【指の炎症は無事治癒】

先日、クロの前足爪周りが腫れている件について書いたのですが、しばらく様子をみていたら自然に治ってくれたようです。
こちらではまだその報告を書いていなかったので、一応書いておきます。
治った指
赤みはとれました
今回はすんなり消えてくれてほっとしました。
猫ってけっこう神経質なので、ちょっと皮膚にトラブルがあると気にしてなめて、悪化させるパターンが多いです。
チョビはかつてストレスで体をなめすぎてハゲを作り、さらになめ続けて患部が赤むけになったことがあります。
そういえば以前猫白血病で亡くなったマロは、亡くなる半年くらい前から後ろ足の指の間が一部ただれていました。
そのままだとなめてさらにひどくなるので、薬を塗ってから人間用のくっつく包帯を巻いて、悪化を防ぎました。
留め具なしでもちゃんと固定できたので便利でした
ただれはいつまでたってもいっこうに治らず、その包帯は結局亡くなるまで巻きっぱなしでしたが……。
当時のかかりつけ病院では、病気による免疫力低下の症状と言われた記憶があります。
病気で体力が落ちると、白血病などではなくても、そのようなことが起こるかもしれません。
私は今回のクロの炎症がその現われではないかとおびえていたのですが、ひとまずそれは否定されたようで安心しました。
気持ちが弱っていると、ちょっとしたことも全て心配事に関連付けてしまっていけませんね……
(-。-;)
Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする