【リアルタイム更新】色もにおいもない寂しさ

おかげさまで、今のところ体調は落ち着いています。

2014/8/28のクロ
毛づくろい中のひとやすみ

最近改めて思うのは猫砂選びの重要さです。

うちはこれまで腎臓や結石などで困った猫がほとんどいなかったこともあり、猫砂選びがなおざりになっていたことに気づきました。

特に、我が家のメンバーにシロが加わってからは猫砂の消費が激しく、その時々で一番安いものを、ローテーションで使ってきました。

今まで定番だったのはこのへんの、紙、ヒノキ、おから、鉱物系の砂。

紙の砂

ヒノキの砂

おからブレンドの砂

鉱物系の砂

使用感はそれぞれ一長一短。

でも安いことが一番重要だったので、せいぜい「固まりやすいか」「飛び散りにくいか」という点で選ぶ程度でした。

もちろん猫が若く健康なうちなら、これらの砂でも問題ないでしょう。
でも今回病院でクロのおしっこの色を聞かれたときに、いまさらですが、ようやく気づいたのです。

あれ…そういえばうちの砂、おしっこの色がわからない………?

お恥ずかしながら、今回クロが腎臓を悪くして初めて、猫砂選びの重要さを知りました。

猫砂はおしっこの色がわかるものにする!

これが猫の健康チェックの基本だったのですね。

もっと早く砂を変えていれば、もっと早期で異変に気づいてあげられたのかなぁと思うと、本当に申し訳ないです。

腎不全がわかってすぐに、おしっこの色がわかりそうなこちらの砂をまとめ買いしてしまったのですが、使ってみたら全然わからなくて使用をやめました。

写真よりもずっと濃いブルーグレーです。
色がわからない以外の使用感はまあまあ。
粒が大きいので飛び散りはやや少なめ。

そして、今使っているのがこちらの紙砂。


軽い紙なのですぐ飛び散るのですが、おしっこの色は本当にしっかりわかります!

チョビの血尿にすぐ気づけたのは、すでにこの砂にしていたおかげかもしれません。

クロのおしっこの色

砂が混じってわかりづらいですが、真っ白い粒が今使っているもの。
グレーの粒が、ひとつ前に使用をやめた紙砂。
茶色い粒がさらにその前使っていたおからの砂。

クロのおしっこは、色もにおいもあまりありません。

今は私の部屋にトイレを置いていますが、存在はまったく気にならないです。
それだけおしっこを濃縮できなくなったということでしょうね。
以前のおしっこはもっとにおいが強かったので、再確認して悲しくなってしまいました。

クロおしっこ中

トイレが小さいのは本猫の好みです。大きいトイレもあり。

可能であれば金に糸目をつけずよい砂を厳選すべきなのかもしれませんが、うちはけして裕福ではありませんので……
妥協点を探り、なんとか使い続けられそうな金額であったこの砂を選びました。

1袋に入っている量が多いので、保管場所に困るのが短所といえば短所(笑)

もしまだ色のわからない猫砂をお使いであれば、なるべく早めに色のわかるものに変更することをお勧めしておきます。
本当に、後悔先にたたず、ですよ。

Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする

『【リアルタイム更新】色もにおいもない寂しさ』へのコメント

  1. 名前:ささみ 投稿日:2014/08/28(木) 21:35:18 ID:c2046a57a 返信

    初めまして。
    クロちゃんと同じころに、うちの愛猫(6歳)も慢性腎不全と診断され、毎日自宅で皮下輸液しています。
    輸液のことで検索していたとき、こちらのブログを知り、いろいろ参考にさせていただいてます!
    うちも、片付けやすいからという理由で、おしっこした後がブルーになる猫砂を使っていて、
    おしっこの異常に気付けませんでした。
    腎不全と診断された後、白い猫砂に変えてから、色も臭いもないことを再確認し、
    「どうして最初から白にしなかったんだろう!」と自分を責めました・・・。
    猫砂選びが大事だということを痛感しました。

  2. 名前:M 投稿日:2014/08/30(土) 21:47:59 ID:bb84140fb 返信

    ささみさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    参考にしていただいて恐縮です< (_ _;>
    同じときに、同じようにがんばっている猫ちゃんがいらっしゃるというのは、なんだか勇気付けられます。
    猫砂の件では本当に反省しました。
    猫の腎不全は私も初めてのため、いろいろ勉強していきたいと思います。

  3. 名前:ささみ 投稿日:2014/08/31(日) 02:08:41 ID:a7da82974 返信

    Mさん
    皮下輸液や療法食選びなどの情報ありがたかったです。
    療法食は、サンプルだと食べるのに、1袋買うと見向きもしてくれないものばかりで(苦笑)
    嗜好性が高いと噂のアニモンダも撃沈・・・。
    今のところキドニーケア(フィッシュ味)と、こちらで知った腎ケアで療法食ジプシーに終止符です。
    もうすぐ私も、真空パックにする機械買います(笑)
    Mさんクロちゃん、一緒に頑張りましょうね!

  4. 名前: 投稿日:2014/09/01(月) 22:13:46 ID:4d5c13428 返信

    >ささみさん
    少しでもお役にたててよかったです。
    私もいろんな闘病ブログさんから、日々勉強させてもらってます。
    その過程で、「実際に使ったり食べたりして、どうだったのか」という個別情報や体験談がとても参考になったので、私もそういったものをなるべく記録していこうと思ってます。
    キドニーケアフィッシュ味は……うちも病院でサンプルをもらったのですが、クロは見向きもしてくれませんでした(ノД`)
    とにもかくにも腎ケアLOVEみたいです。