【FCVリキッド~犬猫の貧血用サプリを試してみた(リキッドタイプ)】

今回は、書きかけ途中だった未公開記事を完成させてアップしたものです。
写真が一部夏っぽいのはたぶん気のせい! (;・∀・)
(そろそろ本気で時間がなくなってきました)

フクちゃんの貧血対策シリーズです。

これまで、液状のペットチニック錠剤のヘモテクトをためしてきました。

【ペットチニック、コロイダルシルバー、ササヘルス~貧血と口内炎のフクちゃんに】
【ヘモテクト~犬猫の貧血用サプリを試してみた(タブレットタイプ)】

ヘモテクト

先日、ペットチニックとは別の液体タイプをセールでみつけたのでさっそく購入。

フクちゃんにもためしてもらったのでメモしておきます。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

製品名:FCVリキッド

FCVリキッド ボトル FCVリキッド パッケージ表 FCVリキッド パッケージ裏

原料・成分

FCVリキッド パッケージ側面 FCVリキッド ボトル側面

◆成分
鉄 2.5 mg、銅 40 μg、ビタミンB1 480 μg、ビタミンB2 200 μg、ビタミンB3 2.1 mg、ビタミンB5 360 μg、ビタミンB6 240 μg、ビタミンB12 0.5 μg

◆その他成分
水、還元水飴、鰹節エキス、ソルビン酸カリウム、パラベン類

◆栄養成分表示 -100gあたり-
たんぱく質 0.2 %、脂肪 1.2 %、糖質 40.9 %、灰分 0.2 %
エネルギー 175 kcal

公式 ミネルヴァFCVリキッド)以下同

特徴

FCVリキッド パッケージ側面 FCVリキッド ボトル側面

貧血時や、病中・病後の栄養補給に!

①鉄分、銅、ビタミンB群の補給
②給与しやすいリキッドタイプ
③スポイトが一体化したビンで使いやすい

◆内容量
30ml

◆原産国】
日本

◆給与の目安 (下記の量を1日2回)
5kg未満 0.5~1.0 ml、5~10kg 1.0~1.5 ml、10~15kg 1.5~2.0 ml

◆使用上の注意
・ 給与中の健康状態に異常がみられた場合は、給与を中止してください。
・ 生後3ヶ月、妊娠・授乳期の場合は、獣医師と相談の上与えてください。
・ 高温多湿・直射日光の避けて保存してください。
・ お子さまの手の届かないところに保存してください。
・ 本品は動物用です。
・ 賞味期限を過ぎた製品は与えないでください。

腎不全の猫にあげてもだいじょうぶ?

栄養剤なので、規定の範囲内であげるぶんには基本的に大丈夫だと思います。

貧血改善のためにペットチニックやヘモテクトを飲んでいる猫さんなら、おなじように使えます。

 

ひどい貧血症状はないけれど予防にのませたい、という場合は、鉄の過剰摂取に気をつけてください。
鉄分過剰は活性酸素をうみだす原因にもなるそうなので、ヘモテクト同様あまり安易にあたえていいサプリメントではないかもしれません。

参考 過剰な鉄ががんを引き起こすメカニズムを個体レベルで明らかに」(文部科学省科学研究費新学術領域研究/がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動)

人間目線のみためとにおい、味

ビンにスポイトが内蔵され、さらにプラスチックのキャップつき。

スポイトはガラス製でした。

FCVリキッド 箱を開ける

じっさいにスポイトを使ってみると、ちょっと吸いあげにくい印象。

使いやすさの点ではペットチニックのスポイトにやや軍配があがります。

FCVリキッドをスポイトにとる

ふつうに一回すいあげるとこのくらいの量

1スポイト0.5ml。

体重約5kgのフクちゃんなら一日に1~2スポイト(0.5~1.0ml)になります。

みため

色はあざやかな黄色です。

FCVリキッドをお皿にとる

ペットチニックは濃くてとろみがありますが、FCVリキッドの液はサラサラしています

におい

人間的には、とくにこれといったにおいは感じません。

成分に鰹節エキスとありますが、まったくわかりませんでした。
猫ならわかるんでしょうか。

ちょっとなめてみました。

かなりあまいです。
人工的なあまさのシロップという感じ。

苦味や、ヘモテクトのような酸味はありませんでした。

フクちゃんの反応

写真を撮りわすれてしまいましたが、フクちゃん大好物のおさしみにこのFCVリキッドをたらしてだしてみました。

たまにおさしみをあげるときはペットチニックとレンジアレンをまぜて出すのが定番で、フクちゃんはいつも残さず食べてくれます

じゃあFCVリキッドでも大丈夫かな、とペットチニックとチェンジ。

結果……

いっさい口をつけてくれませんでした。

ペットチニックは嗜好性がたかいという口コミをよくみますが、うちでフクちゃんに使ってみた印象でもそんな感じですね。

なにがちがうのやら。

フク2017/8/3

アレきらーい。

こんなときにつかうのがおすすめ

FCVリキッドもペットチニックも、多少質感のちがいはありますが液状という点では同じです。

両方それぞれしばらくつかってみましたが、効果もそんなにおおきく変わりませんでした。(うちの場合)

とりあえずは猫さんのこのみできめるしかないでしょうか。

以前ペットチニックが一時品切れになっていたときは、代替品としてこのFCVリキッドがよく使われていたようです。

FCVリキッドやペットチニックのような液タイプだと、好きなウェットやおやつにまぜることができるので、気にしない猫さんならわりと使いやすいかもしれません。

【ペットチニック、コロイダルシルバー、ササヘルス、きえ~る~貧血と口内炎のフクちゃんに】
保護してからずっとフクちゃんは極端な貧血状態でした。たくさん栄養をとれば良くなっていくかと思いましたが、いまだに赤血球やヘモグロビンは最低基準値の半分以下。口内炎も、FIV由来なのかなかなか治まりません。うちの猫たちはこれまで貧血も口内炎もまだ経験していなかったので、フクちゃんの症状に効果がありそうなものをいくつか試すことにしました。

逆に味に敏感な猫さんだと、リキッドをフード類に混ぜるのはかえって難しい場合もあります。
そのようなときは錠剤のヘモテクトをためしてみてください。

【ヘモテクト~犬猫の貧血用サプリを試してみた(タブレットタイプ)】
今回は貧血対策として、新たな鉄系サプリメントを試してみたご報告です。このヘモテクト、猫に飲ませるタブレットとしてはわりと大きめの部類ですね。口内炎のあるフクちゃんにはちょっと無理そう……。ひとまずピルクラッシャーで粉にしてみましょう。

入手先


楽天 | Amazon | Yahoo!

さいごにちょこっと、無関係の宣伝

毎回宣伝すみません m(_ _)m

来月11月13日(月)から18日(土)まで、東京都中央区のギャラリーにて展覧会をおこないます。
(入場無料でセールスなどもいっさいありません。あいにく猫とはなんの関係もないジャンルなので「ぜひに」とは言いにくいのですが……)

首都圏にお住まいのかた、(具象でない)現代アートにすこしでもご興味おありのかたは、ご連絡いただければこちらから案内状をおくらせていただきます。
ブログの問い合わせページツイッターの個別メッセージなどからご一報ください。

会期中は、毎日ではないですが私も会場におります。

今回はすでに何件かお問い合せをいただいており、大変感謝です。
会場で直接お会いできることを楽しみにしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

『【FCVリキッド~犬猫の貧血用サプリを試してみた(リキッドタイプ)】』へのコメント

  1. 名前:サバトラーニャ 投稿日:2017/10/30(月) 13:49:49 ID:2d89015a8 返信

    Mさま、展覧会が関西で開催の際はぜひお知らせくださいね~♪

    こじらせている、にーにーの食欲不振ですが、
    遠い方のメインの病院で次の手のお薬の名前を確認したところ
    「ミルタザピン」とのことで、
    ネットで調べるとミルタザピン=レメロンでした!

    にーにーの主治医曰く、現在では一番副作用が少ない、他の臓器に悪影響がない
    食欲増進効果の見込めるお薬とのことでした。
    今週末に病院へ行って我が家でも試してみようと思います。
    どうかペリアクチンより効きますように!!!