【グリズリーサーモンオイルをリピート~犬猫用・オメガ3オイル】

パソコンモニターの前で眠るクロ

11月はじめごろまで、またすこし忙しくなりそうです。

現在は月・金の週2回更新をこころがけているのですが、

10月中は週1回以下の更新になってしまうかもしれません。

ツイッターでは随時(どうでもいいこともふくめ)つぶやき中ですので

よろしければチェック&フォローよろしくお願いいたします m(_ _)m

(ブログ更新時もツイッター投稿されるので、更新確認用に使えます)

Sponsored Link
猫腎臓336×280

オメガ3オイルについて

オメガオイルは血行をよくすることで評価がたかい成分です。

腎不全の場合は腎臓の血行を促進して、症状がすすむのをおそくしてくれるとか。

そのほか、心疾患や皮膚トラブルにもいいそうですよ。

そんなわけで、うちではけっこう長いことお世話になってます。

※猫だけでなく人も。人はアマニ油やエゴマ油が多いです。

チョビはまだそんなに不調がでていないのでたまーになのですが、

腎疾患のクロと、腎+心疾患のシロには、毎日すこしずつ継続中。

とくにクロは最近数値が悪化気味なので

【二ヶ月ぶりの血液検査でBUN・Creともに大幅上昇】
約二ヶ月ぶり、食欲不振騒動後では初めての血液検査に行ってきました。前回・前々回に比べ、今回は残念ながらBUN、Creの数値が大幅に上昇という結果に。特にクレアチニンはここ二年近く2.0台をキープできていたのがいきなり大台に乗ってしまってびっくりです。

人と猫で共用できて超高濃度な「オメガ3+(プラス)」を

私といっしょにためしています。

ほんとうはほかの猫たちにもおすそわけしたいのですが

高濃度なぶんけっこう高価なので(汗)

シロには、今回とりあげる「グリズリーサーモンオイル」を

毎朝ウェットフードにまぜてとってもらってます。

ニチドウ グリズリーサーモンオイル 犬猫用 118ml

これまで、フィッシュ4ドッグのサーモンオイル

【現在のフードとサプリメント6~オメガ3系脂肪酸(サーモンオイル/フィッシュ4ドッグ)】
今回はうちの腎不全猫に使ってみたオメガ3脂肪酸のフィッシュオイルについて。以前、オメガ3が腎疾患の悪化を遅らせて寿命をのばすという記事を見ましたが、おそらく血液サラサラ→高血圧改善→腎臓の負担減少ということかと。オメガ3はほかにも色々期待できそうです。

ノラのワイルドアラスカンサーモンオイル ときて…

【今度のオメガ3脂肪酸はノラのワイルドアラスカンサーモンオイル】
腎不全の改善にも効果があるという評判のオメガ3脂肪酸。しばらく使ってきたオメガ3のオイルがなくなったので、この機会に新しいフィッシュオイルを試すことにしました。初めてなので80mlのミニボトルを注文。とりあえず元の遮光ボトルに一旦ポンプを装着してみます。ボトルやポンプはプラスチック製でした。ボトル本体は紫外線防止のために遮光タイプのようです。

前回からはニチドウのサーモンオイルをつかってみています。

これはたしかまだ、くわしくはご紹介していなかったのではないかと。

ニチドウ グリズリーサーモンオイル

このあと詳細にふれますが、比較的安心できそうな成分ですし

コスパ的にもなかなかよさそうです。

パッケージ/ラベル

表ラベル

グリズリーサーモンオイル ラベル

プラスチックのポンプ式ボトル

ボトルじたいには遮光性がありそうですが

ボトルのなかみが空気にふれる面積はひろそうですね。

参考:オメガオイル用のつめかえボトル

うちでは酸化防止用に、こんな小さめの遮光瓶につめかえて使ってます。

私は東急ハンズのリアル店舗で購入しましたが、ネットでも入手可能。

市販のスポイト付きガラスビン3種 サーモンオイルをガラススポイトにとってみる

左のふたつはこぶりなので冷蔵庫にいれても場所をとりません。

サイズ的にはまんなかの30mlがちょうどいい感じ。

(左はじが10ml・右はじが50ml)

楽天AmazonYahoo!東急ハンズ
※ハンズネットストアは2016/9/28現在システム障害中 ^^;

裏ラベル

(クリックで拡大)

グリズリーサーモンオイル 裏面ラベル グリズリーサーモンオイル 裏面ラベル

ポンプの半プッシュ、1プッシュだと量の微調整もしずらいので

やっぱりスポイト内臓の遮光瓶につめかえたほうが使いやすいかも。

原料・成分

原材料はかなりシンプル。

ローズマリー抽出物は天然の酸化防止成分です。

原材料:アラスカサーモンオイル、ローズマリー抽出物

成分:粗脂肪 99.9%以上、水分 0.1%以下、オメガ3脂肪酸 27.0%以上、DHA(ドコサヘキサエン酸) 10.0%以上、EPA(エイコサペンタエン酸) 9.0% 、オメガ6脂肪酸 2.5%

特徴

フードにふりかけて与える天然のアラスカサーモンオイルを原料とした犬・猫用の栄養補完食です。一般的な食事では不足しがちな不飽和脂肪酸であるオメガ3・6脂肪酸をバランス良く摂取できます。天然のアラスカサーモンオイルは、非常に消化吸収率が高く、抜群の嗜好性を誇ります。

◆容量:118ml

◆入数:24

◆商品サイズ:45×55×130

◆商品重量:約140g

◆希望小売価格:オープン価格

◆JANコード:4975677038518

◆使用方法:現在、与えているフードに適量をふりかけて与えます。定期的に与えることで、よりサプリメントの効果が得られます。

◆使用量の目安
体重;一日に与える量(※1プッシュは約2.0mlです)
3.5kg以下;半プッシュ
3.5~7.0kg以下;1プッシュ
7.0kg以上;1~2プッシュ

参考 株式会社ニチドウ ほか

人間目線の見た目とにおい、味

グリズリーサーモンオイルをお皿に出す

色は明るいオレンジ色。

いやなにおいはしませんが、なめるとほんのり魚っぽいかも。

3匹の反応(クロ、チョビ、シロ)

3匹とも、そのまま手のひらに出してもみても、反応あまりありません。

好きなウェットフードに混ぜれば気にせず食べる感じです。

(ざんねんながら今回写真はないです。)

こんなときにつかうのがおすすめ

オメガ3オイルは、血流や毛艶の改善に定評のある成分です。

さきほども書いたように、腎臓の機能低下をおくらせることが期待できます。

ただ、猫に不飽和脂肪酸(オメガオイルなど)を大量にあたえると

黄色脂肪症(イエローファット)」という病気になることがありますので、

度をこした量はとらせないように気をつけたほうがいいでしょう。

ちなみにグリズリーのオイルは類似品にくらべていくらかリーズナブルですが

原料は養殖が禁止されているアラスカのサーモンで比較的安心ですし、

(養殖の大型魚は有害物質の汚染の危険性がたかいのだとか)

オメガオイルに必須の酸化防止剤も、あんしんなローズマリー抽出物です。

入手先

ニチドウ グリズリーサーモンオイル 犬猫用 118ml

楽天 | Amazon | Yahoo!

やすいところだと1,000円くらいで入手できます。

手軽にオメガ3オイルをはじめてみたいのであれば

こちらのオイルからためしてみてもいいかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

『【グリズリーサーモンオイルをリピート~犬猫用・オメガ3オイル】』へのコメント

  1. 名前:コモモおかあちゃん 投稿日:2016/10/01(土) 14:38:00 ID:8fecb1a3e 返信

    はじめまして。

    いつも拝見しております。

    2015年3月4日に『ザナベル ウイナリー+』を載せていらっしゃいますが、クロちゃん達 今現在は食べていらっしゃらないですか?

    私の猫の1匹は食べ物アレルギーと結石もあるので、グルテンフリーのこちらは合うとは思うのですが、リンが高くはないかと心配でもあります。

    メーカ先に問い合わせしました所、ナトリウムは0,3とのことでした。

    もう1匹はクロちゃんと同じ時期(9月24日)にCRE数値が4,7台まで上がり(8月27日は2,7)、5日連続輸液をしましたが4,2と下がり切りません。

    BUNは43から34に下がってきているのですが。

    CRE数値が高いからか ごはんの量もなかなか戻りません。

    これからも いろいろ勉強させて頂きたいと思います。

    宜しくお願い致します。

    • 名前:M 投稿日:2016/10/01(土) 16:56:11 ID:1d3d6c136 返信

      コモモおかあちゃん さん

      コメントありがとうございます。(ご指摘部分修正しておきました)
      猫さんのCREの急上昇、ちょっと心配ですね。
      ご飯もサプリメントも輸液も問題なさそうなのですが。(すみません、たびたびブログ拝見しております。)
      うちもCREのあがった理由がよくわからなくて、祈る気持ちでオメガオイルを増やしてみているところです。
      なんとか数値を良くしてあげたいものです……。

      ザナベレウリナリー+のナトリウム情報ありがとうございます!
      のちほど記事に数値を追加させていただこうと思います。
      ザナベレは、現在みんな別のフードを食べているので使っていないのです。
      “リン0.6%”ならものすごく高くはないかも、と私は思うのですが、どうでしょう?※「腎不全と闘う猫」さんではボーダー0.8%とされていました
      数値としてはjpスタイルの「腎臓の健康維持サポート」(ケアフード)と同じくらいですね。
      うちではシロがそちらを食べていました。

      腎臓用の療法食はそれ以外の部分でも配慮されているので、ザナベレは療法食が全てアウトだったときの奥の手かなーと、個人的には考えています。
      でもうちではかなり食いつきがよかったですし、食欲低下していっさい療法食食べないくらいなら、すぐザナベレ出しちゃうと思います(^▽^;)

  2. 名前:コモモおかあちゃん 投稿日:2016/10/01(土) 20:57:53 ID:50a5e2796 返信

    お返事ありがとうございます♪

    実は亡くなったコモモも少し腎臓が悪く、私なりにいろいろと勉強しました。

    腎臓に良い食べ物やオメガオイル、亜麻仁オイル、オゾン療法、悪くならなかったので効果があったのかな・・・。

    でも、同じことを勇気がなくアッシュ・キッシュには出来ないです。
    反対に悪くなったらどうしようと・・・。

    コモモはサプリ的な治療(?)の段階だったので出来たのかな、とも思います。

    私の拙いブログを見て頂いていたとは!!
    あ、あ、ありがとうございます(汗)

    ザナベル、とりあえず取り寄せてみようと思います。ありがとうございます。

    • 名前:M 投稿日:2016/10/03(月) 17:16:18 ID:c786138dd 返信

      そうですよね……

      病気や食べ物、栄養などなど、私もわからないことや知りたいことがたくさんあって、ちっとも追いつかないです。
      でもすこしずつ勉強しながら、こちらのブログに投下していければいいなぁと。

      ほんとは勉強とか苦手なんですけども(笑)猫のためなら。
      コモモおかあちゃんさんもいっしょにお世話がんばっていきましょう ^^

      あたらしいフードで猫さんの食欲がもどってきてくれますように!