【水素水キヨラビを常温保存で濃度テスト:12h~96h】

少しずつ秋も深まり、だんだん朝晩の気温が下がってきました。

PC下のクロ

PCモニターの下が暖かいらしい。(すごく邪魔)

最近は水素水を冷蔵庫から出してすぐ飲ませると、クロに拒否されてしまいます。
やっぱり冷たいのはいやなんでしょうね。猫舌だし。

腎臓が悪い猫には冷えもよくないということなので、なんとか冷たくない水素水を飲ませようとあれこれ画策しております。

実は水素水の湯煎テストやレンチンテストもおこなっていたのですが、なかなかよい結果が出せていません。
ことごとく失敗続きです。
ちょっと温度が高くなるとすぐ水素が抜けて、あっという間に半分~ゼロになってしまうのです (T-T)

なかなかよい加温方法が見つからず、あったか水素水スープの夢はいまだ果たせないままです。

とりあえず水素水の「キヨラビ」を使って、常温保存したときの水素濃度の変化を調べてみました。

室温保存であるていど水素量の維持ができるようであれば、ひえひえ状態の水素水を飲ませなくてもすむのでは?というのが目的です。

開封直後のキヨラビの水素濃度はこちらの記事からどうぞ。

【水素水キヨラビの開封直後の濃度】
今回テストするのはこちらの「ナノ水素水キヨラビ」。パック本体はアルミパウチなので水素量の維持が期待できますが、飲み口はプラスチック。前回試した飲み口なしタイプの水素水に比べて、水素が抜けるのが早いだろう、と当初予測していました。ところがところが。

開封直後の濃度は、ネット未公開分もあわせると計4回調査。
全て0.9~1.1ppmの範囲におさまっていました。(平均1.0ppm)

さて、今回のテストでは開封後に冷蔵庫に入れず、室温(20~25度程度)で保存した状態での濃度変化を記録していきます。

※今回調査分のパックでは、9/28の開封時で濃度1.0ppmでした。

24時間

◇開封24時間後:7滴反応=0.7ppm (9/29実施)

ki24h07ppm_ver3_noncool

開封後冷蔵保存せずに24時間経過後の水素水濃度テスト(KIYORABI)

残念ながら、最初でいきなりガクッと落ちますね……。

ふたを閉めるときに何かミスったかな??

48時間

◇開封48時間後:6滴反応=0.6ppm (9/30実施)

ki48h06ppm_ver3_noncool

開封後冷蔵保存せずに48時間経過後の水素水濃度テスト(KIYORABI)

ところが、その後の減り方はけっこうゆるやかなようです。

72時間

◇開封72時間後:5滴反応=0.5ppm (10/1実施)

ki72h05ppm_ver3_noncool

開封後冷蔵保存せずに72時間経過後の水素水濃度テスト(KIYORABI)

室温三日目でも0.5ppmを維持してるのは、なかなかすごいですね (゚ロ゚;)

96時間

◇開封96時間後:2滴反応=0.2ppm (10/2実施)

ki96h02ppm_ver3_noncool

開封後冷蔵保存せずに96時間経過後の水素水濃度テスト(KIYORABI)

さすがに四日目ともなるとほとんど水素は抜けてしまいました(笑)

ここまで毎日飲んでいたので、すでに中身もあまり残っていません。

必然的にパッケージ内に空気が残る確率も高くなるでしょうし、残りが少ない状態で長く保存するのは得策ではないのかも。

結論

室温(20~25度)で保存していても、三日目くらいまでならなんとか水素水として機能してくれそうでした。

真冬になってしまうと場所によっては室内でもひえひえになってしまいますが……
なるべく冷えすぎない場所を選んだり、保温バッグやタオルでくるんで保存するなどすれば、あまり冷たくならないで保存・使用できるのではないかと思います。

ただ水道水のように滅菌されているわけではないので、エアコンの下などの暖かすぎる場所にずっと置いておくのは、衛生面でもちょっと不安があるので避けたほうがよいかもです。

今回テストで使用した水素水はこちら。

キヨラビは水素濃度や保存しやすさで、猫用の水素水としてもおすすめできそうですね ( ´∀`)b

次に試してみる水素水

そろそろキヨラビのお試し注文分も終わるので、新しい水素水を注文してみました。

次回もやはりアルミパウチタイプの水素水「 メロディアンハーモニーファイン 」。

水素水メロディアンハーモニーファイン

こちらはお試し300ml×7パックが500円(!)と、かなりハードルが低く設定されてます。

さらに、今回初めて挑戦する自作タイプ(?)の「アキュエラ 水素水7.0」。

水素水アキュエラ7.0
こちらはお試し6,800円でけっこうお高いですが、500ml×30回分。
いつもの「溶存水素濃度判定試薬」(1,620円相当)がいっしょについてくるので、実質的には5,180円です。

……コスパ的にはどうなんでしょうね?
初めてなので全てが未知数(笑)
そもそもどうやって作るのか、まだよくわからないです。

当面はこのふたつを、またいろいろ比較していきたいと思います。

『【水素水キヨラビを常温保存で濃度テスト:12h~96h】』へのコメント

  1. 名前:にーにー猫 投稿日:2015/10/22(木) 16:42:41 ID:4c2234c38 返信

    あ~やっぱり温めると抜けちゃいますか(>_<)
    3か月位レンチン状態で飲ませていましたが
    意味なかったですね~泣
    ただ、ある意味我が家については水素水は諦めがついて
    すっきりしたかもです。
    現状は1回50ccのカルカンパウチをお湯でのばしたスープを2回、
    2週間に1回の補液とこちらで見て購入した療法食2種を補助的に使う、
    で維持しています。
    冬は寒がりな為に炬燵にこもっちゃったりで脱水気味に加速がかかるので
    要注意ですが・・・
    いつもMさまの情報が本当に助けになっております。
    ありがとうございます!!

    • 名前:M 投稿日:2015/10/22(木) 17:41:41 ID:ede1c2557 返信

      猫は人間と違って、健康効果を説得して飲ませるわけにもいかないから難しいですよね (´^`;)
      まあ、水素水でなくてもスープは水分補給になりますから!

      うちも結局ちょこちょこシリンジで飲ませてる程度なので、トータルではそんなに取れてないんだろうなぁ。
      クロの余った水素水でコットンパックしたりと、むしろ私の方がお世話になってる状態です(笑)←意外と調子よかったりします

  2. 名前:M 投稿日:2015/10/22(木) 17:54:01 ID:ede1c2557 返信

    >昨日コメント欄からリンクのご報告をくださった「管理人」様へ

    本来ならメールでお返事をさせていただくところなのですが、アドレスをご記入いただけなかったため、こちらからお返事を差し上げることをお許しください。

    リンク集への掲載のお申し出、大変ありがとうございます。
    当ブログへリンクしていただくことに関しては全く問題はございません。

    ただ相互リンクのお申し出の件は、大変恐縮なのですが今回は見送らせていただきたく存じます。
    (貴サイトのテーマ「婚活」と当ブログとの接点が見出せないのが理由です。)
    せっかくのお申し出にお応えできず、大変申し訳ございません。

    貴サイトのますますのご発展をお祈り申し上げます。