【2017年3月猫費~シロとフクのケンカ】

クロ2017/6/16

腕枕でリラックスするクロ

今回は、遅れていた2017年3月分の、猫関連費用の公開になります。

2017年3月分の猫医療費

3月分の猫医療費の合計です。

2017/3 猫医療費

再診料 : 1,080円
処置(切開):1,620円
血液検査 :4,752円
輸液セット :4,320円
降圧剤(フォルテコール/内服) : 3,024円
抗炎症剤(ステロイド/内服):680円
抗生物質(内服):2,117円
食欲増進剤(レメロン/内服):1,728円
そのた薬(制吐剤、ぬり薬など):2,894円
———————–—–—–—–—–——–——–—
合計 : 22,215円

内訳は
クロ : 13,543円
シロ : 7,992円
フク : 680円

となりました。

3月の病院通いをふりかえる

2月から3月にかけて、おそれていたシロとフクちゃんのバトルが何度かおこり……

【猫たちの衝突で緊急事態発生・隔離?譲渡?共存は可能?】
こんなはずじゃなかったのに…………。私はやはり、あのときフクちゃんを保護すべきではなかったのでしょうか。安易な気持ちでしたことでは絶対なかったのだけれど……いくら覚悟をしていたつもりでも、次々とぶつかる壁。しばらくは自問自答が続きそうです。

シロが負傷→傷が化膿して処置という流れになってしまいました。

(化膿の直接の原因は、もう少し前のケンカかもしれません)

【シロの傷が化膿して切開処置という、さらなる追い討ち】
シロの頭の傷が知らないうちに化膿していました。先日のフクちゃんとのバトルの傷かと思いきや、たったの3日ではここまでひどくならないと言われたそうです。ということは、もっと以前、すでにシロとフクは対決していたのか?それとも?

なんど悔やんでも悔やみきれませんが、

この時期のケンカでシロがFIVに感染してしまったおそれがあるわけです。

あらためてシロにFIV検査をするべきか、否か。

たとえFIVがうつっていたとしても特効薬はありません。

免疫がおちて発症しないように努力するのがせいぜいなのですよね…。

そういえばFIVのワクチンって効果はどうなんでしょう。

ワクチンができるのであれば、ちゃんと検査してもらおうかな。

いずれにせよ、こんど病院で相談してみます。

2017年3月分の猫関係費

こちらは、3月にフードやサプリメントなどにかかった金額です。

品名 価格 分類 対象
スペシフィックFKW100g×7個(@1179×3セット) 3,538 wet療  クロ アイコン
デビフ 犬猫用 リカバリーサポート 160g 432 wet療  フクアイコン
ビオピュア ニーレン キャットフード  100g 486 wet療
アイシア スリースター テリーヌ まぐろ&白身魚 (@58×5) 290 wet  シロ アイコン
アイシア スリースター テリーヌ まぐろ&かつお(@58×5) 290 wet  シロ アイコン
アイシア スリースター テリーヌ まぐろ&サーモン(@58×5) 290 wet  シロ アイコン
アイシア15歳健康缶とろとろペーストまぐろ 40g 68 wet  フクアイコン
猫用k/d ドライ 500g 1,129 dry療  フクアイコン
jpスタイル腎臓の健康維持 チキン風味 200g 430 dry療
ル・シャット デトレ 1.5kg(旧製品) 1,885 dry療
ハッピーキャット腎臓ケア 300g 1,080 dry療
ロイヤルカナン満腹感サポートドライ 2kg 3,240 dry療 シロ アイコン
ザナベレウリナリー+グルテンフリー 400g (@1382×2) 2,764 dry療
ミオコンボ毛玉11歳 かつお味 600g 638 dry
三ツ星グルメ お魚レシピ 腎臓維持用 20歳  240g 336 dry  フクアイコン
三ツ星グルメ お魚レシピ 腎臓維持用 15歳  240g 336 dry  フクアイコン
銀のスプーン 海の贅沢素材 腎臓15歳 40gx4連パック  221 dry  フクアイコン
銀のスプーン 贅沢うまみ仕立て 腎臓15歳 40gx4連パック 189 dry  フクアイコン
セラプトfm 15g 約75粒 3,065 サプ  フクアイコン
おいしい納豆菌 ふりかけタイプ 80g(訳あり) 300 サプ  フクアイコン
100% ピュアAHCC パウダー 2oz (@8,849×1/4)※ 2,212 サプ
銀のスプーン 腎臓維持用おやつ  シーフード 60g (@150×2) 300 おや
チャオ プチ 大袋タイプ かつお・ささみ 110g 425 おや
チャオ プチ 11歳からのまぐろ (8gx5コ入) 176 おや
チャオちゅ〜るバラエティセット 14g×10本 1,250 おや
ご長寿猫に聞いたこと 1,404

ポイント使用分や別途かかった送料などは計算に入れていません。
※母2/4、私1/4、猫1/4でわけて使っています。

wet 療法食:4,456円
wet 普通食:938円
dry 療法食(準療法食含):10,528円
dry 普通食:1,720円
サプリメント : 5,577円
おやつ:2,151円
本 : 1,404円
———————–—–—–—–
合計 :26,774

3月に猫にかかった金額は、医療費とそのた猫費合計で 48,989 となりました。

最近費用がかさみがちのため、トータル月50,000円を下まわっていると

安くすんで得した!浮いたお金でなにかごほうび!みたいな、

ちょっとまちがった気持ちになりがち…。

感覚マヒしてきてますね、いかんいかん (;・∀・)

猫費などの雑感(購入品ピックアップ)

3月は、購入したけど使えなかったもの、使用を断念したものがちらほら……。

デビフ リカバリーサポート 犬猫用


(入手先:楽天 | Amazon | Yahoo! )

粗たんぱく質 12.5%以上、粗脂肪 6.0%以上、粗繊維 0.5%以下、粗灰分 3.0%以下、水分 80.0%以下、ナトリウム 0.3%以下、 140kcal以上/100g

「牛肉・鶏レバーを主原料とした犬・猫用ペーストタイプの療法食」だそうです。

腎臓病用ではないのでご注意ください。

この時期食欲のなかったフクちゃんの、流動食として使えそうだったので購入してみました。

が、フクちゃんにはキドナを優先しているうちに使いそびれてしまい、

そのまま 抜歯→回復→流動食不要 となって今にいたります。

期限まではまだしばらくあるので、そのうちタイミングをみて開けてみようと思ってます。

ビオピュア 猫用ニーレン・エアクランクンゲンキャットフード

(入手先:楽天 | Amazon | Yahoo! )

公式 猫用ニーレン・エアクランクンゲングローバルエクセレントプロダクツ

粗タンパク質 8.00%、ナトリウム 0.09%、リン 0.13%、134kcal/100g

ドイツの、100%自然素材・無添加のオーガニックタイプの腎臓用療法食だそうです。

品質もよさそうだし見たことのないウェットフードだったので、セールのついでに購入。

すぐ試そうと思ったのですが、ずっと猫たちがトラブル続きだったもので

もっとみんなの体調が落ちついてからにしようとお蔵入りになってました。

(体調悪いときって、だいたい食べてくれるもの自体がへるんですよね。)

ようやくみんな安定してきたようだし、そろそろ試食してもらおうかなぁ、と。

うまいこと試食できたらまたレポしたいと思います。

セラプトfm

(入手先:楽天 | Amazon | Yahoo! )

口腔ケアなどに有効とされる乳酸菌で、錠剤、粉末、濃縮タイプといろいろあります。

私は錠剤タイプしかないと思って購入し、うちで粉末にしてましたが

はじめから粉末をえらんでればもっと楽だったんですね~ (;^_^A

口腔ケアが目的であれば、お口のなかに広がるようにうまく使うと

より効果的ではないかと思います。

そのためには、錠剤を飲ませるよりも粉末のままなめさせたり、

水に溶かして口に流し込んだりする方法がいいのかもしれません。

うちではおもにフクちゃんの歯周病~口内炎対策として使用。

手ごたえありそうだったので継続したかったのですが、

このあといろいろ猫医療費がかさんだこともあって

購入分の終了とともに使用もおやすみ…。

できればまた再開したいと思ってます。(お金と相談ですが。)

おいしい納豆菌ふりかけタイプ


(入手先:楽天 | Amazon | Yahoo! )

納豆菌は腸内の乳酸菌のエサになるというのでためしに購入。

なんどかほかのサプリメントといっしょに混ぜて、猫たちにあげてみました。

(ちょっとザラついた感じの粉末なので、ミルサーなんかでもっとこまかくしたほうが混ぜやすいかもしれません。)

ところが、これを混ぜたときの猫たちのキョヒり具合が心なしか強く…。

特にいちばんとってほしかったフクちゃんのゲンナリ加減が私にもわかったので、

ストレスを考えて泣く泣く使用中止。

そんなわけで、うちの猫たちには受け入れてもらえませんでした。

捨てるのはもったいないので、プランター野菜の栄養になってもらう予定です (ノ_・。)

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。こちらから応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ