失敗

日記

【録画してあった猫探偵ドラマを見たおはなしなど】

夕飯を食べながら、録画してあった猫探偵の番組をみました。そういえばうちも昔、クロがいなくなった時に猫探偵さんに捜索を依頼しようとしたことがあります。でもなかなか連絡が取れなかったんですよ。猫探偵って思ったよりも適当な仕事なのかしらと当時がっかりしたのですが、今回ドラマを見てちょっと理由がわかりました。
0
フク(保護猫)

【順調な療養が一転、ふたたびのチューブ吐き出し】

順調に療養していたフクでしたが、退院後わずか6日で「また」チューブが出てしまいました。食道カテーテルを継続するのか、経鼻に戻すのか、はたまたチューブ設置を断念していよいよ栄養点滴だけに切り替えるのか……。再び大きな選択を迫られました。
2018.07.28 8
フク(保護猫)

【入院中のアクシデント。想定外で5度目のチューブ設置に】

フク再入院後、緩やかとはいえ少しずつ回復の兆しが見えていた、その矢先のことでした。経験豊富な院長先生のチューブ注入にも関わらず、フクが内容物を全部戻し、同時にチューブがまた口から………。想定外の形で再手術となってしまいました。
7
Sponsored Link
フク(保護猫)

【食道チューブ設置後のアクシデント!再手術になりました】

食道カテーテル設置手術の翌日。給餌後の嘔吐で口から出てきたのは、前日入れたばかりのチューブの先端でした。傷口からチューブを引き抜き病院へ行くとチューブは再設置に。嘔吐を誘発した要因や注意点、今後の対策について考察します。
5
使用レポ:グッズ

【猫に優しい砂探し~妥協点をもとめ猫砂ジプシーは続く】

うちは近年ずっと固まるタイプの紙砂でしたが、配合されているポリマー成分が気になってきてしまいました。かといって猫砂にかけられるお金もごくわずか。安全性・利便性とともに経済性も無視できません。何か良い猫砂はないものか……最近はまた猫砂ジプシーを地味に再開しています。
2018.07.13 4
フク(保護猫)

【猫の口内炎とステロイドの難しい関係~腎不全には痛み止めNG?!】

フクちゃん血液検査へ。BUN(尿素窒素)はいくらか改善し全体としては現状維持です。BUNが下がったのは自宅点滴を増やしたことが理由かも。貧血も良い感じで改善中。口内炎のステロイドを減らしたくて鎮痛剤への変更を相談しましたが、ステロイドの方がまだマシという結論に。定期的なステロイドで体調、体重、食欲を安定させていくことになりました。
2018.09.30 8