【水素水の国民生活センター実験をみて、猫と考えたこと】

クロ161218

クロは水素水がニガテ

先日、国民生活センターによる水素水の実験結果の記事を目にしました。

これがけっこう興味ぶかいものだったので、各種エビデンスもまじえながら

あらためて私の水素水へのスタンスをこちらに書いておこうとおもいます。

今回書くのはあくまでも私個人のかんがえ方ですので、

これらをだれかにおしつける意図はまったくないということは、ご了承ください。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

国民生活センターによる実験

「水素水」の飲用により期待できる効果は「水分補給」、国民生活センターが水素濃度などの調査結果発表(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20161216-hydrogen-water/

容器入り及び生成器で作る、飲む「水素水」-「水素水」には公的な定義等はなく、溶存水素濃度は様々です
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20161215_2.html

この中で指摘されているのは、

・製品によって含有量にバラツキがあり、まったく水素がふくまれないものもあること
・水素水製品の一部は効能を表示しており法律にふれるおそれがあること

おもにこの二点です。

水素水とはなにか

水素水とは、その名のとおり、水素をとかしこんだ水のことです。

それ以上でも以下でもありません(笑)

今現在では濃度の定義などもないので、

ほんのわずかでも水素がふくまれていれば「水素水」ということになります。

猫の腎臓病に効果がある、というふれこみでもよく宣伝されるので、腎臓のわるい猫さんをお世話しているかたであれば、いちどは手をだすか、だしてみたいとおもわれるのではないでしょうか。

水素水(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4

水素はプラスチックなどをかんたんに通りぬけます。

空気にもひじょうにとけやすいので、

空気にふれると水素はあっという間にぬけてしまいます。

水素水に効果はあるか

結論からいえば、あるかもしれないし、ないかもしれません。

ただし現在大学病院などでさまざまな臨床試験がすすんでいるそうなので、

将来的には、水素水になんらかの効果があるとされる可能性はたかそうです。

参考 水素水研究の第一人者、太田教授のブログ「太田成男のちょっと一言」
http://shigeo-ohta.com/

水素水のなにが問題なのか

臨床試験がまだすくない

水素水の研究はまだはじまったばかりなので、

エビデンス(証拠)としてつかえるものがまだまだすくないです。

病気への臨床試験はすこしずつすすんでいるそうですが、

健康体へのしっかりした試験はおこなわれていないので、

市販の水素水が美容効果などをうたうことにたいして

エセ科学あつかいをされている状態のようです。

議論がブレがち

水素水で問題なのは、論点がブレやすいことかもしれません。

水素水そのものの有効性と、

販売されている「製品」の、水素水としての有効性がごっちゃにされがちです。

なので、水素水批判のだいたいのパターンとして

市販の水素水には効果がない → 水素水には効果がない

という結論になることがおおい印象です。

市販の水素水は玉石混交

医療現場できちんと生成された水素水なら効果は期待できそうですが、

水素がぬけやすいペットボトルなどで製品化された水素水には

そもそも水素がまったくのこっていないので、

水素水の有効性うんぬん以前の問題ということでしょう。

そういう製品を、堂々と「水素水」として販売していることにたいして

国民生活センターが警鐘をならした、ということだとおもいます。

水素水を効果的につかうのがむずかしい

高価で手間がかかる

医療現場なみの品質の水素水は、まだ一般的に手にはいりにくいです。

なので市販品をということになりますが

性質上、水素はとてもぬけやすいものです。

高品質の水素水を日常的につかうには、

どうしてもお金と手間がかかることになります。

市販の水素水のえらびかた

濃度

キヨラビ試薬テストver.4

水素濃度は試薬で簡易テストができます

水素水になんらかの健康効果があると仮定した場合、

その効果を発揮するには濃度のたかさがだいじになってきます。

市販の水素水からのよい影響を期待するのであれば

すこしでも高濃度で、しかもその濃度をなるべくキープできるもの、

ということになるとおもいます。

当ブログでも

濃度がたかい水素水 ≒ 効果が期待できる水素水

という位置づけでこれまで紹介しています。

パッケージ

水素水セミナー

さまざまな形状で売られている水素水

サプリのパッケージにアルミパックがおおいことからもわかるように

酸素をいちばんとおしにくいのがアルミです。

また、アルミは水素もとおしません。

なので市販の水素水をえらぶのであれば、最低でもアルミパウチです。

トラストウォーター・キヨラビ・メロディアン 水素水パッケージ3種

さいきんは、飲みくちを改良してさらにぬけにくくしたものもでてきています。

製造・出荷から購入までのあいだにぬける水素量がもっともおさえられるのは

飲みくち改良タイプとかんがえられます。

(メロディアンハーモニーファイン「水素たっぷりのおいしい水」など)

アルミボトルはなかの空気をぬくことができないので

のこっている水素の量はあまり期待できなそうです。

そのため選択肢からははずします。

もちろんプラスチック製ペットボトルは論外ということですね。

猫の腎不全に水素水がよいとされる根拠

ラットの実験でこのようなものがあります。

飲み水で腎臓病の障害を防ぐ~溶存水素を含む電解水素水がラットの慢性腎臓病の合併障害を抑制
(東北大学大学院医学系研究科・株式会社日本トリム)

腎臓病ラットを2つにわけ、それぞれ高濃度水素水と単なる水を日常的にあたえます。
すると水素水を飲んだグループだけ、腎臓の炎症や酸化ストレスがおさえられました。

おそらくこの結果から、ペットの腎不全に水素水が効果的であると

されるようになったのだとおもいます。

うちで水素水をつかってみた印象

サーバーやタンブラータイプ以外はあれこれためしてみたのですが

いまあらためてかんがえると、

正直いってクロには、あまり水素水の劇的効果はなかったかもしれません。

体調がわるくなっているときにのませて

すこし上むいたかな?という経験はありましたが、

その後つかったサプリメント類のほうが

改善効果はむしろはっきり実感できました。

ただしこれは水素水の効果じたいを否定するものではありません。

市販水素水の品質の限界や、私のつかいかたのへたさ、

クロとの相性や、猫に水素水をひんぱんにのませることのむずかしさ。

などなどが、いろいろ影響しているのだとおもっています。

水素水にたいする私のかんがえ方と方針

水素水は、きちんとした水素水を、きちんとつかうことさえできれば、

あるていどのよい効果はえられそうです。

ただ、猫の腎不全での闘病生活において

水素水を第一選択肢にするにはどうしてもお金がかかりすぎますし、

あつかいもむずかしいというのが難点。

また、それ以前にできること、やるべきことはたくさんある、というのも実感です。

なのでうちにおける腎不全対策での水素水の順位は

だいぶ下のほうになるとおもいます。

(参考)うちでの、腎不全対策の優先順位

ピタリ適温プラス丸にヘルスウォーターボウルをのせる

ピタリ適温プラス 丸 大」で保温中

ここまでのクロの闘病生活のなかで、やってよかったとかんじる順に。

まず、

1.病院での診断と治療、投薬(フォルテコール)。(大前提!)

2.自宅皮下輸液と、飲み水保温での脱水解消。

3.たべてくれる腎臓用療法食の開拓と、補助的な強制給餌

4.自宅でのひんぱんな体重測定。(体重維持)

5.毎日の体調記録。

6.できるかぎりの室温管理。(体をひやさない)

次に、

7.たりなくなりがちな栄養分の補給として、ビタミンB。

8.腸内環境と免疫をあげるための乳酸菌。

9.便秘解消のための食物繊維。

10.有害物質をへらすためのシャンピニオンエキス。

11.胃腸の負担をへらす消化酵素。

12.血流をよくするオメガ3系脂肪酸。

さらに、

13.なるべくこまめなマッサージ(ブラッシング)とかるい運動(あそび)。

14.炎症をしずめるAHCC。

15、毒素吸着の活性炭製剤。

活性炭製剤はクロにはあまりあわなかったのですが、
猫さんとの相性によっては劇的に効果がでたという話もおおいです。
なのではやい段階で、いちどはためしておくべきものかもしれません。

水素水をいれるとしたら、たぶんこのあとにくるような気がしています。

また、もっとはやくからやっておくべきだったと反省していることとして、

歯磨きなどの口腔ケアがありました。

歯周病菌の心臓などへの悪影響もへらせますし、口内炎の予防にもなるかも。

はやくから口のなかをさわれるようになっておくと、

トラブルがおきたときにもチェックや治療がしやすくなるので

可能なかぎり、なれさせてあげてほしいとおもいました。

でも、やっぱり水素水をつかってみたいのなら…

まずはパウチタイプ

メロディアンハーモニーファイン 水素たっぷりのおいしい水

まず水素水をためしたい、というのであればアルミパウチから。

一般的にはペット用水素水をすすめるところですが、私の個人的なかんがえでは、あえての人間用がおすすめです。
理由は人間用のほうが水素濃度などのデータをさがしやすいから。
ざんねんながらペット用水素水の公的な濃度検査はいまのところ見たことがないので、メーカーの表示をしんじるしかないのがちょっと不安です。
ミネラル分の心配については、日本のほとんどのミネラルウォーターの硬度は水道水と同レベルなので、ふだん猫さんに水道水をあげているお宅であれば無問題でしょう。
ただし人間用水素水でも、特殊なミネラル分が添加されていたり、極端に硬度の高いミネラルウォーターをつかっているものはさけたほうが無難です。

効果を感じたならそのままパウチの継続でもよいでしょう。

総合的なコストはややたかめになります。

高濃度ならスティックタイプ

アキュエラ水素水7.0ppm カプセルをボトルにセット

うちでためしたアキュエラ もいちおうスティックタイプ…?

もっと確実に高濃度の水素水をつかいたいならスティックタイプを……とおもったのですが。

あれ???

うちでつかった「アキュエラ水素水7.0」はかなり高濃度につくれましたが

他社製品はそれほどでもないみたい。

スティックタイプで作った水素水は

パウチタイプなどよりさらに水素がぬけやすいそうなので、

あまり持ちはこんだりうつしかえたりはしないほうがよさそうでした。

開封したらすぐ使いきるくらいで。

おうちの水道水からつくれるので、人間用パウチのミネラル分が気になるなら

こちらも選択肢になります。

コスト面だと、使いかたによっては3タイプのなかでいちばんかかることもあり。

日常づかいならサーバータイプ(卓上型ふくむ)

contents04-img03

(画像は卓上水素水サーバーガウラミニのサイトからおかりしました)

サーバータイプの利点はきがねなく水素水を日常づかいできることでしょう。

でてくる水素水の濃度はうえのふたつにくらべてひくめになりがちですが

回数や量で、トータルの摂取水素量をかせぐことができます。

2年3年とながくつかえるのであればコストパフォーマンス的にはベスト。

(とくにさいきんはコンパクトな卓上タイプや、リーズナブルなレンタル品も出てきているのでだいぶ手がだしやすくなりました。)

とはいえ、それには猫さんが闘病をがんばってくれることが前提なので、

コスパが本当によくなるかどうかは運しだいの部分もおおきいです。

また、こちらも基本水道水からつくるタイプがおおいので

パウチのミネラル分が不安という場合でも比較的あんしんでしょう。

携帯タンブラータイプも

水素水生成器 Bambi「バンビ」 水素水 タンブラー型 アクアブルー

これまでうちではノーチェックでしたが

気軽に携帯できるタンブラータイプもでてきたようです。

水素濃度はサーバータイプよりたかめですが、パウチよりはひくめ傾向。

私がいま水素水パウチをえらぶなら

現時点では、メロディアンの水素水(水素たっぷりのおいしい水)が

いちばん誠実かつ手軽な製品だとおもいました。

理由としては現在進行形で大学病院と共同の臨床研究をおこなっていること。

そして、いちばん水素がぬける場所(飲みくち)をアルミシールで密封したこと。

これによって、開封するまでの水素濃度を長期間キープ可能になっています。
(国際特許出願中)

さらにそれをうらづけるように、今回の国民生活センター試験での好成績。

以前水素水セミナーにいったときの記事も、よければご参考ください。

【水素水セミナー&新型口栓製品の水素濃度テスト(追記あり)】
水素水の無料セミナーにダメもとで応募したら当選しました。商品は以前ご紹介したメロディアンハーモニーファインの「水素たっぷりのおいしい水」。もう以前さんざん自分で水素濃度テストもしたし、今さらという気もしましたがここはひとつ話のネタに……とひとり乗りこんでまいりました。資料を見たところ今回は新たな機能性パッケージの渾身PRのようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ