「 使用レポ:フード 」一覧

療法食にケアフード、総合栄養食からジャンクやおやつまで。
ドライフード、ウェットフード、流動食(介護食)にいたるまでを、ひとつずつ猫たちに試食してもらいながらレビューしてくカテゴリー。
(ときどき人間も試食してます。)

【3匹で試食・BIOPUR(ビオピュア)ニーレン・エアクランクンゲン~ドイツ製腎臓用ウェット療法食】

【3匹で試食・BIOPUR(ビオピュア)ニーレン・エアクランクンゲン~ドイツ製腎臓用ウェット療法食】

ずっと前に買ったままだったドイツ製ウェット療法食を、ようやく試食してもらいました。ヒューマングレード、オーガニック認証素材使用、アレルギー対応のグルテンフリーとかなりのこだわりです。少し食べてみるとごく薄い塩味。そのあとお肉のうまみがほんのり舌に残ります。薄味だけど、これおいしい。人間が食べてもいけるんじゃなかろうか(笑)

【4匹で試食・1ST CHOICE(ファーストチョイス)10歳腎臓ケアチキン】

【4匹で試食・1ST CHOICE(ファーストチョイス)10歳腎臓ケアチキン】

ファーストチョイス腎臓ケア10歳以上用は療法食ではありません。腎臓に配慮されたシニア向けフードではありますが、一般に「ケアフード」「準療法食」などと呼ばれるタイプです。1stチョイスシリーズは原料はそこそこ安心、なおかつリーズナブル。メディファスと並ぶ高コスパの良心的ブランドといって良いかと思います。

【k/d缶を使った経鼻チューブ用流動食の作り方~フクの場合】

【k/d缶を使った経鼻チューブ用流動食の作り方~フクの場合】

フクに胃腸過敏が判明してからというもの、キドナ等は一切禁止されました。今許されているのはヒルズk/d缶(156g)で作るペーストのみ。「普通の食事に近い物の方が、合成された物(キドナ)より胃腸に優しいしお財布にも優しい」というのがかかりつけ病院の方針なのです。今回は、その教わった作り方を忘れないようにメモしておきます。

【4匹で試食・国産ナチュラルプレミアムフードねこはぐ~シニア猫さんにはおすすめかも】

【4匹で試食・国産ナチュラルプレミアムフードねこはぐ~シニア猫さんにはおすすめかも】

ブルーバッファローと同じ時期に入手した「ねこはぐ」の試食レポ。「グルテンフリーの国産ナチュラルプレミアムフード」だそうです。1.5kgとたっぷりあったので少し腰を据えて食べ具合を確認してみました。ブルーバッファローは我が家で惜しくもほぼ玉砕でしたが…ねこはぐの反応やいかに。

【4匹で試食・フィーライン シンプレックス ホース ~馬肉ベースのウェット総合栄養食】

【4匹で試食・フィーライン シンプレックス ホース ~馬肉ベースのウェット総合栄養食】

先日馬刺しが猫達に大好評だったので、試しに馬肉系ウェットフードを入手してみました。原料はすべてヒューマングレード。総合栄養食ではありますが、腎臓に配慮されたものではないのでご注意ください。リンやナトリウム量は不明なものの、塩味皆無だったのでナトリウム量はあまり心配いらなそうです。

【腎不全の猫でも馬肉って食べられるの?ただいま検証中】

【腎不全の猫でも馬肉って食べられるの?ただいま検証中】

週末、父が夕飯用に馬刺しを買ってきました。これがかなり美味しい馬刺し。獣肉が苦手な母ですら「美味しい!」と絶賛するほどです。「じゃあ、ちょっと猫達にもお裾分けしてやるか~」と父。うーん、クロやチョビはお刺身苦手だし……馬肉も生は無理じゃない?と思ったのですが、これが意外な結果となりました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280