肛門嚢(のう)破裂治療2~腎臓病の兆候

クロ 2014/7/8

クロは、夜中になんども水をのんでいました。

あらためて思いかえせば、このへんから腎臓病をうたがうべきだったのかもしれません。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

夜中~早朝

ねる前においたカリカリは、ぜんぶたべおえていました。

4時頃からそわそわ落ちつきがなくなり、猫トイレで2日ぶりのおしっこ。

量はいつもとおなじくらいでした。

せっかくクロのためにベッドをあけたのに、

夜中なんども私のふとんにやってきました。

うれしい反面、なにか不調や不安があるのかと心配になります。

ごはんをあげると、カリカリはたべないものの水だけはのんでいます。

食欲がなく、のどがかわいている状態だったのでしょうか。

このときはたんにカラーが不快でたべないのだと解釈してしまいました。

夕方

仕事から帰ってクロをみてみるとエリザベスカラーがはずれており、

傷をなめて赤むけにしていました。

やはり手製のカラーではだめなのかもしれません。

病院でサイズのあったものを買う必要がありそうです。

心配になり病院へ

うんちをまったくしていないのがひどく心配になってきたので、

診療がおわるまえにと動物病院にかけこみ、念のためみてもらうことにしました。

以下院長先生談。

  • おしっこは卵大くらいたまっているていど。
  • ウンチもそんなにたまっていないので、まだ大丈夫。
  • 熱は38.5度で平熱。
  • 顔にも力があり心配なさそう。
  • 皮ののびぐあいを見るとやや脱水気味なので、皮下点滴をしておく。
  • 傷のまわりでしろい部分が死んだ皮膚。
  • 見ためでひとまわり傷口がちいさくなってるので、経過は順調。
  • もうでてくるものもないし、あとはなおるだけ。

帰宅後

お気にいりの洗濯かごにはいっておとなしくしていました。

こころなしか朝より元気がでたようにもみえます。

夜は、ドラッグストアで買ってきたモンプチパウチを完食してくれました。

その後トイレにおしっこたっぷりと、ウンチをすこし。

薬は朝晩ともにのませました。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング