【3匹で試食・猫用k/d 腎臓ケア早期アシストドライチキン】

猫用ヒルズk/d早期ケア ドライ

ツイッターでもちらっと予告しましたが、

かかりつけでk/d早期アシストのサンプルをもらえたので

さっそく猫たちに試食してもらいました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

腎臓ケア k/d早期アシスト

20g入りのサンプルです。

k/d早期ケア ドライ サンプルパッケージ表

サンプルパッケージ・表

原料・成分

k/d早期ケア ドライ サンプルパッケージ裏

サンプルパッケージ・裏(クリックで拡大)

原材料

原材料を徹底的に吟味し、高品質なたんぱく質を使用しています。

小麦、コーングルテン、米、チキン、動物性油脂、小麦グルテン、亜麻仁、チキンエキス、ビートパルプ、植物性油脂、魚油、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、アミノ酸類(アルギニン、スレオニン、タウリン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

引用 k/d™ 早期アシストチキンドライ(公式)※以下同

成分(乾物量分析値 [%])

臨床的に証明された栄養バランスで、ペットの長く健康な一生をサポートします。

たんぱく質34.0、脂質21.0、粗繊維1.5、炭水化物(NFE)8.4、カルシウム0.75、リン0.56、ナトリウム0.25、カリウム0.75、マグネシウム0.079、タウリン0.40、カルニチン550.0 ppm、ビタミンE 1123 IU/kg、DHA 0.200、EPA 0.294、オメガ‐3脂肪酸1.62、オメガ‐6脂肪酸4.70、銅 15.8 ppm、総食物繊維5.9

2019年8月22日 追記

サンプルパッケージに記載されていた成分の保証分析値は以下のみ。
たんぱく質29.0%以上
脂質17.0%以上
粗繊維4.0%以下
灰分6.0%以下
水分8.0%以下

代謝エネルギー

100gあたり420kcal

特徴

k/d 早期アシストシリーズ

猫 k/d 腎臓ケア 早期アシストドライ

・リンを早期の腎臓病の管理に適した量に調整。腎機能の保護につながります。

・早期腎臓病の管理に適した量の良質なたんぱく質で腎臓の負担を軽減し、筋肉の生成を助けます。

・消化率の高いフードです。

・免疫系の健康をサポートする抗酸化成分を配合。

・腎臓の炎症に対応する魚油由来オメガ-3脂肪酸配合。

必ず獣医師の指導のもとに給与してください。

腎臓は血液中の老廃物を濾過及び排出する役割を担っており、体内の体液量やミネラルバランスを調整しています。
早期の腎臓病では症状が出ないため、異変を感じたときには腎臓の機能がかなり低下している場合もあります。
一度腎臓の機能が低下すると、その状態を回復させることは難しいと言われています。

ヒルズの栄養学者と獣医師が開発したプリスクリプション・ダイエット™ 〈猫用〉 k/d™ケイディー早期アシストは、リンやナトリウムなどを早期の慢性腎臓病の猫のために調整された、あなたの愛猫の腎臓ケアを早期からサポートする特別療法食です。
k/d™早期アシストの栄養は、早期の慢性腎臓病(CKD)の猫の腎機能マーカーを安定させることが科学的に証明されています。

ドライフード 製品サイズ:500g/2kg

製品の特長

原材料を徹底的に吟味し、高品質なたんぱく質を使用しています。

製品の特長:
リンの調整と低ナトリウムを実現
高レベルの魚油由来オメガ‐3脂肪酸と抗酸化成分を配合
良質なたんぱく質を適切なレベルで配合
全ての必須アミノ酸をバランスよく配合し、L-カルニチンを強化

ペットにとってのメリット

心臓と腎臓の健康に役立ちます。
筋肉量の維持をサポートします。

その他の情報

原産国名:アメリカ合衆国

給与量の目安

最適な体重を維持するために、与える分量を調整しましょう。

k/d 腎臓ケア 早期アシストドライ給与量

体重グラム / カップ
2 kg34 g / 0.3
3 kg46 g / 0.4
4 kg57 g / 0.5
5 kg67 g / 0.6
6 kg77 g / 0.7
7 kg86 g / 0.8

※代謝エネルギー100gあたり420kcal、200㏄カップは約108gです。

高齢猫と若い猫の必要なカロリーのちがいについて

高齢の猫は、若い猫にくらべて代謝がおちているぶん

必要なエネルギー量(カロリー)もだいぶへっています。

以前、本当のところはどれくらいちがうの?と疑問に思い、

クロのケースからその量を推察してみたことがありました。

【いま本当に必要なエネルギーはどのくらい?】
先日の検査で判明したクロの体重増加は嬉しかった反面ショックでもありました。あげていた量が猫の一日必要量とされているレベルに全然足りてないと思っていたからです。足りないからがんばって食べさせていたのに………なぜこんなに太る???

一般に成猫が体重1kgあたり必要なエネルギーは70~80kcalといわれますが

実感としては、高齢猫だとその7割くらいで体重が維持できる印象でした

(2014年時点のクロの場合)

これには個体差もあると思いますので、食べている量と体重の変化を記録しながら、

おうちの猫さんの必要量をいちどくらい計算してみるといいかもしませんね。

k/dとk/d早期アシストのちがいは?(ドライ)

やってみたところであまり参考にはならないかもしれませんが、

k/dチキンとk/d早期アシストチキン(ともにドライ)の成分と原料を比較してみました。

成分

公式サイトに表記されていない成分は「-」で表示。

k/dチキンk/d早期チキン
たんぱく質29.434.0
脂質22.621.0
粗繊維1.11.5
炭水化物41.738.4
カルシウム0.760.75
リン0.490.56
ナトリウム0.250.25
カリウム0.740.75
マグネシウム0.0610.079
タウリン0.210.40
カルニチン543.6 ppm550.0 ppm
ビタミンC113 ppm
ビタミンE602 IU/kg1123 IU/kg
DHA0.200
EPA0.294
オメガ‐3脂肪酸0.871.62
オメガ‐6脂肪酸3.494.70
15.8 ppm
コンドロイチン硫酸323 ppm
グルコサミン348 ppm
灰分5.2
ベータカロテン3.27 ppm
ビタミンA9946 IU/kg
ビタミンD1006 IU/kg
総食物繊維5.9

※早期アシストにもビタミンCやAがはいっているので(原材料参照)、特筆すべき点がない成分は数値が省略されているみたいです。

原材料

おおまかな成分は独自に分類しています。

分類内の掲載順は公式サイトに準じました。

両者の原材料中でとくにちがったものは太字になっています。

k/dチキンk/d早期チキン
炭水化物米、小麦小麦、米
脂肪動物性油脂、魚油、植物性油脂動物性油脂、亜麻仁、植物性油脂、魚油
たんぱく質コーングルテン、トリ肉(チキン、ターキー)、エンドウマメ蛋白全卵米蛋白コーングルテン、チキン、小麦グルテン
食物繊維ビートパルプビートパルプ
ミネラル類カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素
アミノ酸類アルギニン、スレオニン、タウリン、トリプトファン、メチオニン、リジンアルギニン、スレオニン、タウリン、メチオニン、リジン
ビタミン類A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリンA、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン
ほかチキンエキス、乳酸、、カルニチンチキンエキス、乳酸、カルニチン
酸化防止剤ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物

表記順=含有量順と仮定すれば、

「米の多いk/d」「小麦の多い早期アシスト」などの特徴がみえてきます。

ただ、このへん素人的には、それによってどのような差がでるのかわからないのがざんねん。

腎不全の猫にあげてもだいじょうぶ?

「k/d早期アシスト」は腎疾患用に分類された療法食ではありますが、

あくまでも早期の段階に特化した設計になっていると思われます。

すでに進行した腎疾患の猫さんにつかう場合は、かかりつけの病院でご相談ください。

うちの場合は食欲の低下で療法食全般をたべなくなっているため、

「たんなるシニアフードやケアフードよりはいくらかまし」という病院の判断で

サンプルがだされたのだと思います。

人間目線のみためとにおい、味

みため

円柱をスライスしたような形状でした。

ミニミニサイズのアイスボックスクッキーみたい…。

k/d早期ケア ドライ 中身

粒のおおきさは8mm前後。

あつさは4mm弱。

k/d早期ケア ドライ 大きさ

ボリューム的にはメディファス15歳ベストエイジ10+とおなじくらい。

k/d早期アシストのほうが、すこしだけ粒のエッジがシャープです。

k/d早期ケア ドライ 大きさ比較

におい

こうばしい穀物系。

肉や魚の風味はほとんど感じませんでした。

舌にのせるとかすかな塩味がありますが、

口のなかでころがしているとなくなるので表面だけについているようです。

かたさはけっこうしっかりしており、カリッとした歯ごたえでした。

あとあじはわずかにスモーキー?なかんじで、こうばしさがのこりました。

3匹の反応(クロ、チョビ、シロ)

クロ

クロとk/d早期ケア  クロとk/d早期ケア

クロ アイコン「……(くんくん)」「これはたべられません!(キリッ)」

。 ・゚・(ノД`)・゚・。

ペロッとなめてはくれましたが、けっきょくひと粒もたべませんでした。

チョビ

チョビとk/d早期ケア チョビとk/d早期ケア

チョビ アイコン「あら、これはなぁに?(2~3粒たべる)」「…それ、もういらないわ」

(´・ω・`) ハイ…

好奇心からすこし口をつけたものの、とちゅうであきた、という風情。

シロ

シロとk/d早期ケア

シロ アイコン「うまいうまい!」

(;´-`) 。o○(安定の食欲)

腹ペコだから口にはいればなんでもいいのよね…

クロチョビシロ
k/d 腎臓ケア 早期アシスト ドライクロ ダメアイコンチョビ アイコンシロ アイコンシロ アイコンシロ アイコン

クロ ダメアイコン ……………これきらい
クロ アイコン……………ちょっとならOK
クロ アイコンクロ アイコン…………んーまあまあ?
クロ アイコンクロ アイコンクロ アイコン………おいしい!

うちの反応は全体的にイマイチのようですね~。

(シロは基本なんでもたべるので考慮してません)

こんなときにつかうのがおすすめ

「早期アシスト」というネーミングでもありますので、

腎疾患の初期につかうのがいちばんベストかと思います。

以前作成した一覧表で確認してみるとけっこう高カロリーな部類ですし、

食欲がおちぎみの猫さんには体重キープにひとやくかってくれるかもしれません。

ただ腎疾患用にしては案外たんぱく質の量がおおい(34%)ので、

腎疾患のレベルが中程度以上で、なおかつ食欲が旺盛な猫さんの場合は

たくさんたべることで数値がわるくなる可能性もないとはいえません。

かかりつけの病院で、いちど相談してからのほうが安心かと思います。

おもな入手先

入手先 楽天 | Amazon | Yahoo!

メジャーブランドなので動物病院でもほぼ確実にとりあつかっていると思います。

メーカーも病院むけにサンプルを配布しているようですし、

気になる場合はサンプルがあるかいちど病院にきいてみるといいでしょう。

ほかの療法食をおさがしであれば、こちらの記事もどうぞ。

【高カロリー順・腎臓疾患用ドライフードの一覧表(療法食+準療法食)】※随時更新
腎疾患用のドライ療法食を選ぶ目安として、カロリーの高い順に表(リスト)にまとめました。たんぱく質、リン、ナトリウム量でも比較可能。入手しやすいものを中心にわかる範囲で一通り網羅してます。食が細くなりがちな腎臓病の猫さんにお役立てください。当ブログ内の個別フードレビューへのリンクもあります。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング