【シャンピニオンエキス美ちょう寿をお試し中】

あたらしいシャンピニオンエキス製剤を

ここ2週間くらい、クロにのませてみています。

前回のクロの検査結果がわるかったときにコメントで

「『美ちょう寿』+『ケイ素の恵み』がおすすめ」とおしえていただき、

とにかくまずは「美ちょう寿」からためしてみることにしました。

2017年6月 追記
当ブログでは現在、腎不全におけるケイ素の使用はおすすめしていません
(理由は、腎不全の人間が使用して数値が悪化したという口コミを見たためです。)
ケイ素の、腎臓に関する臨床データはまだほとんど確認できないそうです。ケイ素の経口摂取については各自でご判断のうえ、慎重にお願いいたします。
ちなみにうちではずっと美ちょう寿のみの使用できていますが、じゅうぶん効果は感じられました。おそらく、ケイ素製品については今後もつかうことはないような気がします。

パッケージ

美ちょう寿正面 美ちょう寿パッケージ

「美ちょう寿」は1箱90粒いり。

美ちょう寿箱裏側

成分などはこんなかんじ。

美ちょう寿箱側面A  美ちょう寿箱側面B
 
美ちょう寿 (びちょうじゅ)(1箱90粒入り)

【原材料名】シャンピニオンエキス(マッシュルーム抽出物)、乳糖、ポリデキストロース、フラクトオリゴ糖、香料、デキストリン、ショ糖脂肪酸エステル、精製セラック
【栄養成分(3粒当り)】エネルギー:3kcal、水分:-g、たんぱく質:0.01g、脂質:0.01g、糖質:-g、食物繊維:-g、炭水化物(糖質 + 食物繊維):0.77g、灰分:-g、カルシウム:-g、 リン:-mg、鉄:-mg、ナトリウム:2mg、カリウム:-mg、亜鉛:-mg、 食塩相当量:0g
【内容量】 27g (1粒あたり300mg)?※シャンピニオンエキス配合量 (1粒あたり150mg)

【保存方法】高温、多湿の場所は避けてください
【賞味期限】製造から3年
【原料原産地名】和歌山県
【販売会社】株式会社エムディエフ (MDF)

【服用量(※人間の場合)】一日3粒を目安にお召し上がりください
●本品は健康食品ですので、薬と併用されても特に問題はございませんが、主治医の先生にご相談ください
※腎臓病治療の場合は6粒/日~9粒/日(最初は3粒/日から)

◆1日三回に分け3粒~9粒を食前および食前に食してください。一緒に消化するイメージで食べられることをおすすめします
◆椎貝達夫先生の臨床試験結果にて使用した量は2g~4gの量を16例の患者様にお飲みいただいておりますが、この当時は粉末タイプのシャンピニオンエキスを使用しておりました。現在の粒上タイプの量に換算しますと6粒/日~9粒/日ということになりますが、最初は3粒/日からお試しくださいませ

※シャンピニオンエキス美ちょう寿の 臨床試験結果(※現在リンク切) は厳密な食事療法と薬療法を実施した上で、シャンピニ オンエキスを食し行われた結果です。また、シャンピニオンエキ スにはたんぱく質、カリウム、ナトリウムは微量ですので食された患者様の場合も、当然のことながら血中のリン・カリウム値は使用前後でほとんど変わりませんでした

■国内最高。『美ちょう寿』はシャンピニオンエキスの原料メーカー様が最高の濃縮率最高の含有量でお作りしている健康食品です。他のシャンピニオンエキス商品をご購入される場合は含有量(150倍濃縮であるか?)を良くご確認ください
■臨床試験を実施した商品。腎臓病治療の世界で大変有名な椎貝 達夫先生が臨床試験を行ったシャンピニオンエキスは『美ちょう寿』のみです
■150倍濃縮された商品です。「美ちょう寿」は1粒中に150倍濃縮シャンピニオンエキス(BX-150FPD)300mgが含まれています。安いシャンピニオンエキス商品がありましたら、濃縮率と含有量を是非お確かめ下さい。50倍濃縮、100濃縮とありますので、仮に50倍濃縮食品でしたら3倍の量を飲む必要があります。さらに含有量が低ければ一体何粒飲まなくては臨床試験の量に届かないのか?という商品を大変多く見ます

引用 株式会社エムディエフ(MDF)腎臓病腎不全の特殊食品の店ネフロン

「美ちょう寿」には、1粒中にシャンピニオンエキス(BX-150FPD)が高配合されているそうなのですが、販売元のMDFやネフロンで表示している数値が1粒中に 300mg とも 150mg とも読めるため、ただしい量はちょっとよくわかりません ^^;

シャンピニオンエキスの原料メーカーが最高の濃縮率(150倍)、最高の含有量でつくっているシャンピニオンエキス製剤

ということは……

含有量が多い = 一度に飲む量が少なくて済む = クロの負担が減らせる

もしこれで調子がよさそうなら

シャンピニオン系はこちらにのりかえも考えてます。

なかみの詳細

美ちょう寿中身

90粒は、人間だと2週間~1ヶ月ていどの分量

人間(の腎不全)では一日6~9粒を推奨されているので、

体重50kgでおおめの9粒に仮定。

4.5kgのクロならだいたい1/10量と考えて、一日1粒でためしてみました

(1/2ずつ朝晩にわけてのませています。)

シャンピニオンエキスといえば

以前ためしてみた「シャンペットプロ」は

そこそこおおきいものを一日6錠ものませる必要がありました。
http://blog.kcat.work/%e3%80%90%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%97%e3%83%ad%e3%81%af%e7%b2%92%e3%81%8c%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%99%e3%81%8e%e3%81%9f%e3%80%91/

それにくらべればこちらのほうが

のませる手間もクロの負担もグンとすくなくできます。

美ちょう寿大きさ比較

美ちょう寿1粒、ボリューム的にキャベジンなみ

いまクロに飲ませているシャンピニオン成分は

ペット酵素」にふくまれている分のみなのですが、

こちらは酵素がメインのせいか

シャンピニオン成分の含有量は表示されていません。

シャンピニオンの効果はあくまでもおまけととらえ、

あまり期待しないほうがよさそうです。

ペット酵素は2017年現在、メーカー廃盤のようです。バージョンアップ版として「フェルミック」が出ています。(こちらは無料サンプルもあり)

入手先

大手ネットショッピングモールではたいていあつかっているようです。

楽天 | Amazon |  Yahoo! | ネフロン

最安値ショップはどこ?

美ちょう寿の購入先としておしえていただいたお店(ビペットさん)も

わりと良心的なかんじでしたし、当初はそちらで購入しようとおもってました。

ただそれなりのお値段がするものなので、

もうすこしやすいお店がないものかとさがしてみました。

みたところでは、人間の腎臓病向けネットショップ 「ネフロン」さんが

おそらく最安値。

楽天やAmazonでは6,000円以上、ビペットでも5,000円以上するところ、

ネフロンなら5,000円未満のようです。

しかも初回おためしであれば約3,000円(送料込)で購入可能というのは

ありがたかったです。

日曜にクロの血液検査を予定しているので、

そこででた数値を見てから、

あらためてクロにあっているかどうかの判断をしたいと思います。

前回の追記と訂正

前回記事の7月分費用から

今回ご紹介した美ちょう寿の購入代金がすっぽりぬけていました。
http://blog.kcat.work/%e3%80%902015%e5%b9%b47%e6%9c%88%e7%8c%ab%e8%b2%bb%e9%9b%86%e8%a8%88%ef%bd%9e%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%80%91/

ネットショップでの支払いは基本的にカードなのですが、

はじめての店舗は銀行振込にすることがあり、

今回初利用のネフロンさんが銀行振込だったことをわすれていました。

美ちょう寿購入記録

(画像はマネーフォワード操作画面)

こちらが訂正後の、正しい一覧表になります

(後ほど本記事のほうも訂正しておきます)

?品 名 価 格 分 類 対 象
アルモネイチャーツナ&サーモンムース 194 ウェット
アルモネイチャー ツナ&チキン ムース 194 ウェット
アルモネイチャー ツナ&タラ ムース 194 ウェット
アルモネイチャー ターキー ムース 194 ウェット
アルモネイチャー チキン ムース 194 ウェット
アースリーフ デンタルジェル 50g 1,728 グッズ クロ
360°ハブラシ シグワン 猫用 756 グッズ クロ
水に流せる紙製の猫砂13.5L @698×7 4,886
ペット酵素 顆粒60g 2,160 サプリ クロ
(追加)美ちょう寿 お試し90粒 3,080 サプリ クロ
猫とさいごの日まで幸せに暮らす本 1,404 ?本

フード : 970円
グッズ : 2,484円
猫砂 : 4,886円
サプリメント : 2,160円 +?3,080円 (追加分)=5,240円
本 : 1,404円
———————–
合計 : 11,904円 → 14,984円

修正後の金額は、猫医療費17,966円、それ以外の猫費14,984円

総額で32,950 円となります。

いろいろ考えてみて……

ふところはきびしいけれど、

やっぱりクロのサプリメント代はへらしたくないなーとおもいました。

じつは今後水素水にも再チャレンジをかんがえているので、

猫費はふえこそすれ、へることはないかもしれないですね ( ;∀;)

最後までお読みいただきありがとうございました。
ブログランキングに参加中です。応援いただけると励みになります

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ