【水素水kiyorabi(キヨラビ)の開封直後の濃度を調べてみた(追記あり)】

今回も判定試薬をつかい、水素水を実際に開封する時点で

どれくらいの水素がのこってっているのかをしらべました。

ふたたび使用した試薬はこちら。

溶存水素濃度判定試薬
溶存水素濃度判定試薬

Sponsored Link
猫腎臓336×280

キヨラビを濃度テスト

テストするのはこちらの「キヨラビ 」。

キヨラビの詳細データは、注文してとどいたときの記事にあります。

【今度のクロのお試し水素水はキヨラビ(追記あり)】
水素水にはうっすら手ごたえを感じたので期待しています。今回試してみるのは「 KIYORABI(キヨラビ)」でこちらも高濃度が売りの水素水。初回限定お試しは500ml入6本セットで税・送料込1,620円でした。(リーズナブル!)

参考トラストウォーター

【水素水トラストウォーター開封直後の濃度】
今回は判定試薬を使って、水素水を実際に使用する時点でどれくらいの水素が残っているのか、調べました。透明容器の黄色いラインまで水素水を入れ、試薬を1滴ずつたらして調べます。青い試薬が1滴透明になれば、0.1ppmの水素が含まれていることになるそうです。

パック本体はアルミパウチなので水素のキープが期待できますが

問題は飲みくち。

この部分はプラスチックでできています。

プラスチックは水素がとおりぬけやすいということは、かつて売られていたペットボトルタイプの水素水がほぼ駆逐されてしまったことからもあきらかです。

下のデータを見ても、ペットボトル製品はどれもひどい結果ですよね。

suisosui_al

( 週刊文春 2013年2月28日号の水素水特集より。赤丸はアルミパウチ商品)

キヨラビはこのプラスチック製の飲み口部分から水素がぬけてしまいそうな気がします。

前回試した飲み口なしタイプの水素水(トラストウォーター)にくらべて水素がぬけるのがはやいだろう、と私ははじめのうち予想していました。

ところがところが。

このキヨラビ、意外と水素量がもってくれたんです。

むしろトラストウォーターよりながもちしたくらいでした。

開封後の水素量の変化についてはまたべつにまとめますのでもうしばらくおまちください。

今回はまず、開封直後にどのていど入っているかを確認しました。

念をいれて、合計4回計測。

驚きの第1回目

ki_open11ppm_ver1


開封直後の水素水濃度テスト(KIYORABI) ver.1 

なんと11滴も反応しました。

つまり、水素濃度は1.1ppm

水素って1.0ppm以上のこっていられるものなんだ…となぜかちょっぴり感動。

確認の第2回目

ki_open10ppm_ver2

開封直後の水素水濃度テスト(KIYORABI) ver.2

このときは10滴反応。
つまり1.0ppmの水素濃度。

んん?

トラストウォーターが毎回同じ数値だったのでキヨラビもそうかと思ってましたが、おもったよりバラツキがある?

1.0超えをまた見せてほしいなぁ。

安定の第3回目

ki_open10ppm_ver3

開封直後の水素水濃度テスト(KIYORABI) ver.3

このときも10滴反応で、1.0ppm。

ということは、どのパックも開封時はほぼ1.0~1.1ppmあるのかな。

なかなかたよれそうな水素水かも、と期待がたかまります。

そしてダメおしの第4回目

キヨラビ試薬テストver.4

開封直後の水素水濃度テスト(KIYORABI) ver.4

このときは9滴反応で0.9ppmという結果。

……あれれ?

やっぱりパックごとにバラツキがあるみたいですね。

も、もしかしてうちに届いたときがたまたま充填直後で、経過時間とともにすこしずつぬけていってるんじゃあ……などという疑問もややのこりますが(笑)

基本的にぜんぶの回でトラストウォーターの開封時の数値をうわまわっていたのは事実。

キャップがあるおかげで開封後の保存もかなりラクでしたし。

現時点で、私の中でのおすすめ水素水はキヨラビというのは変化なしです。

その後「水素たっぷりのおいしい水」のパッケージがかなり改善され、
キヨラビよりそちらがおすすめになっています   (^。^;
(2016年7月現在)

キヨラビの保存方法のコツまではちょっと書けなかったので、こちらもまた次回以降に。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ