肛門嚢(のう)破裂の発覚

朝ベッドのシーツを見ると、薄く小さな血の染みがいくつか目にとまりました。
心当たりがないので不思議に思い、同時に嫌な予感がしました。
クロは、朝ごはんを普通に食べていました。

lookup

ふとクロのお尻を見ると、肛門の横に人差し指の先くらいの穴ができており、赤く肉が露出しています。
ベッドの染みは、そこからの出血のようでした。

慌ててかかりつけの動物病院へ。
院長先生が診てくれて、クロの患部をギューッと圧迫します。
するとその傷跡から、何かベージュ色のミンチ状のものが結構大量に出てきました。
膿みたいなものでしょうか。
でもそのときは、とくに嫌な臭いなどはしなかったです。
診断の結果は、「肛門嚢破裂(こうもんのうはれつ)」というものでした。
以下、先生のお話。

傷はガーゼなどで塞いだりせずこのまま放置。
(正直始めは、傷口を消毒しないことに不信感を持ちましたが、あとでネットで検索するとその方が治りが早いという説がありました。こまめに消毒したり、傷口を焼いたりするのは先生の治療方針によって様々のようです。)
分泌液で周囲が汚れるので、それでも良いところで療養させること。
1~2週間では傷口は治らないと思ってほしい。
抗生物質と痛み止めを1週間分飲ませること。
1週間後に再度様子を見せに来るのが望ましい。
今後は再発しないよう月1度くらいのペースで肛門嚢を絞る必要あり。

この時点ではまだ食欲もあり、脱水症状もなく、顔つきもしっかりしているので、肛門嚢以外の病状には誰も気づいていませんでした。

この治療が終わったら、改めてクロの健康診断として血液検査を受けようと思っていたのですが、今思えばこのときにやってしまえばよかったです。
そうすればもっと早く、腎臓の悪化に気づいてあげられたのでしょう。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする

Sponsored Link
猫腎臓336×280