【現在のフードとサプリメント1~メディファス、ネフガード、智通】

窓際でひなたぼっこするクロ

先日の記事で、今回のクロの検査結果がわりとよかったことをかきました。

【二ヶ月ぶりの検査は現状維持のようでひと安心】
クロの検査は前回からすでに2ヶ月近くが経過。先週の日曜日(11/15)にやっとクロと病院へ行ってきました。今回の結果はほぼ現状維持。現在のクロの体調管理方法も改めてご紹介しておきます。

現在の愛用サプリメントの詳細など

前回かけなかったりかきそびれたりしたものを

参考までにちょっと追加で記録していこうと思います。

なにぶん説明がへたくそなもので、

もし疑問や追加情報の希望などがあれば

コメントやツィッターでご連絡ください (;^▽^)ゞ

効果があった可能性のあるもの

いまの時点で実感として、

クロの数値改善に役立ったかもしれないのはこのあたり。

  1. フードの選択をやや厳密にしたこと
  2. ネフガードの常用
  3. 智通の継続
  4. 美ちょう寿の継続
  5. 水素水の継続
  6. ビタミンBサプリメントを追加
  7. 乳酸菌サプリメントの再開
  8. 酵素の継続
  9. 水溶性食物繊維の追加
  10. オメガ3系脂肪酸の追加を継続
  11. AHCCの継続?

本当は今回でぜんぶかききるつもりだったのですが、

長くなっていちどにまとめきれなかったので、

さらに数回ににわけてアップすることにしました。

(まとめ下手ですみません。)

まとめてみるとあらためて

ずいぶんいろいろのませているんだなーと実感してしまいました(笑)

今回は上記リストの1~3まで。

4以降は順次アップしていきたいと思います。

【1】フードの選択

8月からフードの成分チェックをきびしめにしています。

【今後の BUN・Cre 対策】
先日の検査結果を受け、今後の対策を改めて考えてみました。食事管理の徹底、カリナール1、ネフガード、智通、美ちょう寿 、オメガ3系オイル、ペット酵素、水素水。そのほか、AHCCやラクトーンなど。

ざんねんながらメディファスはクロがかなり気にいっていて

完全にはやめられません。

そのかわりシリーズのなかで、(2015/11当時では)

タンパク質とリンのバランスがいちばんゆるせる範囲内だった

「7歳以上用」のみに限定することにしました。

メディファスの成分が微妙に変更されていたので、公式サイトを確認後、下記リスト内の変更部分を修正しました。(2017/3/22追記・修正)

メディファス 7歳以上用 ドライフード
熱量 タンパク質 リン ナトリウム
フィッシュ 370kcal 28.0%
27.5%
0.55%
0.7%
0.20%
0.6%
Amazon
楽天
チキン 375kcal 28.0% 0.50%
0.6%
0.20%
0.5%
Amazon
楽天

メディファスのそれ以上の年齢用やインドアなどのシリーズになると

リンやナトリウムがひかえめな一方で

逆にタンパク質が増量されていたりするので

そちらはつかわないようにしています。

下記リスト内の数値も、公式サイト等で再確認後に変更部分を修正しました(2017/3/22追記・修正)
現在わが家ではおもに「メディファス 11歳から 腎臓・心臓ケア 老齢猫用 チキン」をサブフードとして採用しています。

ドライフードの成分比較
(★は参考の腎臓用フード)
熱量
(100g)
タンパク質
(%)
リン
(%)
ナトリウム
(%)
メディファス インドア
7歳から 高齢猫用
チキン&フィッシュ
355kcal 30.0
29.0
0.55
0.7
0.20
0.5
メディファス インドア
11歳から 老齢猫用
チキン&フィッシュ
365kcal
370kcal
31.0
31.5
0.50
0.55
0.15
0.20
メディファス インドア
15歳から 長寿猫用
チキン&フィッシュ
 (廃盤
370kcal 32.0 0.45 0.15
メディファス 11歳から
老齢猫用 フィッシュ
 (廃盤
390kcal 29.0 0.50 0.15
メディファス 11歳から
腎臓・心臓ケア
老齢猫用 チキン
360kcal
390kcal
29.0
28.0
0.50
0.59
0.15
0.25
メディファス 15歳から
長寿猫用 チキン
410kcal 30.0
29.0
0.45
0.55
0.15
0.21
★ jpスタイル キドニーキープ
(動物病院のみ取り扱い)
jp style キドニーケア 360kcal 24.0 0.50 0.25
jpスタイル 腎臓サポート
フィッシュ
ジェーピースタイル 腎臓の健康維持サポート お魚風味 700g 360kcal 27.0 0.60
不明
0.30
不明
jpスタイル 腎臓サポート
チキン
ジェーピースタイル 和の究み セレクトヘルスケア 腎臓の健康維持サポート チキン風味 700g 360kcal 27.0 0.60
不明
0.30
不明
イースター 腎ケア 370kcal 27.0 0.50 0.35
ル・シャット デトレ 370kcal 27.0 0.50 0.25
ハッピーキャット
腎臓サポート
415kcal
392.3kcal
24.0 0.45
0.35
0.20
0.4

ドライフードの数値の基準は 腎不全と闘う猫まとめ さんの「普通食成分リスト DRY」のページを参考にしました。(タンパク質29%、リン0.8%、ナトリウム0.7%)乾燥重量比ではなく製品に記載してある数値を表にしています。

【2】ネフガードの常用

ネフガードは、猫の腎臓用の薬としてよくつかわれている活性炭製剤です。

活性炭のお薬には石油系(コバルジン、クレメジンなど)と

植物系(ネフガード)の2種類あります。

活性炭製剤については、「ぎゃおす王国」さんの活性炭1活性炭2のページが

とてもくわしくて参考になりました。

現在のクロは、ネフガードを食間のタイミングで

毎日1~2回服用(理想は2回以上)。

先日の記事でもかきましたが、いまのネフガードがおわったら

純炭粉末」をいちどためしてみようと思っています。

【純炭粉末はネフガードよりも猫の腎臓病に効果があるか?】
健康オタクの母がこんな雑誌を買ってきたので、なんとなく読んでいたら腎不全の特集がありました。するとちょっと興味深い記事が。竹炭などから作られる活性炭よりも、セルロース(食物繊維)から作られた「純炭粉末」のほうが体に優しい上に、有害物質の吸着効果も優れているのでは?という内容です。

ネフガードの常用にはなんとなく積極的になれないのですが、

それには理由がふたつ。

ひとつは、腎臓病での活性炭製剤の服用がワールドスタンダードではないこと。

腎臓病むけの活性炭のおくすりは日本で開発されたものなので、

世界的にはあまりポピュラーなものではないそうです。

それを、日本がすすんでいるととるか

世界にみとめられた治療法ではないととるかは、判断になやむところ。

どうしてももやもやしてしまいます。

クロの場合はネフガードを再開してからいちおう体調もおちついているので、

(もやもやしつつも)この手のものはしばらくつづけてみると思います。

理由のふたつめ。

ネフガードをのませていると、便秘ぎみになるように感じることです。

本来は便秘になりにくいとされているネフガード。

個体差もあるようですが、おなかの調子がわるくなる猫さんもいるみたいです。

うちのクロは便秘になるタイプだったのかも。

便秘を悪化させないような対策はいろいろやってみていて、

波はありますが、いまのところは排便ペースをキープできているようです。

(乳酸菌、水溶性食物繊維、オメガ3オイルなど、状態にあわせてあれこれ。)

また、ネフガードなどの活性炭製剤は薬の成分や栄養も吸収してしまうので、

それぞれと活性炭の間隔は30分以上あけるのが基本と病院でいわれました。

さらにその吸着効果ゆえに、ビタミンB(たんぱく質の分解にも重要な成分)が

とくに不足する傾向があるという記事もネットでみかけました。

間隔はあけているのであまり気にしなくてもいいのでしょうが、

ねんのために、ネフガード再開以降はビタミンBのサプリメントも

ちょっぴりプラスするようにしています。

【3】智通の継続

智通」は乳酸菌自体ではなく、乳酸菌がつくりだす分泌物です。

乳酸菌には相性があり、あわない乳酸菌をとっても効果がないといわれています。

その後いろいろしらべたところ、生菌は相性が大事/死菌は量が多ければなんでもいい、とわかりました。コスパ的には、乳酸菌製剤や生菌よりも、死菌をたくさんとる方法がおすすめ。(2017/3/22追記)
【猫に乳酸菌サプリメントJIN(ジン)を使い始めて気づいたこと】
動物用乳酸菌サプリメントの「JIN」を、定番化するつもりで再び使い始めました。クロに朝晩半包ずつ飲ませるようになってそろそろ一週間。今朝、ちょっとだけ気づいたことがあったのでこちらにメモしておこうと思います。

分泌物であれば相性の心配をする必要がなく、

もともと自分がもっている乳酸菌の栄養となって

菌をふやしてくれるのだそうです。

智通をクロにのませるようになって、あきらかに毛艶がよくなりました。

さらに食欲もアップした(若干しすぎ…)と思います。

【乳酸菌生成エキス(智通)は本当に効くの?】
今回ご紹介するサプリメントは、これまでも何度かブログに登場していた 「智通」 という乳酸菌生成エキス。このサプリメントでちょっとした体験をしましたのでこちらでご報告しておこうと思います。猫と人間、いっしょに試したときの話です。

うちの場合、期待していたお通じではおおきな変化はありませんでした。

(なので便秘対策にはべつのものもプラスしました。)

智通の効果は、便秘よりむしろ免疫力アップなどにあるのかもしれません、

派手なきき目のあるものではありませんが

じっくりと体力・免疫力を底あげしてくれるイメージ。

この智通、レモン汁と同レベルくらいにはすっぱい液体なので

本猫はかなりいやそうですね(笑)

毎日、朝晩のウェットフードにまぜてなんとかたべてもらっています。

当初クロには朝晩1滴ずつでしたが

コメントで朝晩3滴ずつのませている方がいらしたので、うちでも増量。

ちょっとおおめですが朝晩5滴ずつにしてみました。

最近は体調も落ちついているので、朝晩3滴にへらしてもだいじょうぶかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ