【使用レポリクエストからのアンケート~投票受付中です】

クロ 2018/10/11

先日の告知から2週間以上たちましたので

使用レポへのリクエストは受けつけ終了とさせていただきました。

【感謝企画のおしらせ~使用レポのリクエスト受付中】
フクの体調が悪化してから亡くなるまで、たくさんの応援やご支援をいただきました。何かの形でお礼がしたいと考えていたのですが、ブログご愛顧の感謝企画として「リクエストによる製品使用レポート」なんていかがでしょうか。サプリでもフードでもグッズでも構いませんので、ただ今リクエスト大募集中です!

思ったより数があつまってくれてホッとしました。

(ぜんぜん反応なかったらどうしようと思ってた)

このなかからまずひとつを選びたいので、あらためてアンケートをとらせてください。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

アンケートへのご参加おねがいします

(名前があがったものについてのかんたんな説明は次項をご参照ください)

  1. 無記名ですが、投票はおひとり一回までとさせていただきます。
  2. 複数回答を選択できます。希望項目のボックスにチェックをいれ、「投票」ボタンをクリックして投票してください。
  3. 結果は投票後のページで確認できます。
  4. 追加で選択肢をふやしたいときは「Other(そのほか)」の「Please Specify: (指定してください)」のボックスに入力してから「投票」ボタンをクリック。(今回のリクエストとしてはカウントしませんが、今後ブログでとりあげる参考にさせていただきます。)
  5. 投票後に表示される「Next」ボタンをクリックしていくと、投票傾向などが表示され、コメントも入力できます。「これの、とくにこの部分がしりたい」などご希望があればご記入ください。参考にさせていただきます。(なにもなければコメントは不要です。)
  6. 集計期間は2018年10月12日~19日までの1週間の予定です。(Twitterでの告知はすこし前だおしでしており、すでに集計も開始しています。)

以下に当ブログでとりあげてほしいものがあれば、選択のうえ投票をおねがいいたします。

2018年10月20日追記 投票は終了しました。ありがとうございました。

 猫の腎不全とおつきあい 感謝企画
使用レポでとりあげてほしいものはなんですか?

アゾディルペット用体重計ネクトン キャットM
ペット用血圧計
ペット監視カメラ赤外線体温計(非接触型)自動給餌器爪とぎカリカリーナペット専用コタツ防災関係

ひろく意見をうかがいたいので、SNSなどでもシェアしていただけるとうれしいです。

その場合はこのページにリンクしていただくか、

アンケートページへリンクをお願いします。(※投票は終了しました)

これまでにあがったもの

アゾディル

もともとアメリカではよくつかわれている乳酸菌製剤で、評判もいいとか。

生菌のため要冷蔵で、きちんとした温度管理が必要です。

血液検査の数値改善に効果があったという口コミもあるようでした。

腸で作用するものなのでカプセルごと飲ませるの基本ですが、サイズはちょっとおおきめ?

1日2回の服用です。

ペット用体重計

写真の製品 「ペットくん」はうちのかかりつけ病院でもつかっていました。

(色ちがいでグリーンもあり)

ただし、投票の対象はこの製品にかぎりません。

もし具体的な製品の希望があれば、アンケートのコメントにご記入ください。

ネクトン キャット-M

ドイツ製の猫用サプリメントです。

「ミネラル、微量元素、ビタミン、そして必須アミノ酸を含む栄養価の高い猫用栄養補助食品」という説明。

あたらしいものなのか、使ってるひともまだすくなめ?(⇒ 楽天の口コミ

ドイツ製なのでものはよさそうです。

ペット用血圧計

さいきん一般用に発売されたペット用血圧計です。

獣医療関係者でなくても入手できるようになってありがたいのですが、それでもお値段はわりとたかめ。(2万くらい)

ちなみにプロ用の製品は数十万するとか (°д°lll)

追記 その後購入し、レビュー作成しました。

【ペット用血圧計エルデを3匹で使ってみた~猫の血圧測定は難しい?詳細レビュー】
先月届いたペット用血圧計のエルデ。しばらく時間をかけてじっくり使ってみました。基本的な使い方は人間用と同じ。ただ猫の血圧は人間と違ってとても不安定かつ不正確になりやすいそうです。動物病院でなるべくきちんと測れるコツを教えてもらってきたので、以下で詳しく解説します。

ペット監視カメラ

こちらも種類がいろいろあるので、おおまかなくくりで。

希望がおおければまたアンケートして製品をしぼるかも…。

(私も興味あるので、投票結果関係ナシでとりあげる可能性もあり)


 

赤外線体温計(耳型、非接触型)

耳やこめかみではかるタイプで、ペット用と人間用がありました。

ペット用はちょっとおたかめ。

  

自動給餌器

時間がくるとフタがあく単純なタイプから、監視カメラ付の高機能版までいろいろあります。

こちらも希望がおおければ再リサーチします。



防災関係

具体的な製品まではあがっていませんので、希望があれば製品名もそえて投票いただけるとありがたいです。

 

爪とぎカリカリーナ

数千円~数万円の高級爪とぎ!

リクエストでもなければうちには一生縁がなさそうです(笑)

ペット用コタツ

こちらもいくつか製品がありますが、口コミはおおむね好評のようですね。

ちなみにうちは人間用のコタツを猫に開放しています。

リストからはずしたもの

下記のものはすでにうちにあるので、今後とりあげていきたいと思っています。

MYCARBON 赤外線温度計

いただきものの、物体の表面温度をはかる温度計です。(ありがとうございます)

本来体温計としては使えないらしいのですが、

フクのときはテンパっており、説明書もろくに読まず体温をはかってみてました。

(1~2度やってみてあまり参考にならないことがわかりましたが ^^;)

飲み水の温度やコタツ内の温度をはかったりするにはいいかもしれません。

加温した皮下点滴パックの温度をみるのにもいいかな?

カリナールコンボ

カリナール1と2の機能があわさったサプリメント。

うちのかかりつけでは、コンボ発売後は全面的にこちらに切りかえたそうです。

1と2を併用するよりはコスト的にいいかもしれません。

KDヘルス

腎臓の健康維持に役だつ機能性成分を配合したサプリメント。

尿素サイクルやアンモニア代謝、リンやナトリウムの吸着などを総合的にケアします。

たまのおねだり(tama)」さんオリジナルの、腎臓に特化した製品です。

わりと品ぎれになることがおおく、2018年10月11日現在も売りきれ中。



イパキチン

炭酸カルシウムとキトサンで、リンと老廃物を吸着するサプリメントです。

ひきつづきのおしらせ

フクがなくなって一ヶ月がたちました。

これを機に、保護まもないころのフクの動画をひとつ、有料note(第二段)のおまけとして追加してみようと思っています。

【フクの記録をnoteで公開しました(第二段)】
前回に続き、noteでフクの記録の後半部分をを公開しました。亡くなる前後についても詳細に書かれているため、一部有料設定にさせていただいてます。かなりのボリュームですので、前半を読んで内容に納得されたらご利用ください。noteの公開については一旦ここでお休み。次回からは通常のブログ更新にゆるゆると戻る予定です。

それにともない、10/15に価格を100円から200円へ改定させていただきます。

まだ未入手で迷われているかたはどうぞおはやめに。

すでにご購入いただいている場合は、追加課金なしでおまけも見られます。

10/15以降に、ご購入いただいたnoteからご確認ください。

よろしくおねがいいたします。

(約7,900文字・画像13枚) ⇒ 保護猫フク・闘病最後の三日間【1】はこちらからどうぞ。 ご注意ください この記事の有料エリア内には、猫が息を引き取ったあとの描写や写真が含まれています。 ご理解のうえご購入・閲覧いただければと思います。 __________________ ...

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング

『【使用レポリクエストからのアンケート~投票受付中です】』へのコメント

  1. 名前:にゃあ×3 投稿日:2018/10/17(水) 09:53:38 ID:8c62d68b1 返信

    アンケート、よく読まずにポチしていて、ちょっとうっかり。
    防災にしましたが、元気なにゃんずならまぁなんとかなりそうですが、投薬やら補液やらしているにゃんずの持ち物って最低限かつ困らないにしたいのです。
    Mさま在庫についてはあったと思いましたが、災害時だとまた話は別のようで。
    来ないことが一番ですが、やはり備えたいです。
    我が職場、絶対帰宅させてくれなさそうだし。

    • 名前:M 投稿日:2018/10/17(水) 11:06:24 ID:1d7ff08c4 返信

      にゃあ×3さん

      療法食と猫砂だけは在庫切らさないようにしているのですが、輸液、薬についてはうっかりするとギリギリになりがちです…。
      飲み水も最近はほとんどストックしていなかったし、改めて考えると確かに問題山積み。
      これはこれで、使用レポとは切り離してじっくり見直したい気がします。
      むしろ新たなテーマとしてブログに組み込むべきかもしれません (v_v)