「 介護食 」一覧

【猫に使える流動食を高カロリーな順にまとめてみた】※随時更新

【猫に使える流動食を高カロリーな順にまとめてみた】※随時更新

流動食を選ぶ目安としてカロリーの高い順に表(リスト)にしてみました。ゲル、液体、粉末、ペースト、ミンチにわけ、全種類カロリーとたんぱく質量で比較。入手しやすいものを中心にわかる範囲で一通り網羅してます。愛猫の食欲がない時や痩せてしまった時に、主観ではなく客観的にフードを選びたい方はぜひご参考になさってください。(主観も知りたいという方には、猫4匹に実際に試食してもらったフードレポにもリンクしています。)また、別ページに腎臓療法食のドライフード一覧表(高カロリー順)も作りましたので、状態にあわせてご利用いただければ幸いです。

【食欲はあるけど猫用高栄養剤フェロビタも使ってみた感想】

【食欲はあるけど猫用高栄養剤フェロビタも使ってみた感想】

フェロビタは猫のペースト状高カロリー栄養剤です。食欲が落ちてから使う方法もありますが、まだある程度元気なうちからちょこっとずつ栄養補給用に使うというのも意外とアリかも。うちの3猫達に味見してもらいました。え?高嗜好性?ツナフレーバー?^^;

【3匹で試食・高嗜好性栄養補給食 APPE(アペ)】

【3匹で試食・高嗜好性栄養補給食 APPE(アペ)】

猫もさまざまな病気で体力が落ちてくると普通の食事が難しくなります。場合によっては人間が栄養補給のお手伝いをする必要もでてくるでしょう。そんなときに選択肢に入ってくるのが「高栄養食」。緊急用の高栄養食にもいくつかのタイプがありました。ウェットフードタイプ、リキッドタイプ、ゲルタイプ、粉末タイプなどです。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280