「 使用レポ:サプリメント 」一覧

【現在のフードとサプリメント2~美ちょう寿、水素水、ビタミンB】

【現在のフードとサプリメント2~美ちょう寿、水素水、ビタミンB】

美ちょう寿は人間用のサプリメントで、腎臓病の方が実際に服用されている製品です。臨床データや成分もはっきりしているので猫にも安心。水素発生剤を使った「水素水7.0」は個人的にはかなり使いやすくいい感じ。猫の腎臓病ではビタミンB群が不足しがちですが、飲ませる場合はコンプレックス(複合)タイプがよいそうです。

【現在のフードとサプリメント1~メディファス、ネフガード、智通】

【現在のフードとサプリメント1~メディファス、ネフガード、智通】

先日の記事で今回のクロの検査結果がわりと良かったことを書きました。現在の愛用サプリメントの詳細など、前回書けなかったものを、参考までにちょっと追加で記録していこうと思います。何回かにわける予定なので、今回は、フードの選択・ネフガードの常用・智通の継続について書いてみます。

【アキュエラ水素水7.0ppmの使用レビュー(裏技あり)】

【アキュエラ水素水7.0ppmの使用レビュー(裏技あり)】

これまでいくつかアルミパウチの水素水をレビューしてきましたが、いよいよ水素発生剤タイプの「アキュエラ水素水7.0ppm」に挑戦してみました。今回は実際に使ってみた感想とメリット・デメリット、さらにお得に使う裏技的な作り方や使い方などもご紹介します。

【便秘解消サプリメント「ベンスルー」に効果はあるか?】

【便秘解消サプリメント「ベンスルー」に効果はあるか?】

腎不全以降なぜか定期的に便秘っぽくなります。まだ繊維質メインの便秘薬をほとんど試したことがないので、クロが体質的に使えるかどうかのテストとして、今回挑戦してみることにしました。今回は初めての使用ということもありちょっと少なめでスタート。

【水素水キヨラビを常温保存で濃度テスト:12h~96h】

【水素水キヨラビを常温保存で濃度テスト:12h~96h】

腎臓が悪い猫には冷えもよくないということなので、なんとか冷たくない水素水を飲ませようとあれこれ画策しております。とりあえず水素水を常温保存したときの濃度変化を調べてみました。室温保存であるていど水素量の維持ができるようであれば、ひえひえの水素水を飲ませなくてもすむのでは?

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280