【シロの傷が化膿して切開処置という、さらなる追い討ち】

前回のブログではうだうだと泣きごとばかりですみませんでした。

時間がたってすこしおちつきました。

で、おちついたと思ったそばから、これです……。

シロは化膿を治療中

…………… (▼ー▼キ)

シロの頭の傷が、しらないうちに化膿していました。

なんでこうなる………orz

Sponsored Link
猫腎臓336×280

シロの頭がなんだかぶよぶよ

土曜日の夜のこと。

父がまず異変に気づきました。

「シロの頭になにかある。こりゃ化膿じゃないか?」

私も母も、シロはあまりさわらせてくれないので、気づくのがおくれました。

病院へつれていってもらう

ご存知のとおり、私は現在ほとんどシカバネ状態。

今回は父にたくします。

前回ひとりでシロを検査につれていったことで、病院ぎらいがやや克服されたようす。

(シロのいちばんの保護者という責任感がめばえたのかもしれません)

【番外・シロの血液検査~肥満は微改善・腎臓は微悪化】
フードを完全にダイエット食へ切り替えてから初めての検査。先生と相談の上、今しばらく腎臓対策をお休みして、ダイエット優先で血液状態の改善をめざすことになっています。なんと、シロの体重はこれまでの最低値を更新していました!ただ、体重が減った以外は相変わらずどれも基準オーバーですけども。

以前の父なら「たいしたことないだろ」「今度でいいだろ」と先のばししていたはずです。

今回は腫れに気づいてから病院へつれていく決断まで、ほぼ即決でした。

いや~人間ていくつになっても変われるんですね、すばらしい。

私もすこし肩の荷がかるくなって、たすかりました。

やっぱり化膿していた

で、冒頭の写真。

先日のフクちゃんとのバトルでできた傷が化膿したのかと思いきや……

【猫たちの衝突で緊急事態発生・隔離?譲渡?共存は可能?】
こんなはずじゃなかったのに…………。私はやはり、あのときフクちゃんを保護すべきではなかったのでしょうか。安易な気持ちでしたことでは絶対なかったのだけれど……いくら覚悟をしていたつもりでも、次々とぶつかる壁。しばらくは自問自答が続きそうです。

たったの3日ではここまでひどくならない、といわれたそうです。

ということは、もっと以前、すでにシロとフクは対決していたのか?

それとも、いつものようにしつこくチョビにちょっかいをだして、

チョビのするどい爪で一撃をくらったのか?

いまとなってはわからないし、わかったところでどうしようもない。

とにかく一刻もはやく、シロに傷をなおしてもらうのが先決です。

エリザベスカラーに四苦八苦

ほとんどつけたことのないカラーになれず、かなりパニックのシロ。

これはまた、赤いきつね(もしくはどん兵衛)カラーの出番でしょうか。

【エリザベスカラーにカップ麺の容器が使えるってホント?フクちゃんで試してみた】
フクちゃん、掻き壊し防止にエリザベスカラーの常用を指示されています。でも病院で購入した物は寝返りも打てないし、硬くてジャマそう。布などの軽く柔らかいタイプならぶつけたり寝転んだりしても痛くなさそうですが、やっぱり素敵な物はそれなりのお値段が……。そこで今すぐできる、簡単手作りカラーに挑戦してみることにしました。

シロの今後

シロのFIV検査や予防接種の検討は、

とにかくこの傷がなおってからしか動きようがなくなりました。

毎回思うんですが、なんでこう、いそがしいときにかぎって

問題やらトラブルやらケガ・病気やら、あれこれ同時多発するのでしょうね。

クロの体調

日曜はクロを検査につれていくはずだったので、そちらはまたすこし延期です。

クロの体重はさらにおちて現在4.1kg。

ひまさえあれば強制給餌→すぐ吐く→再給餌→ストレスで食欲低下。。。

みたいなマイナスループにおちいってる気がしておちこみます。

明日、仕事がえりに病院によって

以前もらった食欲増進のお薬がまたもらえないか相談してきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

『【シロの傷が化膿して切開処置という、さらなる追い討ち】』へのコメント

  1. 名前:サバトラーニャ 投稿日:2017/03/06(月) 10:17:48 ID:6805d1cf5 返信

    心中お察しいたします。
    本当にダメなタイミングに限って色々起こってしまうのは
    人生の常なのかもしれませんね・・・

    この際、肝を据えてひとつひとつ解決していきましょう!
    フクちゃんは隔離して体調は現状維持(とりあえず飲み食い、排泄が出来ていれば
    良しとしません??)
    シロさんはケガを治す事が第一で、メンタルケアはお父様に任せる。
    クロ嬢は数値がそんなに悪化していなければペリアクチンを投与して
    食欲回復をめざす(ちなみににーにーは二日に1回、1回4/1錠のみで
    良く食べます。これは猫によってかなり個体差があるようです)

    自力でポチポチとでも食べる様なら強制給餌を一旦お休みでも
    いいのではないでしょうか?(吐くと食道も荒れてきますしね・・・)
    Mさま自身にも今はかなり負担が大きいでしょうし、クロ嬢もそのM様の
    精神状態を敏感に察して今は神経質になっているから
    余計に強制給餌はストレスかもしれません。
    水分補給だけ徹底して一度ペリアクチンと許せる範囲でのクロ嬢のお気に入りの
    カリカリで過ごすのはいかがですか?

    一旦ちょっと落ち着くまで、難しいと思いますが
    取捨選択をしながら力を抜きませんか?

    • 名前:M 投稿日:2017/03/09(木) 21:40:08 ID:42c5d4696 返信

      サバトラーニャさん

      おかげさまで、クロは薬の効果絶大、絶賛食欲倍増キャンペーン中のようです。
      (ほんとにいつもの倍食べてます)
      食欲のお薬のことなんでもっとはやく思い出さなかったのかと自分であきれました。

      いろいろテンパっていたせいか、自分で自分を追い詰めていた部分もあったかもしれませんね。
      そして追い詰められると人間、ますます近視眼的になり、自分を引いて見れなくなるという……。

      今は、まったくサバトラーニャさんが書かれているとおりにしてみています。
      そうしたら自分の気持ちにもすこしだけ余裕ができて、なんとか乗り切れそうに思えてきました。
      サバトラーニャさんご自身もお忙しい時期でしょうに……いろいろ本当にありがとうございます(;´Д⊂)

  2. 名前:すもも 投稿日:2017/03/06(月) 11:53:16 ID:b79931e54 返信

    いつも読ませて頂いています。
    お忙しい中、大変ですね。
    うちの子もこのところ食欲低下で、強制給餌と自力ごはんで何とか体重維持しています。
    うちのはペリアクチン8分の1で2日間効きます。ただ強制給餌で吐いてしまっているようなら、まずはプロナミドで胃腸の動きを良くしてあげてもいいかもしれませんね。
    うちの子は、今回はプロナミドだけでパクパク食べ始めて嘔吐もなくなりました。
    保護猫ちゃんの事、難しい問題ですね。
    見て見ぬ振りは出来ないし、かと言って家の猫ちゃん達にはやっぱり平和に暮らしてもらいたいし。
    元気になったら里親さんを見つけてあげるのも皆んなが幸せになれる方法かな?とも思います。
    あまりお疲れにならないよう、お気をつけて。

    • 名前:M 投稿日:2017/03/09(木) 21:57:38 ID:42c5d4696 返信

      すももさん

      コメントありがとうございます。
      お薬で食欲などをコントロールするというのも、QOLの維持には必要なことなんですね。
      食欲増進剤(ペリアクチンなのかは確認し忘れましたが)などの助けも借りて、なるべく良い状態で生活を維持できるようにしてあげたいです。

      人間大好きなフクちゃんが、愛情を独り占めできる里親さんを見つけられればベストだとは思うのですが……みつけてあげられる自信はまったくありません…… (;д;)

      とにかく今は思考がからまわりしてしまうので、すこし身の回りが落ちついたら色々な方向性を検討してみようと思います。