【番外・1995年当時の我が家の猫】

今日は阪神淡路大震災の日。
4年前の東日本大震災の記憶とも重なり、色々なことを考えた一日でした。
追記:我が家は関東圏なので’95年の震災での影響はほとんどありませんでした。
その一方東北の震災ではこのあたりも大きく揺れ、猫たちが動揺していたのを思い出します。
1995年当時自分は何をしていただろうと考える中で、そういえばその頃のうちの猫事情はどうだったっけ?……となんとなく猫アルバムを引っ張り出してみました。
(すでに震災と関係のないところへ意識がいってしまってます。すみません)
たぶんその頃うちにいたのはこの猫たち。
猫一族3
箱の中の2匹は親子で両方メス。左のオス猫は………たぶん2匹の血縁です
この数年前、かわいがっていた猫とその息子猫を立て続けに猫エイズで亡くして意気消沈していたところへ、亡くなった猫そっくりの若いメス猫が、子猫2匹をひき連れてうちの庭で暮らし始めました。
それが下の写真の左奥にいる三毛猫。
そのとき連れていた子猫の片割れが、その右にいるサバトラ(メス)。
あまりにそっくりなので不思議な縁を感じ、庭で暮らせるように猫用の小屋を作ってやりました。
(もう1匹いた子猫は、うちに来てまもなく車にはねられて亡くなってしまいましたが。)
とても人なつっこかったので、もとはどこかで飼われていた猫だったのかもしれません。
猫一族1
こちらはおそらく1994年春頃の写真
右奥の白っぽい子猫は、1枚目の左にいるオス猫です。
写っている子猫たちは、この母娘どちらの子でもありません。
猫一族2
サバトラちゃんと子猫
三毛が子連れでやってきた数ヵ月後、また別の三毛猫(仮称:新三毛)がやってきました。
最初の三毛ととても仲がよいのを見て、おそらく母猫かなにかなのだろうと推測。
ほかの猫と一緒にごはんをあげるようになりました。
……すると、徐々に大きくなってくる新三毛のお腹。
なんと妊娠中でした!
その新三毛の子どもが、写真に写っている子猫たちなのです。
当の母猫・新三毛は、子猫たちが乳離れしてしばらくすると、三毛&サバトラ母娘に子猫たちを託していなくなってしまいました。
(離乳後タイミングをみて新三毛には避妊手術をしたので、その後は妊娠していないはず。)
なので新三毛の写真は、残念ながら1枚もありません。
そんなこともあるのねとびっくりしたのですが、さらに驚いたのはその1年後。
なんとその新三毛、再びうちに様子を見に来たのです。
そして子猫がちゃんと育ってるのを確認しつつしばらくうちに居候したのち、いつの間にかまた旅に出てしまいました (゚o゚)
その後は安心したのか、もう二度とうちにやってくることはありませんでしたが(笑)
ちゃっかりしててたくましい猫だな~と感心したものです。
猫一族家系図
家系図にするとこんな感じ。丸がついているのが写真に写っている猫
この頃が、うちの歴史の中で一番猫密度の高かった時期だと思います。
新三毛から生まれた4匹の子猫のうち、1匹は生後1週間で亡くなり(原因不明)、写真に写っている黒白ハチワレは突然死、三毛も交通事故で逝ってしまいました。
交通事故が続いたことや病気・怪我が心配で完全室内飼いも考えたのですが、外暮らしが長かったためか全く成功せず「外出自由な家猫」ということで妥協しました。
その後残った猫たちとは7~8年一緒に暮らしましたが、最終的には結局みんな猫白血病にやられてしまいました。
(当時は猫白血病のワクチンがまだなかったのです。)
今日は震災で亡くなった方々の冥福を祈りつつ、猫達の思い出にもひたった一日となりました。
Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする