【非常用に輸液の在庫を確保】

クロ2014/9/8

日曜日、クロの輸液と薬をもらいにいってきました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

今回の動物病院代

体調が安定しているので、クロの診察はなしです。

今回は輸液の在庫調整をかねているので、追加で購入したのは5セットだけ。

降圧剤は2週間分きちんともらいました。

2014年9月7日
輸液剤(250ml)700円×5コ=3,500円(税抜)
輸液セット(ライン+注射針)100円×5コ=500円(税抜)
降圧剤(内服・フォルテコール)90円×14回=1,260円(税抜)
———————-
小計5,260円
外税421円
合計5,681円

輸液セット5回分+針7個(予備分含む)+降圧剤2週間分

輸液のペースを1日1回から2日に1回に変更する過程で、

保管分にすこしあまりがでていました。

手元によぶんにあるのは、輸液とチューブのセットが5つと、針が2つです。

ちょうど非常用に在庫を持もたいと思っていたので、

これを利用しておおめに保管していくことにしました。

2週間で必要な輸液は7セット。(2日に1回ペース)

それにくわえて約1週間分、3セットくらいの在庫をもっていれば、

とりあえずは大丈夫でしょうか。

本当は2週間分(7セット)くらい余裕があれば安心感があるのですが、

あまりよくばっても保管場所にこまりますしね。

輸液セットって意外と場所をとるのです。

輸液の補完場所

現在私が輸液の保管に利用しているのは、A4サイズの書類ボックス。

7回分(2週間分)ていどならわりとゆったりはいります。

輸液道具の箱2014/9/8

以前書類の整理をしたとき、ちょうど余りが出た箱を再利用

でも今回は非常用もふくめて10セット分いれたので、

(通常2週間分7セット+非常用1週間分3セット)

けっこうギチギチ状態です。

輸液箱の中身

箱がパンパンです。入れるのはこれが限界

さあこれで安心~となかみを再確認したところ………

もうお気づきかもしれませんが、針が1つたりませんでした。

箱の中には輸液セットが10個と針が9本。

うっかり計算ミスです ( ̄◇ ̄)

しかも自分の刺し損じのことなどすっかり失念して、

その分ももらいそびれてしまいました。

そもそも失敗のせいで数があわなくなっているのに、このていたらく。

今回受付で相談したら、

刺し損じ分の針をおおめにもらうのは問題ないようでしたので

次回からはもうすこしおおめに針をもらってくることにします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング