【指の炎症は無事治癒】

爪まわりの赤みは治癒

赤みはとれました

先日、クロの前足の爪まわりがはれている件について書いたのですが

【リアルタイム更新】クロの爪周りに炎症
数日前からちょっと気になる症状があります。左手(というか左前脚)の親指、爪の付け根あたりが赤いです。触ると痛いのか怒られます。しきりにここだけ舐めているということは、何か違和感があるんでしょう。

しばらく様子をみていたら自然になおってくれたようです。

こちらではまだ書いていなかったので、いちおうご報告。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

かつて皮膚がただれたうちのケース

今回はすんなりきえてくれてほっとしました。

猫ってけっこう神経質なので、

ちょっと皮膚にトラブルがあると気にしてなめて、悪化させるパターンが多いです。

チョビ

チョビの場合はストレスで体をなめすぎてハゲをつくり、

さらになめつづけて患部が赤むけになることがたまにあります。

追記 その後もまたなりました。orz

【番外・チョビのストレスハゲ】
先週末、チョビがハゲを作ってしまいました。まだ正確にはわかりませんが、たぶんいつものストレス性ハゲ、過剰グルーミングによる脱毛と思われます。私が気づいたときにはすでにやや悪化しており、舐めすぎで炎症までいっていました。

昔の猫マロ

昔いた猫マロは、白血病で亡くなる半年くらい前からずっと、

うしろ足の指のあいだが一部ただれていました。

そのままだとなめてさらにひどくなるので、

薬をぬってから人間用のくっつく包帯をまいて、悪化をふせいでました。

入手先 楽天AmazonYahoo!

これはとめ具なしでもちゃんと固定できたので便利でしたね

その包帯はけっきょく亡くなるまで巻きっぱなしでしたが……。

当時のかかりつけ病院では、

病気による免疫力低下のせいだといわれた記憶があります。

病気で体力がおちると(白血病などではなくても)

そのようなことがおこるかもしれません。

私は今回のクロの炎症が、そのあらわれではないかとおびえていたのですが

ひとまずそれは否定されたようでほっとしました。

気もちが弱っていると、ちょっとしたこともすべて

心配ごとに関連づけてしまっていけませんね…… (-。-;)

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ FC2ブログランキング