ラプロス

フク(保護猫)

【経鼻カテーテルでも吐き出し~緩和ケアへの移行】

退院後の食道カテーテル吐き出しに次いで、経鼻カテーテルでもそれが起こってしまいました。使える薬を全て使っていても吐き気のコントロールがかなり難しくなってきています。あとは細く細く、フクががんばれるところまで…。ここで一度、現時点でのフクの治療や薬などもまとめておきます。
2019.01.03 5
情報

【病気猫がいるときの一泊対策(+ミニ旅行記)】

ブログを一回お休みしてしまいましたが京都より無事戻ってまいりました。旅行中一番の心配は今まさに体重が下降線を描いているクロとフクの体調です。ある程度の世話は家族に頼むこともできますが、薬とサプリメント、輸液、強制給餌については私のほかにやる人間がいないので諦めるしかありません。ただ幸いなことに、体重が減り気味な以外は二匹とも割と安定しています。一日や二日で大きく悪化することもなさそうです。
2019.07.23 2
体調記録:検査・通院

【食欲も体重も落ち気味だけど、腎機能の数値は維持(ラプロス効果?)】

久々のクロの血液検査です。ナトリウムとカルシウムが少し基準値越えでしたが、BUNやCreに大きな変化はなくほぼ現状維持。ただ4月に入り、今までの食欲増進剤の量では食欲が戻らなくなりました。しばらくは食欲と体重の増加をめざし、対応していこうと思います。
2018.09.24 6
Sponsored Link
猫家計簿

【2017年10月猫費~いよいよラプロスの使用を開始】

今回は、遅れている2017年10月分の猫関連費用の公開です。10月からいよいよクロのラプロス服用がスタートしました。このまま悪化の一途かと思われた数値は飲み始めてから小康状態に。特に副作用等もなく安定しているので、ラプロスはクロに合っているのかもしれません。
2018.03.27 2
体調記録:検査・通院

【ラプロス開始から3ヶ月、悪化に歯止めはかかったか?】

三ヶ月ぶりの血液検査へ行ってきました。今回はラプロスを処方されてから初めての検査です。ラプロスは1日2回。自宅輸液は「3日に1回150cc」から「2日に1回100cc」のペースに変更していました。
2018.09.16 7
フク(保護猫)

【腎疾患と口内炎・食道チューブでQOL向上も~フクの治療の今後】

フクちゃんを連れてまた病院へ行ってきました。前回もらったインターベリーの口内炎への効果を確認するためと、今後あらたに食道ろう(カテーテル、チューブ)を設置する場合の、メリット・デメリットについての確認のためです。
2018.05.07 3