「 療法食 」一覧

【3匹で試食・ファルミナ ベットライフ リーナル(Farmina Vet Life Renal Feline)腎臓用ドライフード】

【3匹で試食・ファルミナ ベットライフ リーナル(Farmina Vet Life Renal Feline)腎臓用ドライフード】

うっかり死蔵されていた療法食を発掘したため開封しました。腎臓用療法食(ドライ)の中では中くらいのカロリーで、原料には相当こだわりがあるようです。サイズはそこそこ大きめ、ボリュームもしっかり。大粒フードが苦手な猫さんだとちょっと食べにくいかも。BHAなどの合成保存料は不使用なのでその点は安心かと思います。

【シロの血液検査~AST・ALT上昇で肝疾患の可能性も】

【シロの血液検査~AST・ALT上昇で肝疾患の可能性も】

3ヵ月半ぶりにシロの血液検査へ行ってきました。最近ずっと腎臓と肥満しか見ていなかったので、今回は久々に肝臓や電解質など一通りの数値をチェック。すると、いつの間にやら肝臓の数値がずいぶん悪化していました。今後は栄養指導もしてもらいながら、数値の改善を目指していきます。

【3匹で試食・BIOPUR(ビオピュア)ニーレン・エアクランクンゲン~ドイツ製腎臓用ウェット療法食】

【3匹で試食・BIOPUR(ビオピュア)ニーレン・エアクランクンゲン~ドイツ製腎臓用ウェット療法食】

ずっと前に買ったままだったドイツ製ウェット療法食を、ようやく試食してもらいました。ヒューマングレード、オーガニック認証素材使用、アレルギー対応のグルテンフリーとかなりのこだわりです。少し食べてみるとごく薄い塩味。そのあとお肉のうまみがほんのり舌に残ります。薄味だけど、これおいしい。人間が食べてもいけるんじゃなかろうか(笑)

【感謝企画のおしらせ~使用レポのリクエスト受付中】

【感謝企画のおしらせ~使用レポのリクエスト受付中】

フクの体調が悪化してから亡くなるまで、たくさんの応援やご支援をいただきました。何かの形でお礼がしたいと考えていたのですが、ブログご愛顧の感謝企画として「リクエストによる製品使用レポート」なんていかがでしょうか。サプリでもフードでもグッズでも構いませんので、ただ今リクエスト大募集中です!

【k/d缶を使った経鼻チューブ用流動食の作り方~フクの場合】

【k/d缶を使った経鼻チューブ用流動食の作り方~フクの場合】

フクに胃腸過敏が判明してからというもの、キドナ等は一切禁止されました。今許されているのはヒルズk/d缶(156g)で作るペーストのみ。「普通の食事に近い物の方が、合成された物(キドナ)より胃腸に優しいしお財布にも優しい」というのがかかりつけ病院の方針なのです。今回は、その教わった作り方を忘れないようにメモしておきます。

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

食道チューブの要領が掴めてきて体重も4.9kgと順調に増加中。この一週間でお世話になった流動食3種と、傷口保護用の包帯3種。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。給餌中も安らかに眠る姿を見て、ようやく「やって良かった」と思えるようになりました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280