【リアルタイム更新】おかわりしたデトレ!

デトレとクロ

デトレ(パッケージは2014年当時のもの)

あまりみたことのない、「ル・シャット デトレ」 という腎臓ケア用のドライフードをためしてみました。

Sponsored Link
猫腎臓336×280

プロステージ Le Chat(ル・シャット) デトレ


入手先:楽天 | Amazon | Yahoo!

公式 ル・シャット デトレ (イースター株式会社)

原料

米粉、ポークミール、チキンミール、米糠、動物性油脂、タピオカ澱粉、ビートパルプ、ビール酵母、卵黄粉末、酵母エキス、植物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源)、チキンエキス、チーズパウダー、オリゴ糖、かつお粉末、かつお・まぐろエキス、活性炭※、酵母抽出物(ヌクレオチド源)、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(塩化カリウム、未焼成卵殻カルシウム、食塩、硫酸亜鉛、第二リン酸カルシウム、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、A、パントテン酸、イノシトール、B2、B1、B6、葉酸、K、B12、ビオチン、D3)、酸味料(クエン酸)、香料(ローストガーリックオイル)
※活性炭:ヘルスカーボン®を使用

腎臓の薬として出される活性炭を、あらかじめフードにねりこんであります。

成分

◆保証成分
たんぱく質 27.0%以上、脂質 15.0%以上、粗繊維 2.5%以下、灰分 8.0%以下、水分 10.0%以下、カルシウム 0.6%以上、リン 0.5%以上
マグネシウム 0.10%(標準値)、ナトリウム 0.25%以上、ビタミンA 11,000IU/kg以上、ビタミンE 150IU/kg以上、ビタミンB1 5.0㎎/kg以上、ビタミンB2 5.0㎎/kg以上

◆代謝エネルギー…370kcal以上/100g

腎臓に配慮した成分ではありますが、あつかいとしてはケアフードであって、療法食ではないようです。

特徴

総合栄養食[成猫期]
400g/1.2kg(200g×6袋)
原産国:日本

  • 腎臓の健康維持に配慮して活性炭(ヘルスカーボン®)を配合。
  • お腹の健康維持に配慮して高濃度の乳酸菌(EC-12株)とオリゴ糖を配合。
  • マグネシウム、ナトリウム含有量を調整。
    下部尿路の健康維持に配慮。
  • 健康維持による免疫の維持に配慮して高機能ビタミンCを配合。
  • 食物アレルギーに配慮して、小麦・大豆・とうもろこしを不使用。主原料にはポークとお米を使用しています。

給与方法

食事量は、愛猫の体重・年齢・運動量、季節などにより異なります。表を目安に、愛猫の状態に応じて加減してください。

新鮮な水は、いつでも飲めるようにしてください。

他のフードからの切り替えは、従来のフードに2 割くらいを混ぜて与え、徐々に増やしていけば自然に切り替えることができます。

高脂肪のため、低気温でフード表面の油脂が白く固まる事がありますが、使用には差し支えありません。

データを参考にしたページ

使用者目線のくわしい説明は「ゴロにゃん」さんのページが参考になりました。

私はほかのものといっしょにゴロにゃんさんで買いましたが、こちらはちょっぴりお高めかも。

さがせばもっと安いところもあるようです。

療法食をたべてくれなかったクロ

猫さんが療法食をあまりたべてくれず、こまっている方はおおいようですね。

うちも例にもれずそのパターン。 ^^;

ずっと食欲不振がつづいていたので、食べるならこのさいどんなフードでもいい!とあらゆるフードを毎日ためしています。

皮下輸液をはじめてすこしずつ食欲がもどってきたようで、これまでたべていた通常のカリカリなら、いくらか興味をしめしてくれるようになりました。

ただ療法食のカリカリはどれもお気にめさないらしく、だしてもたいがいのこされてしまいます。

デトレは……?

このデトレもダメもとでだしてみたのですが、お皿にだした時点で反応がちがいました。

ひさびさにがっついてたべてくれたのです!

こんな食べかた、1ヶ月ぶりくらいでしょうか。

お皿にだしたぶんを食べきり、まだたりないふうなのでさらに追加。

トータルで大人の手にかるくひとつかみくらいたべました。

元気なころにたべていた量とそん色のないたべっぷり。

粒がちいさくてたべやすいのと、猫的には味がこいめらしいのが気にいった要因かもしれません。

ためしにチョビとシロにもだしてみました。

やはり反応は良いようです。

通常ごはんにトッピングしてみたら、デトレの部分だけきれいにたべていました。

(ほかはのこした。)

ただし、療法食ではなかった

購入したときは療法食だとばかり思っていたので、このくいつきでクロが毎日たべてくれたらたすかるなーと思っていましたが、厳密には療法食ではないようですね。

それでも通常ごはんにくらべれば気になる成分もひかえめだし、くいつきのわるいフードにトッピングするなどして利用していこうかと思います。

ほんとうに食欲のないときはこれがある、と思えば気持ちがすこしらくです。

問題は、いつまでがっついてくれるかですが………。

猫ってあきっぽいですからね ( ;∀;)

追記

デトレのメーカーが出している、デトレの療法食版もありました!

微妙にちがうところもありますが、おもだった成分はなぜかデトレとほぼ同じです。

公式 ベッツセレクション 腎ケア


楽天 | Amazon | Yahoo!

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ