医療費

猫家計簿

【2020年5~8月の猫医療費:クロの甲状腺機能亢進症以降】

今回は甲状腺機能亢進症が分かった5月から8月までの猫医療費です。転院を経験してみると、薬や検査の代金が病院によって結構違うのを実感します。病院の比較ポイントは通院や相談のしやすさ、治療内容、設備、コスト等々ありますが、最終的には「何を一番重視するか」で決まるのかもしれません。
0
情報

【転院ドキュメント1~かかりつけの長期休診】

クロは甲状腺の治療を始めてから一気に老け込んできました。それでもお薬でバランスがとれればそれでいいかと吞気に構えていたのですが……ここにきて予想もしない事態に直面。かかりつけ動物病院の突然の休業です。(しかも再開時期未定)
2020.07.25 2
猫家計簿

【2019年12月猫医療費~脳腫瘍確定検査にはいくらかかる?】

久々に過去の猫医療費の集計を行いました。今回は、チョビの脳腫瘍が判明した2019年12月分です。精密検査の詳細な明細もあるので、今後猫ちゃんの検査を予定されている方なども参考にどうぞ。
0
Sponsored Link
チョビ

【気付くのが遅れた猫の外耳炎~チョビの右鼓膜はなくなっていた】

ある日、ちょっと覗いたチョビの耳が何だか汚れている事に気付き病院へ。病名は言われなかったのですが後からチョビは「外耳炎」である事がわかりました。現時点での猫の外耳炎の治療方法と、考えられる原因についてまとめています。
0
シロ

【シロのイボその後~病理検査は問題なし!傷の抜糸もしました】

先月末のシロのイボ切除痕がようやく抜糸できるようになり病院へ。傷はちょっぴりカサブタがあるものの無事塞がったようです。そして病理検査の結果も先生によれば問題なし。めでたく無罪放免となりました。悪性じゃなくて本当に良かったです。
2019.04.07 0
猫家計簿

【2018年2月猫費~引き続きフクのフードジプシー中】

今回は公開が遅れている2018年2月分の猫費になります。既にフクはいないのに、まだ元気だった頃のものをまとめるのは少々しんどいですね。2月はシロの検査でしたが大きな変化なし。フクは口内炎がだんだん悪化し始め、ステロイドで抑え切れなくなっていました。口腔環境改善のために新しい乳酸菌サプリメントを購入したものの、抵抗されてフクには使えず。そのままクロ用になりました。
0