【リアルタイム更新】自宅で皮下輸液開始

クロをつれて、朝イチで病院へ行ってきました。
前回もらった薬がなくなるのと、食欲不振の相談、脱水症状改善の皮下輸液をお願いするためです。
カメラ目線のクロ食欲がない以外はわりと元気
なかなかちゃんと脱水状態の見極めをしてあげられなくて、クロに申し訳ないです。
ひっぱった皮の戻り具合が、どうも判別しにくくて。
今朝チェックした感じではまだ大丈夫かなと思っていたのですが、病院で診てもらったら脱水が進んでいると診断されてしまいました。
いまの状態を知りたかったので血液検査はしなくてよいのか聞いたのですが、それよりも今は皮下輸液の頻度を増やすほうが重要だそうです。
かといって、そうたびたび仕事をお休みして通うわけにもいかず………。
途方に暮れそうになりましたが、先生から自宅でもできると言われ、挑戦することにしました。
私でもちゃんとできるんでしょうか、と言うと、皆さんやられてますよ、と当たり前のようなお答え。
先生からやり方をざっと教えられましたが、時間にしてたったの2~3分(泣)
しかも、先生が手順をたびたび間違えるので、混乱しまくりです。
こんなことなら筆記用具持ってくるんでした。
これっぽっちのレクチャーで大丈夫なのか私。
そんなに皆さんやられているんでしたら、お願いですから、簡単な紙のマニュアルとか作ってくださいよ、先生……
ちょっと涙目。
そんなこんなで、こちらが輸液セット。
輸液セット
輸液パック、針、チューブ
ネットで調べていたら、YouTubeでやり方の解説してくれている病院があるみたいですね。
あとで参考にしようと思います。

 自宅で出来る猫の輸液療法

ネットの情報を参考に、まずは1週間の自宅輸液。
忙しくても毎日やります。
がんばります!
Sponsored Link
猫腎臓336×280
猫腎臓336×280

フォローする