「 フク(保護猫) 」一覧

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

【食道チューブ奮闘メモ:流動食3種と保護用包帯3種を比較】

食道チューブの要領が掴めてきて体重も4.9kgと順調に増加中。この一週間でお世話になった流動食3種と、傷口保護用の包帯3種。実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。給餌中も安らかに眠る姿を見て、ようやく「やって良かった」と思えるようになりました。

【フクに食道チューブ(カテーテル)の設置手術をしてきました】

【フクに食道チューブ(カテーテル)の設置手術をしてきました】

急な展開ですが、保護猫フクに食道チューブ(カテーテル)の設置手術をしてもらいました。前回の更新直後にシリンジ給餌を全て吐いてしまい、これは経口が限界かもと考え病院で相談したところ、トントン拍子で日取りが決定。いよいよ食道チューブ生活がスタートすることになりました。

【フクの血液検査と、口内炎にともなう食欲不振対策】

【フクの血液検査と、口内炎にともなう食欲不振対策】

先月フクちゃんの血液検査をしてきました。口内炎の状態が良くなく、あまり自力で食べないので最近のメインご飯はシリンジによるキドナかカケシア。色々がんばっているものの、体重は少しずつ減ってきています。ストレス由来?の毛むしりも相変わらずずぽつぽつ…。あとはお通じのペースが大幅ダウン中です。

【フクの口内炎にインターベリー再開(と、簡単更新のおしらせ)】

【フクの口内炎にインターベリー再開(と、簡単更新のおしらせ)】

フクはここ数週間食欲が全くなく、口内炎が痛いのかと病院に連れて行ったら大ビンゴ。喉が塞がるほど真っ赤に腫れていました。対策として以前使用して一旦お休みしていたインターベリーを再開。そして新たに驚愕の事実が判明。前回のインターベリーの使用量、私間違ってました!

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280