「 介護食レポ 」一覧

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

食道チューブの要領が掴めてきて体重も4.9kgと順調に増加中。この一週間でお世話になった流動食3種と、傷口保護用の包帯3種。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。給餌中も安らかに眠る姿を見て、ようやく「やって良かった」と思えるようになりました。

【4匹で試食・メルミルなめる栄養食11歳~腎臓・心臓に配慮( まぐろ、かつお)】

【4匹で試食・メルミルなめる栄養食11歳~腎臓・心臓に配慮( まぐろ、かつお)】

「メルミルなめる栄養食」シリーズはなめらかなペースト~液状の総合栄養食で、11歳用、15歳用、18歳用の3種類。それぞれにまぐろとかつおの2タイプがあります。今回は3種類のうち一番のヤングむけ、11歳用のまぐろとかつおそれぞれを、4匹に試食してもらいました。

【3匹+1で試食・チューブダイエット猫用キドナ(腎不全用流動食)】

【3匹+1で試食・チューブダイエット猫用キドナ(腎不全用流動食)】

ようやくパウダータイプの腎不全用流動食「キドナ」を取り寄せました。忙しくてどうしても時間がとれない平日の朝などは、こちらの粉末タイプも併用して何とかやっていく予定です。基本はk/d+水で流動食を作るように病院から言われているのですが、準備も給餌作業もキドナだとやはり楽なのです。

【食欲はあるけど猫用高栄養剤フェロビタも使ってみた感想】

【食欲はあるけど猫用高栄養剤フェロビタも使ってみた感想】

フェロビタは猫のペースト状高カロリー栄養剤です。食欲が落ちてから使う方法もありますが、まだある程度元気なうちからちょこっとずつ栄養補給用に使うというのも意外とアリかも。うちの3猫達に味見してもらいました。え?高嗜好性?ツナフレーバー?^^;

【3匹で試食・高嗜好性栄養補給食 APPE(アペ)】

【3匹で試食・高嗜好性栄養補給食 APPE(アペ)】

猫もさまざまな病気で体力が落ちてくると普通の食事が難しくなります。場合によっては人間が栄養補給のお手伝いをする必要もでてくるでしょう。そんなときに選択肢に入ってくるのが「高栄養食」。緊急用の高栄養食にもいくつかのタイプがありました。ウェットフードタイプ、リキッドタイプ、ゲルタイプ、粉末タイプなどです。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280