っておくんだったな、という後悔があります。
      フクのきれいな瞳、ふわふわの毛。ときおり見せた野性的な表情。
      デジイチだったら、もっとリアルな質感まで写し取れていたかもしれませんね。

      写真集をうたえるほどの良い写真はあまりありませんが、フクが生きた証はもう少し残しておこうと思っています。
      このあとちょっと忙しくなるので、亀の歩みになるかもしれませんが… (ノ_・。)