【投薬補助剤の比較と感想~ピルポケットなど】

3歳のクロ
3歳ぐらいのクロ

このころはまだおくすりとは無縁でした

投薬補助剤ってなに?

投薬補助剤とは、犬や猫に薬をのませようとするといやがるとき、

においや味などで薬の存在をカバーして、気づかれないようにするためのものです。

分類的にはサプリメントというよりも、便利グッズにちかいですね。

猫につかえるものは、私が把握したかぎりでは

ピルポケット フレーバードゥおくすりちょーだい

の3つが代表的な商品のようです。

※ほかにもなにかあればためしてみたいので、ご存知のかたがいらしたらおしえてください。

投薬補助剤3種への、3匹の反応

まずは最終的な結果から。

こちらは投薬補助剤3種への、3匹の反応一覧表です。

クロ チョビ シロ
ピルポケット ★★ × ×
フレーバードゥ ★★
おくすりちょーだい × ×

× ……………これ嫌い
★……………ちょっとならOK
★★…………んーまあまあ?
★★★………おいしい!

ざんねんながらうちの猫たちには、これが決め手!といえるほどの

花マル商品はありませんでした。

だましだましつかえばしばらくはなんとかなるかな?ていどです(v_v)

それではいよいよ、それぞれの詳細をご紹介していきましょう。

グリニーズ ピルポケット

フレーバーはチキンとサーモンがあります。

価格はだいたい1,500円くらい。

ピルポケット

今回はチキンをためしてみました

ちかごろ輸入がストップしているようで、どこも品ぎれ傾向ですね。

先日、”グリニーズ獣医師専用ピルポケット...

(参照:動物病院blog/たかまる日記 さん)

うちのかかりつけ動物病院できいてみたら、

メーカーに在庫がのこっているうちはとりよせできます、とのこと。

さっそくとりよせをおねがいし、先日ぶじに1袋入手しました。

そのうちまた輸入再開するとは思いますが、

いますぐにでもためしてみたいというかたは

はやめにかかりつけでとりよせてもらうのが確実そうです。

どうしてもネット通販でかいたい場合は、

現在AmazonやYahoo!ではほぼ売りきれですが

楽天ならまだすこしだけあつかっているお店がありました。

その後、全面的に販売が再開されたようです。(2017/2/28追記)

赤いピン ピルポケット (楽天|Amazon|Yahoo!)

  • 原材料(チキン味):乾燥チキン、小麦粉 小麦グルテン、植物油、コーンシロップ、乾燥チキンレバー、タンパク加水分解物、脱脂粉乳、グリセリン、ph調整剤、増粘安定剤(キサンタンガム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
  • 成分値:タンパク質11.0%以上、脂質9.0%以上、粗繊維1.0%以下、灰分3.0%以下、水分31.0%以下
  • 代謝エネルギー:3kcal(1粒あたり)
  • 内容量:45g(標準45個入)
  • 原産国:アメリカ
  • 保存方法:直射日光を避け、湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
  • 給与方法:獣医師の指導に従い、薬を与える回数に合わせて適宜与えてください。
  • 特長:薬を隠すことで簡単・確実な投薬を補助します。
  1. やわらかい独自の形状で、錠剤やカプセルを隠すことのできる穴があるため、簡単に薬を包み込んで隠すことが可能
  2. 主原料は100%自然素材使用。第一主原料にチキンを使用し、高い嗜好性を実現
  3. 隠した薬に、愛猫が気付かず喜んで食べる。抜群の投薬成功率により、困難な投薬の負担を軽減し、愛猫との信頼関係を維持サポート

メーカー:ニュートロ

ピルポケット裏面
パッケージのうら面

商品の詳細はうら面にかいてあります。

おおきさは、手にとるとこのくらい。

ピルポケットの大きさ
意外とおおきめ

猫に1回であげるにはちょっとおおきすぎる気がしたので、

うちではだいたいいつも半分にわってから薬をくるんでたべさせました。

質感はやわらかめの粘土くらい。

クロとピルポケット

クロはなんとかたべてくれましたが……

こちらのおふたかたはおこのみではなかったもよう。

チョビとピルポケット  シロとピルポケット

チョビ「においは気になるけどいらないわ」

シロ「うーんあんまりひかれないね」

サイペット フレーバードゥ

フレーバードゥの価格はだいたい1,000円前後。

こちらは以前いちど記事にしています。

【3匹でお試し・フレーバードゥにくるんで薬】
シロがなかなか薬を飲んでくれなかったので試しに「フレーバードゥ」という投薬補助グッズを入手してみました。中身はお魚フレーバーの硬めペースト。これに薬をくるんで犬や猫に食べさせるというものです。硬さは水分を足して調節可能。

フレーバードゥ開封したてのフレーバードゥ

あけるとけっこうしっかりした、かつおぶしのような香ばしいにおいがします。

開封したてはいくらかしっとりめなのですが、

つかっているうちにどんどんパサついて乾燥していく気がします。

質感に関して口コミで「パサパサの紙粘土」と表現されていましたが

まさにそんなかんじ。

かわいてきたらつかうぶんにだけ水をたして、かたさを調節するそうです。

赤いピンフレーバードゥ楽天 | Amazon | Yahoo! | tama

  • 原材料:小麦粉、植物油、カツオ粉、加水分解いわしタンパク、チキンエキス、豚レバー酵素分解物、生コーヒー豆抽出物、酵母エキス
  • 成分値:粗タンパク質7.9g、粗脂肪14.2g、粗繊維-、粗灰分1.75g、水分4.9g、カルシウム-、リン-、マグネシウム-
  • 代謝エネルギー489kcal/100g
  • 内容量:ペースト・50g
  • 原産国:日本
  • 保存方法:直射日光を避け、室温で湿気の少ない場所に密封して保管。開封後はふたをして冷蔵庫に保管し、3ケ月位で消費すること
  • 与え方:手をよく洗い、清潔なスプーンで相当量をすくいます。(※素手ですくうと汚染されカビや雑菌が発生するおそがあります。)カプセル、錠剤を完全に多い尽くすまで包みます。特別のご馳走として、犬猫に与えます。

乾燥した場合、使用する分をその都度水でやわらかくしてお使いください。
再生したものは容器に戻さないで下さい。
カツオやチキンで風味づけしたペーストに錠剤を包んで飲ませる補助食品。
嗜好性が高く長期投与でも続けやすい飽きにくい味。
愛犬・愛猫どちらにも。
※お湯で溶かして粉薬を混ぜることも可能。

メーカー:ミネルヴァコーポレーション

フレーバードゥの中身

だしてちょっと時間がたつと、すぐこんなふうに粉っぽくなってきます

クロとフレーバードゥ
クロはこれ単体でだすとおいしそうになめましたが……

フレーバードゥで薬を出しても食べないクロ
実際にこれで薬をのませようとしたら無視されました(泣)

こちらのおふたりはそこそこ気にいったようです。

大好物というほどではないみたいですが。

チョビとフレーバードゥ シロとフレーバードゥ

チョビ「食べてあげてもよくってよ」

シロ「わりとウマイよね、これ」

おくすりちょーだい

ラストはこちら。

おくすりちょーだい です。

価格はだいたい1,000円前後。

おくすりちょーだい
手のひらサイズの「おくすりちょーだい」50g

赤いピンおくすりちょーだい楽天 | Amazon Yahoo!

  • 原材料:還元水飴(コーン、馬鈴薯甘藷、タピオカ由来・日本産・アレルギー物質 無)、植物油(なたね由来・カナダ産・アレルギー物質 無)、プロセスチーズ(牛乳由来・フランス、ドイツ、デンマーク産・アレルギー物質 乳)、乳たん白(牛乳由来・EU、アルゼンチン、アメリカ、オセアニア産・アレルギー物質 乳)、乳ペプチド(牛乳由来・ニュージーランド産・アレルギー物質 乳)、香料(牛乳由来・フランス、ドイツ、デンマーク、日本産・アレルギー物質 乳)
  • 成分(標準%):水分20.3%、蛋白質4.1%、脂質31.5%、糖質43.6%、灰分0.5%、ナトリウム144mg
  • 代謝エネルギー:474kcal/100g
  • 内容量:ペースト・50g (130gの商品もあり)
  • 保存方法:0~30℃で保存(冷凍不可)

糖度と水分のバランスによって細菌の繁殖をさせにくくしているため、保存料無添加でも半年品質を保てます。
塩は入れていません。(市販のチーズは塩分1~2%)
褐色へ変色するおそれがあるので冷所にて保管してください。
粉薬だけでなく、錠剤でも少し砕けば混ぜることが可能です。

メーカー:シャンメシャン

製造メーカーによる「おくすりちょーだい」の使用法デモ動画

フレーバードゥを指にとってみる。

おくすりちょーだい中身
質感は、けっこうしっかりめ(ちょっとかため)でねっとりしたペースト状

チーズのフレーバーがついているそうです。

においをかいでみても人間の鼻ではあまりかんじませんが

しいていえば……チーズ?というていど。

クロとおくすりちょーだい
味見でペロリ

クロは一応なめてくれますが、それほど大よろこびというふぜいではありません。

こちらのおふたりはまったく好みではないそうです。

チョビとおくすりちょーだい  シロとおくすりちょーだい

チョビ「やめて。いらないってば」

シロ「えーなにこれ…」

チョビは耳がねてるし、シロはなんだか眉間にシワがよってるようにもみえるし。

においをかいだだけでなめてもくれません。

以上、投薬補助剤3種の比較レポでした。

おまけ

改めて、獣医師によるただしい投薬のしかたを確認するばあいは

こちら↓のリンクからどうぞ。

(獣医師による猫の投薬方法解説)
http://news.mynavi.jp/news/2014/09/25/316/

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

『【投薬補助剤の比較と感想~ピルポケットなど】』へのコメント

  1. 名前:サバトラーニャ 投稿日:2015/07/07(火) 12:03:40 ID:ca1513100 返信

    「お薬ちょうだい」は粉薬がいけるんですね!
    これは便利かも(進んで食べなさそうだけれどアゴに塗り付けで・・・)
    今まで粉薬はほんの少しのオリゴ糖(ハチミツ位の粘度のが売っています)に
    混ぜ混ぜして、それをオブラートを小さく切ったものに包んで直接投与していました。
    (夫が保定、といか抱っこして私が口の横を押えてパカっと開けさせてポイっとな)
    ところで、シロさん、我が家の3女猫に雰囲気にていますww
    白ミケでシロさんと同じ場所に茶と黒の模様があり、丸顔タイプ♪
    ぶさかわで通っています♡(←シロさん、ゴメンなさい~)

  2. 名前:M 投稿日:2015/07/11(土) 19:20:13 ID:3f7b4f2d4 返信

    >サバトラーニャさん
    猫さんは、粉薬をウェットフードに混ぜたら食べなくなっちゃうタイプですか?
    シロは最近、錠剤をくだいて好物のウェットに混ぜたら全然気付かず完食することが判明。
    薬の味と匂いにあんなに神経質だったのに……意外なところが抜けててちょっと笑えました(笑)
    そう。シロはブサカワなのです!(キッパリ)
    ああ見えて、結構けなげでかわいらしいんですよ (*^m^*)