【番外・「ネコの看取りガイド」を読んでみた】

kuro20150702
見たかんじではとくに変化なし

クロの数値悪化がわかってから、どこか気もちがざわついて落ちつきません。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

不安な気もちをなんとかしたい

これはそろそろ、ちゃんと現実をうけとめる準備をしなくてはいけないのかもしれない。

そのためになにかすこしでも参考になるものがほしい……。

落ちつかない気もちをなんとかしたくて、助けになりそうな本を探しました。

「ネコの看取りガイド」を読む

そんななかで、今回購入したのがこちら。

mitori

ダイレクトなタイトルです

こちらは著者が、猫専門病院「東京猫医療センター」の院長 というのがポイント。

私もそこにひかれて購入しました。
購入した時期のアマゾンの猫本カテゴリでは、たま駅長をおさえてベストセラー第1位でした。(2015/6/28時点)

ネコの看取りガイド」服部幸 著 (Amazon)

 ■主な目次
1章:知っておきたい猫の一生
2章:自宅で行う看取りケア
3章:行動から病気を読み取る
4章:終末期の猫に多い病気とケア
5章:臨終前後にしてあげられること
6章:スピリチュアルペインを癒す

とにかくこのイラストがなんともいい味だしています(*´∀`*)

パラパラめくって、あー猫ってこんなかんじだよね~と思わずほほえんでしまいました。

すべてイラストで解説されているので、絵本やマンガを読むような感覚でさらっと読むことができます。

このイラストのおかげで悲観的になりすぎずに読めるのもいいですね。

まだ猫を看取った経験のない方であれば、基本的なことが書かれているのではじめて読むにもぴったりなのではないでしょうか。

逆にいえば、これまでなんどか猫を看取った経験があれば、しっていることしか書かれていないともいえます。

もうちょっとあたらしい発見があるかと思っていたので、ややものたりない印象ものこりました。

著者が獣医師であることに期待しすぎてしまったかもしれません。

そのほかに読んでみたい本

ほかにはどんな本があるのかなーと思い、ちょっと調べてみました。

今は、こういう本がいくつもでているんですね。

やはり猫の長寿・高齢化が反映されているのでしょうか。

猫とさいごの日まで幸せに暮らす本

次に読んでみたいと思っているのは、猫好きの中ではおそらく有名な、加藤由子さんの猫看取り本。


猫とさいごの日まで幸せに暮らす本」加藤由子著 (Amazon)

アマゾンの解説を見る限りでは良さそうな感じ。

加藤由子さんの実践しているノウハウなどが読めそうで、けっこう期待しています。

2017年9月追記
その後購入して読んでみました。
ここにもすこし感想を書いたのですが、あらためてメモ。

こちらはちょっと辛口な猫看取り本。猫と暮らすことの責任を考えるレベルの、猫好き中級者以上向け。でもむしろペットショップで猫眺めて「わ~カワイイ」だけな人にこそ、読んでもらえると嬉しいです。

たいせつな家族 犬と猫を看取る

こちらは猫だけでなく、犬もふくめた看取り本。

たいせつな家族 犬と猫を看取る」伊藤哲也 著 (Amazon)

まとめ

看取りだなんて縁起でもない!と目をそらすのではなく、できる範囲で受けいれる準備をしておくことも大切な気がしました。

もちろんいくら準備をしたところで、悲しみ自体は軽減しないのですけれど……。

それでも、どん底からの立ちなおりが、ほんのすこしでも楽になることを願って。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする

『【番外・「ネコの看取りガイド」を読んでみた】』へのコメント

  1. 名前:サバトラーニャ 投稿日:2015/07/03(金) 10:18:31 ID:caca5abe6 返信

    私はまだ猫を看取ったことがないのですよ。
    独身時代はずっと犬と生活していて、4匹見送ってきましたがメインは母。
    初めて私が中心となり将来看取る事となります。
    正直すっごく不安です。
    パニクって猫を不安な気持ちで送り出してしまわないか、ちゃんと立ち直れるのかetc・・・
    ヘタレな私の踏ん張りどころだと思っています。
    けれど、Mさま、諦めていらっしゃらないですよね?
    確かに今回数値は悪化しましたが、もっともっとびっくりする程数値の悪い猫さんが
    改善したり、そこから5年、6年大丈夫だったり
    こればっかりは人間もそうですが、予後は個体差があると私は思います。
    お気持ちはすっごくよくわかります。私も心配性ですし(苦笑)
    ただ、不安な気持ちは動物の敏感な感性にモロに影響してしまうので
    「自分の中で最善を尽くして、でも気楽に」を(言うは易しですが)暗示のように自分に
    刷り込みましょう!!!
    あと、コメントのお返しに輸液1回250ccとお教えいただいたのですが、
    私が獣医さんに訊いた所によると1回に余り沢山輸液すると心臓に負担がかかるとの事でした。
    長女猫は以前、違う病院で1回200ccされていましたが、確かにその日は元気がありませんでした。
    (今は週1ですが、100ccから様子を見て150ccなら大丈夫とわかり
    その後は輸液後も元気にしています)
    差し出がましいようですみません!
    どうかお気持ちが少し上向きになりますように・・・

  2. 名前:ゆうこ 投稿日:2015/07/05(日) 09:30:21 ID:705107bcd 返信

    Mさん
    クロちゃんの数値は正常値よりやや高い程度ですよ。
    ご心配は本当によくわかります。 心の準備をしようと云うお気持ちも。。。
    でもね、本を読むお時間を是非クロちゃんと接する時間にしてほしいなと思います。
    Mさんのクロちゃに対する献身はなかなかできるもんじゃありません。
    失った後のことを考えるなという方が難しいですが、それは悲しみから逃れたいという飼い主のエゴかも。。。
    私たちは愛するにゃんこ達のため、自分のところに来てくれたにゃんこ達のため、
    感謝しながら一緒に日々を過ごしていくのです。
    そういう私も毎日葛藤の日々、投薬がうまくいく日、行かない日、たくさんご飯食べる日、食べない日、
    ウンチする、しないで気持ちが浮き沈み。。。にゃんこだってロボットじゃないんだから色々あるさ、と
    気持ちを切り替えようとしても悪い方へ悪い方へと考えが行ってしまいます。
    考えてみたら飼い主が落ち込んでいたり、イライラしているとにゃんこも可哀想ですよね。
    明るい元気なママの方が良いですよ~。 一緒に元気出しましょう!!

  3. 名前:M 投稿日:2015/07/05(日) 11:06:43 ID:f1a99ed76 返信

    >サバトラーニャさん
    今回の記事はいろいろ誤解を与えてしまうテーマだったかもしれません ^^;
    私自身は、クロの数値は絶望するには早いと思っているし、お世話を諦めたりも全然していませんよ~。
    むしろまだまだこれから!と闘志を燃やしているくらいです(笑)
    さらに今回看取り本を読んだことで、戦う覚悟ができたというか。
    輸液の件、ご心配ありがとうございます m(_ _)m
    たくさんの量を頻繁にすると心臓に負担をかけるという話は確かに耳にしますね。
    以前私も心配になって、かかりつけの医師に量の相談をしたのですが、「うちの病院は1回250ccがデフォルト」とのことでした。
    そのへんは各病院によって考え方が違うので、一概に否定もできず。
    ただ、もし毎日100ccを希望するなら100ccパックも取り寄せますと言っていただけたので、今後体調次第ではそちらに切り替えも考えています。
    幸いクロは今のところ1回200cc以上輸液されても元気に走りまわってるので、しばらくこのままの量で様子をみたいと思っています。(頻度はちょっと上げますが)

    >ゆうこさん
    ごめんなさい、やっぱり看取り本には、思った以上に抵抗を感じる方が多くいらっしゃるようですね。
    私の場合はむしろ、クロの体調がまだそれほど悪くない時に読んでおくべきかと思ったので、試しに読んでみたのでした。
    今後もっと状態が悪くなったときはそんな余裕はなくなっているかもしれませんし。
    これはもちろんあくまでも私の考えですから、ほかの人もそうするべきとは言いません。
    そうですね…エゴなのは十分承知しています。
    これまで猫たちを看取ったあと、毎回あまりにも自分の精神がやられてしまったので、自己防衛の意味もあります。
    (猫とは関係ありませんがかつてうつ病をやった経験もあるので。)
    看取り本に果たしてその効果があるかどうかは不明ですけども(笑)
    ゆうこさんの猫さんも色々な症状を抱えていらっしゃるので、お世話も大変なことと思います。
    お世話のスタンスは百人百様かもしれませんが、みんな悔いのないよう、猫と一緒に過ごす時間を大切にしていきたいですね (^^)

  4. 名前:ゆうこ 投稿日:2015/07/06(月) 11:20:45 ID:0d6018645 返信

    Mさん
    取り越し苦労しちゃいました(汗)ごめんなさいね~
    我が家の投薬、色々試して結局今は「食パン」、
    柔らかいところをちょいとちぎってお薬を丸めて、
    喉の通りが良いように「アマニ油」をまぶしてお口の奥に投入。
    (自主的にはたべにゃい) コクンと飲み込み、油の感触をペロペロしてます。笑
    毎日頑張りま~す。

  5. 名前:M 投稿日:2015/07/11(土) 18:58:02 ID:3f7b4f2d4 返信

    >ゆうこさん
    なるほど、食パンですか!
    それはまだ試したことがなかったです。
    今度一度やってみます! (^^)v