「 使用レポ:フード 」一覧

【フク+3匹で試食・ロイヤルカナン腎臓サポート リキッド(腎不全用流動食)】

【フク+3匹で試食・ロイヤルカナン腎臓サポート リキッド(腎不全用流動食)】

スムーズに回復してきたフクちゃんでしたが、薬を止めて1週間で口内炎が悪化して食欲が落ちてきました。お蔵入りになっていたこの腎臓サポートリキッドが今回は大活躍。ほんの少しとろみのあるクリーム色の液体でにおいは特別強くありません。味のクセもほとんどないです。

【3匹+1で試食・チューブダイエット猫用キドナ(腎不全用流動食)】

【3匹+1で試食・チューブダイエット猫用キドナ(腎不全用流動食)】

ようやくパウダータイプの腎不全用流動食「キドナ」を取り寄せました。忙しくてどうしても時間がとれない平日の朝などは、こちらの粉末タイプも併用して何とかやっていく予定です。基本はk/d+水で流動食を作るように病院から言われているのですが、準備も給餌作業もキドナだとやはり楽なのです。

【3匹で試食・腎臓用の新療法食サニメドSANIMED リーナル(オランダ製猫用ドライフード)】

【3匹で試食・腎臓用の新療法食サニメドSANIMED リーナル(オランダ製猫用ドライフード)】

サニメドで現在入手できる猫用療法食は、アンチストルバイトとリーナルの二つ。合成保存料などは不使用で比較的安心できそうですし、価格もロイヤルカナンなどに比べるとお安めです。ただサニメドは、入手までの道のりが微妙に面倒でした。

【3匹で試食・ロイヤルカナン満腹感サポート ~タンパク質はやや多め】

【3匹で試食・ロイヤルカナン満腹感サポート ~タンパク質はやや多め】

かかりつけの動物病院で、シロのダイエット対策としてこのサンプルを渡されました。今後シロが常用できるかどうかの検証も含めて、3匹に味見してもらいます。腎不全用ドライフードのタンパク質は29%をボーダーとすると、タンパク質はちょっと多めで、腎臓への負担もやや高めです。

【3匹で試食・アルモネイチャーデイリーメニューチキン】

【3匹で試食・アルモネイチャーデイリーメニューチキン】

先日、アルモネイチャーデイリーメニューシリーズのソフトムースを購入してみました。同シリーズのムース缶はわりと好評だったので、期待をこめてのチョイスです。成分がもうちょっと詳しく書かれていればありがたかったです。タンパク質量は問題なさそうですが、ナトリウムとリンの数値も知りたいところ。人工着色料、人工香料、化学的防腐剤は使用していません。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280