【動物病院のうっかりミスはけっこう怖い】

いつものように、クロの輸液とシロ・クロ2週間分の薬(フォルテコール)をもらいに動物病院へ行きました。

薬の中身は一応受け付けで確認させてもらえます。

今回も中身を見せてもらったのですが、仕事帰りで疲れていたせいかちょっと注意力が散漫になっており、一瞬感じた違和感を素通りしてしまった気がします。

うちに帰って改めてシロの薬を確認して、「これいつもの薬じゃない!」と気付きました。

medicine_closeup

パッケージにいつもよりボリュームがある感じです。

裏面を見ると「Fortekor Flavour 5 /5mg」の表示が……。

これってフォルテコールの 5mg?

こちらはいつももらっている薬。

medicine_closeup2

「Fortekor 2.5 /2.5mg」……ということはフォルテコールの2.5mg。

つまり、今回は間違って倍量が出たということですね。

翌日また病院に寄って、無事交換してもらえました。

実は同様のミスは以前にも一度ありました。
そのときは受付で私が気付き、いつものものに変更してもらって終わりだったのですが。

まあ、今回のように錠剤の大きさそのものが違えば、さすがに飲ませる段階になれば気付くとは思いますけども……。

これがもしカプセルか何かで、見た目で違いがわからなかったりすると怖いですね。

現在のシロの投薬は私の父が担当しているのですが、父はそもそも病院と薬が大嫌いなので、薬の違いなんてあまり気付かなそう。

いつもは私がまとめて薬をもらっていますが、たまたま仕事などで家を開けていて、うちの親のどちらかがもらいにいったとしたら。

そしてそのまま誰も薬の処方ミスに気付かず、シロに飲ませていたとしたら。

想像するだけでゾッとします。

私自身、薬の処方ミスで命を落としかけたことがありますから。

だいたい人間でも、医療ミスは不運やうっかりが重なったときに起こるものです。

人間であれば「自分の身は自分で守りましょう」と言うこともできますが(私は昔かかりつけ医に言われました)、当然猫には無理ですよね。

そのぶん飼い主は責任重大。

最近こちらの病院に若干の不安も感じてきたので、機会があれば近隣の動物病院の偵察もしてみようかなと迷ってます。

先生とのつきあいは長いし、スタッフはみな親切で優しいし、相性自体は悪くないのですけどね……… (v_v)

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする